【若葉ステークス2019予想】追い切り・調教分析~ヴェロックスvsワールドプレミア~

Pocket

今回は若葉ステークス2019予想:追い切り・調教分析~ヴェロックスvsワールドプレミア~を中心とした記事を書いていきます。

今週は3歳限定重賞が3戦ありますが、オープン特別ながらこの若葉ステークスも大注目の一戦。

なぜなら、大器ヴェロックスと良血ワールドプレミアがぶつかり合うから。

ワールドプレミアは図らずも兄ワールドエースと同様のローテションを歩むことになりました。

いずれも、同じく皐月賞トライアル弥生賞やスプリングステークスに回ってもおかしくなかった逸材。

どちらがここをステップに皐月賞へ駒を進めることになるのか大注目ですね。

それでは、若葉ステークス2019予想:追い切り・調教分析~ヴェロックスvsワールドプレミア~に入っていきましょう。

<第68回 スプリングステークス>

昨年もスプリングSの2着馬・エポカドーロが皐月賞を制したように、本番へ向けた重要なトライアル。

3着までに優先出走権が与えられるトライアルということもあり、

「何としても権利を取りたい」
「本番じゃ勝ち負けにならないからココが勝負」

などなど、各陣営には様々な思惑が存在する。

賞金を持っている”叩き台”の陣営とは、まるで勝負度合いが違う。

しかし、公正競馬を謳う以上、レースに出走するからには「ココは叩き台で次が勝負」「結果には拘っていない」という本音を、公に伝えるわけにはいかない。

このスプリングステークスでは、既にマスコミが報じることのない各陣営の思惑を入手。
高配当馬券の使者となり得る【激走穴馬】の存在も既にマーク済み。

本来であればこういった情報を無料で公開することは容易ではないのですが、

今回は特別に【スプリングS・3連単勝負馬券】を、無料公開することが決定しました。

馬券を買う前に、是非ともこの情報をご参考にしてみてください。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

【若葉ステークス2019予想】追い切り・調教分析~ヴェロックスvsワールドプレミア~

 

まずは確定した枠順配置を確認しておきましょう。

若葉ステークス 枠順配置

 1- 1 ジャスパージャック 松若風馬
 2- 2 モズベッロ     和田竜二
 3- 3 オオエフォーチュン 山田雄大
 4- 4 ワールドプレミア  武豊
 5- 5 ミッキーブラック  松山弘平
 6- 6 シフルマン     幸英明
 7- 7 ブラックバッジ   シュタルケ
 7- 8 ヴェロックス    川田将雅
 8- 9 アンクルテイオウ  四位洋文
 8-10 ハバナウインド   鮫島克駿

阪神芝2000m

正面スタンド前の4コーナー寄りからスタートし、内回りコースが使用されます。

スタート後すぐに直線の上り坂を迎えるので前半のペースは落ち着きやすく、ほぼスローペースになる事が濃厚のコースとなっています。

スローペース+最後の直線が約357mと短いので、基本的には先行馬が有利なコースです。

それでもゴール前の坂を2回上るタフなコースということもあるので、開催後半になって馬場が荒れだすと差しも届くコースへと変貌します。

この辺りは馬場状態とメンバー構成を見極めてそれに見合った馬をチョイスするのが良いでしょう。

 

各追い切り場の馬場状態

続いて、各追い切り場の馬場状態(3/13・14)を考察していきます。

時計が出やすい〝A>B>C〟時計がでにくい

3段階評価でまとめていきます。

《栗東CW 良~稍馬場》【A】

当週1番時計 アルドーレ(古馬オープン)
古川吉 栗CW 稍 76.5 62.1 49.5 38.1 13.1【6】追って一杯

週中雨が降る日も増えてきましたが、馬場が重くなることはなく、時計の出る馬場になっています。

先週と比べるても一気に時計が出る馬場になっている印象を受けますね。

当週6F80秒を切った馬は計22頭と多く、やはり走りやすい馬場ということでしょう。

 

