【菊花賞2019予想】追い切り・調教分析〜好走パターンから導く穴馬〜

Pocket

今回は菊花賞2019予想:追い切り・調教分析〜好走パターンから導く穴馬〜を中心とした記事を書いていきます。

皐月賞は「最も速い馬が勝つ」、日本ダービーは「最も運のある馬が勝つ」と呼ばれるのに対し、

この菊花賞はスピードとスタミナを兼ね備え、2度の坂越えと3000mの長丁場を克服することが求められることから「最も強い馬が勝つ」と称されています。

事実、過去の勝ち馬には後に古馬GⅠを制するそうそうたるメンバーが並んでいます。

今年は皐月賞馬・ダービー馬が不在で行われる一戦で、重賞勝ち馬が3頭しかおらず、人気に推されるのは重賞未勝利のヴェロックス・ワールドプレミアとなりそうです。

例年とは異なる印象の菊花賞を追い切り・調教観点から検討していきます。

【菊花賞2019予想】追い切り・調教分析

 

菊花賞 枠順配置

 1- 1ザダル       牡3 石橋脩
 1- 2ニシノデイジー   牡3 ルメール
 2- 3カリボール     牡3 藤井勘一郎
 2- 4ユニコーンライオン 牡3 岩田康誠
 3- 5ワールドプレミア  牡3 武豊
 3- 6ディバインフォース 牡3 横山典弘
 4- 7ヒシゲッコウ    牡3 スミヨン
 4- 8メロディーレーン  牝3 坂井瑠星
 5- 9ヴァンケドミンゴ  牡3 藤岡佑介
 5-10カウディーリョ   牡3 デムーロ
 6-11シフルマン     牡3 松山弘平
 6-12レッドジェニアル  牡3 酒井学
 7-13ヴェロックス    牡3 川田将雅
 7-14サトノルークス   牡3 福永祐一
 7-15ホウオウサーベル  牡3 蛯名正義
 8-16ナイママ      牡3 柴田大知
 8-17タガノディアマンテ 牡3 田辺裕信
 81-8メイショウテンゲン 牡3 池添謙一

京都芝3000m

この菊花賞と万葉ステークスのみで使用されるコースです。

向こう正面の上り坂から途中からスタートし、外回りを1周半するコースです。

最初のコーナーまでが約208mと短いので内枠で脚を溜められる馬が有利にはなります。

外枠の馬は外々を回されると距離ロスが大きくなるので、いかに早くうまく内に潜り込めるか、というコース。

ですので騎手の腕も重要なコースです。

長丁場のレースになるので、先行争いが激しくなる事はなく、ほとんどがスローペースになります。

このレースの勝負所は2周目の向正面。

向正面から上り、3コーナー途中で一気に下るコース形態の為、ここでペースが上がります。

この下り坂で勢いを付けて直線に入るので、外に振られて馬群がバラけやすくなり、内に潜り込んでロスなく脚を溜められた馬が有利になります。

基本的には先行馬が有利、差し馬はインで溜めてイン差しできるキレのある馬を狙いたいコースです。

3000mを逃げ切るのは容易ではないので、先行馬・捲り差しタイプが良い成績となっています。

 

過去5年の好走馬の追い切り・調教から見る好走傾向まとめです。

〝栗東CW仕上げ〟は出走頭数が圧倒的に多くなっています。

1週前追い切りor最終追い切りで『一杯』に負荷を掛けられている馬に注目。

〝栗東坂路仕上げ〟はこのレースの特注パターンになっており、押さえておいて損のない仕上げパターンとなっています。

〝美南W仕上げ〟は基本的には重視できない仕上げパターンとなっています。

 

