【追い切り・調教分析】新潟記念2020サマーシリーズチャンピオンを狙う本命馬

Pocket

今回は【追い切り・調教分析】新潟記念2020サマーシリーズチャンピオンを狙う本命馬を中心とした記事を書いていきます。

新潟最終週を彩るのはサマー2000シリーズ最終戦となる新潟記念。

サマー2000シリーズの優勝を目論む馬、秋以降を見据えての始動戦として参戦してくる馬など、例年バラエティ豊かなメンバー構成になります。

今年は3歳馬のワーケアが参戦。

日本ダービーは3人気8着と敗れる形になりましたが、無敗の2冠馬コントレイル・朝日杯FS馬サリオス・弥生賞馬サトノフラッグと好勝負した実力の持ち主。

ハンデも53kgと手ごろで1人気に推されそうです。

秋に向けて古馬撃破を目論む一戦ではありますが、古馬勢もみすみす勝利を譲るわけにはいかないでしょう。

迎え撃つのはブラヴァス・カデナ・ピースワンパラディなど。

各馬の仕上がり具合を追い切り・調教から検討していきます。

【追い切り・調教分析】新潟記念2020サマーシリーズチャンピオンを狙う本命馬

 

まずは確定した枠順配置を確認しておきましょう。

新潟記念 枠順配置

 1- 1インビジブルレイズ 牡6 北村宏司
 1- 2アイスバブル    牡5 戸崎圭太
 2- 3ピースワンパラディ 牡4 池添謙一
 2- 4サトノダムゼル   牝4 岩田康誠
 3- 5ジナンボー     牡5 デムーロ
 3- 6メートルダール   牡7 丸山元気
 4- 7アールスター    牡5 長岡禎仁)
 4- 8サトノガーネット  牝5 坂井瑠星
 5- 9アイスストーム   牡5 柴田大知
 5-10ウインガナドル   牡6 三浦皇成
 6-11ワーケア      牡3 ルメール
 6-12プレシャスブルー  牡6 石橋脩
 7-13ゴールドギア    牡5 田辺裕信
 7-14カデナ       牡6 鮫島克駿
 7-15リープフラウミルヒ 牝5 津村明秀
 8-16サンレイポケット  牡5 荻野極
 8-17ブラヴァス     牡4 福永祐一
 8-18サトノクロニクル  牡6 藤井勘一郎

新潟記念芝2000m

2コーナー奥のポケット地点からスタートして、最初のコーナーまでの直線が約948mあります。

このことから枠順による有利不利はないと考えていいでしょう。

外回りコースが使用され、最後の直線は起伏もなくほぼ平坦で、日本で最も長い約658mを有するコースとなっています。

最初のコーナーまでの距離が長いのでペースが上がることはほぼなく、スローペースになる事がほとんど。

最後の直線の末脚勝負になるので、ラスト3Fの瞬発力とその脚を持続させるスピードが最重要になるコースです。

直線が600m以上続くので、差し・追い込みも十分届くコースとなっています

 

過去5年の好走馬の追い切り・調教から見る好走傾向まとめです。

【栗東CW仕上げ】は1週前追い切りor最終追い切りで6F以上の長めを追われている馬に注目。

【栗東坂路仕上げ】は人気で凡走、人気薄で好走というのが傾向として多くなっています。

近年はこの仕上げパターンから人気薄が突っ込んでくることで高配当が演出されています。

【美南W仕上げ】・【美浦坂路仕上げ】から注目すべきは『外厩先がノーザンF天栄』かどうか。

このパターンであると買いという評価で良い傾向になっています。

【その他仕上げ】からは特筆すべき点はなく、基本的にはマイナスの仕上げパターンとなっています。

 

それでは、有力各馬の最終追い切り・調教を考察していきます。

【カデナ】

《1週前追い切り》
助手 栗坂 良 53.4 37.6 24.5 12.5 一杯

《最終追い切り》
助手 栗坂 良 53.5 37.9 24.7 12.5 一杯

追い切り考察

いつも通りの栗東坂路中心の追い切りを消化しています。

その中で、最終追い切りまでビッシリ負荷を掛けてくるのがこの馬の特徴。

今回も最終追い切りまでビッシリ負荷を掛けられています。

追い切りの水準としてはいつもと変わらずという印象。

追い切りからは良くも悪くもこの馬なりというところです。

 