《栗東坂路 良~稍馬場》【B】

当週1番時計 ジュエアトゥー(古馬1000万)
助手 栗坂 稍 49.3 36.8 25.2 13.5 一杯

時計の出方としては水準通りで、先週までと大きな変わりなくという印象です。

全体時計よりも、注目するべきは各ハロンごとのラップ。

テンに速いラップであれば3F~4Fでどこまで持続できているか。

ゆったり入るのであれば3F目~4F目にどのような加速ラップを踏めているか。

 

《美浦南W 良馬場》【B】

当週1番時計 ライトカラカゼ(古馬500万)
吉田豊 美南W 良 78.8 64.1 50.5 36.8 12.9【3】直強め

時計の出方としては先週と変わらず、美浦ウッドらしいタフな馬場という印象です。

基準としては、5F66秒台・67秒台~1F12秒台でまとめてくるようなら優秀、ラスト1F13秒前半ならベターというイメージ。

テンから負荷を掛けつつであれば、ラスト1Fどこまで粘れているかにも注目。

 

《美浦坂路 良馬場》【C】

当週1番時計 プロディガルサン(古馬オープン)
助手 美坂 良 50.9 37.4 25.2 13.1 強め

かなり力の要す馬場になっている印象で、時計としては出にくくなっており、加えてラスト1Fは時計を要す馬が多くなっています。

先週の雨によって重くなった馬場が、良馬場表記でもそのまま継続という形になっています。

全体52秒台~1F12秒台でまとめている馬が、わずかに7頭しかいないことがそれを物語っています。

この中で、しかっりとしたラップを刻めている馬がいれば好評としてOKというイメージですね。


追い切り・調教から見る好走傾向

過去5年の好走馬の最終追い切りを見ていきます。

2018年
1着 アイトーン
栗坂 52.7-38.4-25.0-12.5 一杯
2着 ダブルシャープ
栗CW 84.4-68.0-52.5-38.8-12.0【8】直強め
3着 ロードアクシス
栗CW 87.7-50.2-54.7-40.0-11.9【8】一杯
2017年
1着 アダムバローズ
栗CW 84.0-66.8-50.6-37.0-11.8【9】馬なり
2着 エクレアスパークル
栗芝 79.5-62.6-47.9-34.8-11.6【2】一杯
3着 インヴィクタ
栗坂 53.5-38.5-25.6-13.0 一杯
2016年
1着 アドマイヤダイオウ
栗CW 97.5-80.6-65.2-51.5-38.1-12.2【6】馬なり
2着 ナムラシングン
栗坂 53.7-38.9-24.9-12.1 一杯
3着 ゼンノタヂカラオ
栗芝 70.4-54.1-38.9-11.8【2】馬なり
2015年
1着 レッドソロモン
栗坂 53.3-38.1-24.7-12.5 一杯
2着 ワンダーアツレッタ
栗坂 55.1-39.8-25.6-13.0 一杯
3着 アダムスブリッジ
栗坂 54.5-39.2-25.2-12.5 強め
2014年
1着 アドマイヤデウス
栗坂 53.3-38.9-25.2-12.5 末強め
2着 ウインフルブルーム
栗坂 53.9-39.1-24.7-12.3 馬なり
3着 サウンズオブアース
栗CW 82.9-66.6-51.8-38.3-12.2【6】一杯