それでは本題、有力各馬の最終追い切り・調教を考察していきます。

【ニシノデイジー】

《1週前追い切り》
助手 美南W 良 67.6 53.5 39.4 12.3【5】一杯
マイネルサーパス(古馬オープン)0.9秒追走同入

《最終追い切り》
ルメール 美南W 良 66.1 51.2 38.0 12.6【6】馬なり
マイネルクラース(古馬オープン)1.0秒追走0.6秒先着

追い切り考察

今走は〝1週前美南W追い⇒最終美南W仕上げ〟という追い切りパターンを踏んできました。

いつも通りの追い切りパターンを消化しました。

近代競馬としては珍しい非ノーザン・非社台馬になるので厩舎仕上げがメイン。

前走後、9/29から乗り出しを開始し、最終追い切りまで5本の追い切りを消化しました。

本数としてはいつもと変わらずというイメージ。

そんな中、好走を続けていた2歳時と3歳になって追い切りで大きく変わった点があります。

それは併せ馬の本数。

好走を続けていた2歳時は中間2本以上の追い切りをこなすことが多くありました。

特に東京スポーツ杯2歳ステークスでは7本の併せ馬を消化していました。

しかし、3歳になってからは中間併せ馬の本数は1本or0本となっています。

これが凡走の要因になっているのでは!?と考えます。

非ノーザン・非社台馬というところでは外厩設備があまり整っていません。

そこで、厩舎でも併せ馬ナシの負荷を掛けないとなると、馬の成長力に欠けるのは明白。

そんな中、今走は2歳時以来の併せ馬2本の追い切りを消化してきました。

これらを踏まえると、復活するならここか、という追い切り内容ではあります。

 

【ワールドプレミア】

《1週前追い切り》
武豊 栗CW 良 82.2 66.7 52.5 39.0 12.4【5】一杯

《最終追い切り》
助手 栗坂 良 54.4 39.7 26.0 12.7 強め

追い切り考察

今走は〝1週前栗東CW追い⇒最終栗東坂路仕上げ〟という追い切りパターンを踏んできました。

間隔が詰まる分併せ馬はナシ。

不安を挙げるならここになるかもしれません。

しかし1週前追い切りでは『一杯』に負荷を掛けられており、間隔が詰まる分の疲れというのはないと考えて良さそうです。

最終追い切りでは好走傾向に合致する坂路仕上げで、しっかりと終いを伸ばして加速ラップを踏んできました。

前走の最終追い切りは馬なり4F52.7秒で、今走は強め4F54.4秒という点で多少のマイナス面はあるものの、ここに向けては仕上がりは悪くないと判断出来ます。

 

【ヒシゲッコウ】

《1週前追い切り》
助手 美南W 良 68.3 53.7 38.6 12.3【6】一杯
キャンベルジュニア(古馬オープン)0.2秒追走0.6秒遅れ

《最終追い切り》
助手 美南W 良 66.9 51.7 37.7 12.6【5】一杯

追い切り考察

美南Wと美浦坂路の併用で調整される堀厩舎らしい追い切りパターンを踏まれています。

これまでの追い切りでは馬なり調整が中心でしたが、今回は1週前・最終追い切り共に一杯に負荷を掛けられています。

これまで外厩をメインで使って厩舎では馬なり調整というのがこの馬のパターンでしたが、今回は在厩調整。

負荷を掛けられたのはこの分かな、と想像できます。

しかし、これは追い切りパターンからはあまり良くないかなと。

好走傾向からもマイナスの美南W仕上げという点を考えても、追い切りからプラス評価は出来ない印象です。

 

【レッドジェニアル】

《1週前追い切り》
助手 栗坂 良 54.6 39.5 25.3 12.4 一杯
ギルマ(古馬2勝)0.3秒追走0.2秒先着

《最終追い切り》
助手 栗CW 良 88.8 71.3 55.3 40.5 12.2【7】馬なり
クリノオウジャ(古馬1勝)0.3秒追走同入

追い切り考察

今走は〝1週前栗東坂路追い⇒最終栗東CW仕上げ〟という追い切りパターンを踏んできました。

これはこの馬としては初めての追い切りパターンとなります。

前走は〝1週前栗東CW追い⇒最終栗東坂路仕上げ〟という追い切りパターンで、高橋義忠厩舎といえばこちらが勝負パターン。

追い切りパターンからはクエスチョンが付くものとなっています。

厩舎コメントからは「テンションが上がり過ぎないように」というコメントが出されています。

このコメントからはこの馬の特性を加味してものと考えられるので特にマイナスにする必要はないかもしれません。

それでも好走傾向からは栗東坂路仕上げが良かったという面もありますし、強気には狙いづらくなった印象を受けます。

 