このような結果になっています。

関西圏のレースという事で、美浦所属組の出走頭数自体少なくここはほぼ無視できるレベルですね。

過去5年totalで見ると、

栗東ウッド仕上げ:18頭中5頭好走。

栗東坂路仕上げ:29頭中8頭好走。

美浦ウッド・坂路仕上げ:3頭中0頭好走。

その他仕上げ:2頭中2好走。

まず注目の芝追いが2頭中2頭好走していますが、これはイレギュラーという考えでOK。

2頭ともに中内田厩舎で、仕上げに芝追いを選択することも少なくない厩舎です。

ウッド仕上げ・坂路仕上げの好走率としてはほぼ同じなので、どちらでも気にする必要はないかなというイメージ。

それよりも負荷に注目。

前哨戦でも権利取りに向けてというところで、各馬しっかり負荷を掛けてきています。

外厩施設の発達で厩舎で負荷を掛けることも少なくなってきていますが、ここは権利取りに向けてしっかり負荷を掛けてくるのが良い傾向が出ています。

【好走傾向まとめ】

仕上げはウッド・坂路どちらでもOK。

ウッド仕上げ:終いの脚に注目で、ラスト1F11秒を記録するようなキレを見せてほしいところ。

坂路仕上げ:3F目~4F目での持続ラップ以上の加速ラップは踏んでほしいところ。

ビッシリ負荷を掛けている馬の方がプラス材料。

今回負荷を強め以上に掛けているのは、ヴェロックス・シフルマン・ミッキーブラック・ワールドプレミアの4頭となっています。

過去5年では、

中内田厩舎2戦2好走。(ヴェロックス)

友道厩舎2戦2好走。(ワールドプレミア)

この点からもこの2頭は有力ですね。

 

最終追い切り・調教分析

それでは、有力各馬の最終追い切り・調教を考察していきます。

ヴェロックス

《1週前追い切り》
助手 栗CW 良 82.6 66.5 51.1 38.6 12.0【7】直強め

《最終追い切り》
助手 栗CW 良 85.9 68.3 52.4 38.5 11.5【8】G前仕掛け

追い切りパターン

ここまではウッドと坂路の併用で、本追い切りではウッド中心に乗り込まれています。

併せ馬でしっかり本数をこなすというのもこの馬の追い切りパターンになっています。

ここまでの4戦全て〝1週前ウッド追い⇒最終坂路追い〟。

中でも終い1Fは全て11秒台を記録する素晴らしい瞬発力を見せつけています。

〝6F82秒台~4F51秒台~1F11秒台〟という水準の追い切りを消化しています。

追い切り内容としては高水準の追い切りを続けているので、この追い切りをキープ出来ているかが注目ポイントですね。

追い切り考察

水準としてはこれまで通りの内容を消化出来ており、一応の走れる態勢は整ったか、という感じ。

しかし、この中間併せ馬を行ったのは2週前追い切りでの1本のみ。

これはここまでの追い切りに比べると明らかに少ない本数となっています。

乗り込み量としては10本と十分な量をこなしていますが、質に不安が残りますね。

それもこれも前哨戦だから、ということに尽きる印象です。

賞金は持っているのでここを勝つ必要はないというところでは、7分仕上げ濃厚という印象ですね。

 

ワールドプレミア

《1週前追い切り》
助手 栗坂 良 53.8 38.9 25.1 12.6 叩き一杯
ヴィブロス(古馬オープン)0.7秒先行0.2秒遅れ

《最終追い切り》
助手 栗坂 稍 52.6 39.0 25.6 12.7 強め

追い切りパターン

ここまではウッドと坂路の併用で、本追い切りでは坂路中心に乗り込まれています。

初戦&2戦目は〝1週前坂路一杯追い⇒最終坂路馬なり仕上げ〟。

3走目の前走は〝1週前ウッド一杯追い⇒最終坂路馬なり仕上げ〟。

友道厩舎ということを踏まえると、この3戦目の〝1週前ウッド一杯追い⇒最終坂路馬なり仕上げ〟が勝負パターンと考えていいでしょう。

併せ馬では遅れる事もありますが、1週前~最終追い切りにかけては同入以上が必要というイメージですね。

追い切り考察

今走は初戦&2戦目の〝1週前坂路追い⇒最終坂路仕上げ〟を施されました。

そして負荷が〝1週前叩き一杯⇒最終強め仕上げ〟という内容。

ベストは〝1週前一杯⇒最終馬なり仕上げ〟ですが、ここに懸ける意気込みは今走の方が感じる内容ですね。

1週前に併せ馬で遅れていますが、ヴィブロス相手では致し方なし。

ここで権利取り必須という事を踏まえても、仕上がり度としては相当高めに持ってきたという印象を受けます。


若葉ステークス2019 穴注目馬

それでは最後に、追い切り注目の穴候補馬をランキングに載せておきます。

この馬⇒ 人気ブログランキングへ

穴1(シフルマン)

《1週前追い切り》
助手 栗CW 良 82.7 68.2 53.6 40.2 12.9【8】強め

《最終追い切り》
幸 栗CW 稍 81.1 65.3 50.5 37.3 11.9【8】一杯
アヴァンド(古馬500万)0.9秒追走0.1秒遅れ

追い切りパターン

初戦を除く、以降3戦は〝1週前ウッド6F追い⇒最終ウッド6F追い仕上げ〟という内容になっています。

ウッドでの水準は上々で、〝6F81秒台~4F52秒台~1F12秒前半〟というのがこの馬の追い切り水準となっています。

追い切り考察

今走もこれまでと変わらず、〝1週前ウッド6F追い⇒最終ウッド6F追い仕上げ〟。

併せ馬で遅れたことはマイナス材料も、しっかり負荷を掛けてきたことは追い切り傾向からはプラスポイント。

時計の水準も素晴らしいと言えるもので、15.8-14.8-13.2-25.4-11.9というキレイな加速ラップを踏んでいます。

追い切りの水準としては過去最高レベルと言えるもので、デキの良さを活かして食い込む余地は十分。

 

穴2(ジャスパージャック)

《1週前追い切り》
助手 栗坂 重 50.5 37.0 24.4 12.4 一杯
セントウル(3歳500万)0.6秒追走0.2秒先着

《最終追い切り》
助手 栗坂 稍 50.6 37.6 24.4 12.2 馬なり

追い切りパターン

森秀行厩舎らしく坂路で本数を乗り込まれて馬を作ってきます。

しっかり追えば時計が出るのは森秀行厩舎所属の馬の特徴となっています。

坂路で本数をこなしていくうちに足腰が強くなるんでしょう。

この馬もまさにそのような形で坂路でしっかり時計を出せる馬です。

追い切り考察

帰厩後坂路でじっくり乗り込まれており、total10本の追い切りを消化しています。

その内、併せ馬も5本と質も十分。

追えば時計が出る馬ということで、額面通り受け取ることは良くないと分かりつつも、3歳初期でこの時計を連発できるのは素直に素晴らしいと言えるものです。

最終追い切りのラップは、13.0-13.2-12.2-12.2となっており、これだけ速いラップで入って3F~4F目の持続ラップは秀逸。

これだけ速いラップを刻めるとなると短距離志向が強くなっている気もしますが、この時期ならこの脚力を持っているだけで期待十分。



【今話題沸騰中のサイト!『競馬報道』がアツイ】

担当の馬券師が昼夜問わず
駆けずり回った情報を公開!
だからこそ得られる万馬券の数々!

『血統』や『調教』、『騎手』にスポットライトを当て
充実したコンテンツ、競馬初心者に優しいサービス。

先日も3連単12点という小点数で高額回収!

更に帯封回収も実際に的中しているわけですからさすがです。

まだ立ち上がってから間もないサイトであるにも関わらず、
飛ぶ鳥を落とす勢いで的中を連発しています!

これなら当然、今週の重賞にも注目が集まるわけですが、

なんと!今なら無料登録で!厳選買い目も無料公開!

今週も期待が高まるばかりで、
どうやら厳選情報を手に入れているようですよ!

是非この機会にご活用ください。

>>無料情報はこちら<<







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。