【ヴェロックス】

《1週前追い切り》
助手 栗CW 良 81.7 66.3 51.4 37.9 11.8【7】直強め
ボンディマンシュ(古馬1勝)1.0秒追走同入

《最終追い切り》
助手 栗CW 良 85.2 68.4 52.7 38.0 11.5【9】G前仕掛け

追い切り考察

栗東CWと坂路の併用で調整される馬です。

今走も変わらず本追い切りでは栗東CWを使用し、中間に坂路を挟む追い切りパターンとなっています。

中内田厩舎という事で、勝負パターンには芝追いを使ってくる事もありますが、今回は栗東CWでフィニッシュ。

最終追い切りが栗東CWでのGⅠは日本ダービー時。

この時の追い切り内容は、

日本ダービー 3着

《1週前追い切り》
川田 栗CW 良 78.7 63.6 49.7 36.4 11.2【8】一杯
ジェシー(古馬3勝)0.4秒追走0.7秒先着

《最終追い切り》
助手 栗CW 良 82.9 67.2 52.3 38.4 11.4【9】強め

という追い切り内容。

2週続けて芝並みの超好時計を続けていました。

今回も当時ほどではないものの、終い重点でラスト1F11秒台を2週続けてきました。

1週前追い切りで併せ馬を行われている点も同様で、ここに向けての仕上がりは申し分ナシといえるでしょう。

やはり普通に予想を組み立てるなら軸はここになるでしょうか。

 

菊花賞2019 穴馬

それでは最後に狙いたい穴馬をランキングに載せておきます。

この馬⇒ 人気ブログランキングへ

《1週前追い切り》
助手 栗CW 良 81.8 67.1 52.6 39.8 12.6【7】馬なり

《最終追い切り》
松山 栗CW 良 84.8 68.3 52.9 38.6 11.5【4】強め

追い切り考察

今走は〝1週前栗東CW追い⇒最終栗東CW追い仕上げ〟という追い切りパターンを踏んできました。

これは初戦を除く、2戦目以降で行われているこの馬なりの調整パターンです。

栗東CWでの水準は上々で、毎度〝6F81秒台~4F52秒台~1F12秒前半〟という水準をクリアしてくる馬です。

そういう面でもこの馬なりの調整過程を踏めていると感じます。

そして、この馬が好走するようになった特注パターンがあり、それは1週前追い切りと最終追い切りの間に坂路での追い切りを1本挟む事。

この追い切りパターンに変えてからは【3-1-1-0】となっており、全3勝を挙げる好走パターンとなっています。

今回もこの追い切りパターン踏襲しており、追い切りから不安ナシ。

個人的には上位勢にも食い込みが期待できる馬と考えています。

 

最近勢いに乗る口コミで話題沸騰の注目の競馬サイトを紹介!

最近は競馬情報サイトが乱立しすぎて、

「どのサイトを参考にすればいいのかわからない!」
「本当に役立つ競馬予想サイトはどれ?」

という疑問を持たれる方が増えてきています。
確かに無料で使えたとしても予想が当たらなければ意味が無いですよね。
そんな皆様のために、今回は

「しっかりと儲かる情報を提供してくれる!」
「信頼して長く使える!」

おすすめ予想サイトをランキング形式でご紹介します!
いずれのサイトもメールアドレスの登録のみで、見る事が出来るサイトとなっています。
是非参考にしてみて下さい!

【docomo・Softbank・icloud】メールですと届かない可能性がありますので、【gmail・yahooメール】での登録をオススメします。

――――――――――――――――――――

【特別オススメ:競馬トップチーム】
オススメ度★★★★★

今なら、無料登録するだけで3万円分のポイントをゲットできるお得期間!

競馬トップチームはある一定のファクターに絞った予想スタイルではなく、
競馬の本質を知る全ての分野のスペシャリストが
それぞれで情報を持ち寄った提供を行う情報サイトです。

まずは、無料情報でお得にポイントをゲットしてみてください!
【URL】https://k-topteam.com/

――――――――――――――――――――

【第1位】うまとみらいと
オススメ度★★★★★

3つのコンテンツを集結させた競馬予想サイト。

■競走馬の実力が一瞬でわかる【うまコラボ】
■的中率90%の反則技【競馬の殿堂】
■穴馬一筋15年が魅せる穴馬【ヒットメイク】

データ派も、本命党も、穴党も、競馬ファンが予想に必要な情報が無料で受け取れます!

無料で有益な情報が多いこのサイトがオススメ度No.1。
【URL】https://miraito.collabo-n.com/

――――――――――――――――――――

【第2位】ギャロップジャパン
オススメ度★★★★★

このサイトの魅力は無料コンテンツが充実していることに尽きます。

開催レースから勝負の1鞍❝鉄板レース❞
開催レースから勝負の1鞍❝穴超注目馬❞

この2コンテンツは要注目!

重賞情報も随時更新されるので登録しておいて損はナシ!

<<重賞情報提供のみ先着順になります>>
【URL】http://gallopjapan.jp/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。