【サトノガーネット】

《1週前追い切り》
助手 栗CW 良 50.7 38.2 13.3【7】馬なり
メートルエロー(3歳未勝利)0.4秒追走同入

《最終追い切り》
助手 栗坂 良 56.2 40.0 25.7 12.5 馬なり

追い切り考察

矢作厩舎所属馬という事もあり、栗東坂路中心の追い切りで調整されるのがこの馬のパターンです。

今回は1週前に栗東CWを挟むパターンを使ってきました。

近年は矢作厩舎も中間坂路のみではなく、このパターンを多用してくるようになっています。

この馬としても過去に3度このパターンを使われています。

前走はこの追い切りパターンでの好走となりました。

間隔が詰まる中でも1週前追い切りで栗東CWを使えるという事は体調も良いという証拠でしょう。

前走に比べると負荷の面で弱いのは間隔が詰まる分なので気にする必要はなし。

過去、中日新聞杯1着・小倉記念2着の追い切りを振り返ると、最終追い切りで4F目が最速になる加速ラップを踏まれていました。

好走には必須のパターンもクリアしており、前走からデキ落ちはないように見えます。

 

【ジナンボー】

《1週前追い切り》
助手 美南W 良 65.7 51.2 37.2 12.0【6】G前仕掛け
マルボルク(3歳未勝利)0.8秒追走0.4秒先着

《最終追い切り》
田辺 美南W 稍 54.5 39.6 13.2【7】馬なり

追い切り考察

美南Wと坂路の併用で本追い切りは美南Wという追い切りパターンを踏まれています。

外厩にはノーザンFしがらきを使っているので基本的には厩舎では併せ馬での負荷が中心となっています。

しかし、この馬が好走するのは1週前or最終追い切りで「強め・一杯」に負荷を掛けられた時になります。

馬なり中心では成績は劣ります。

今回は馬なり中心の追い切りパターンとなっており、追い切りからは信頼度が低そうな一頭です。

 

【ピースワンパラディ】

《1週前追い切り》
池添 美南W 良 81.6 65.3 51.3 37.8 12.7【7】一杯
ソルレオーネ(3歳未勝利)1.6秒追走0.4秒先着

《最終追い切り》
助手 美南W 稍 69.8 53.6 39.1 12.9【7】馬なり
ソルレオーネ(3歳未勝利)0.4秒追走同入

追い切り考察

今回は〝1週前美南W6F追い⇒最終美南W5F仕上げ〟という追い切りパターンを踏んできました。

大竹厩舎というところでは〝1週前美南W6F追い⇒最終美南W4F仕上げ〟がベストパターン。

ではありますが、この馬関してはここまで5F仕上げパターンで結果を残してきています。

成長過程にあるので長めに追われる事が成長に繋がっている可能性もあり、ゆくゆくは4F仕上げがベストパターンになる可能性も残していますね。

中間は馬なり中心でも併せ馬で負荷は掛けられているので、追い切りからは順調という評価です。

 

【ワーケア】

《1週前追い切り》
嶋田 美南W 良 69.1 53.7 39.9 12.3【7】一杯
ライバーバード(古馬2勝)0.4秒追走0.2秒遅れ

《最終追い切り》
嶋田 美南W 稍 69.3 53.8 39.4 12.8【7】直一杯
ライバーバード(古馬2勝)0.4秒追走同入

追い切り考察

これまでと同じく、美南Wと坂路の併用で調整されています。

外厩はノーザンF天栄で、手塚厩舎所属馬。

追い切りは終い重点で負荷は併せ馬が中心という内容がこれまでとなっています。

これまでの追い切りで最も時計を出してきたのはGⅠホープフルステークス・GⅠ日本ダービー。

この2戦がこの馬としての勝負仕上げであったと考えられます。

日本ダービー時の追い切りを振り返ると、

《1週前追い切り》
嶋田 美南W 重 66.8 51.8 38.2 11.8【7】末一杯
フィリアーノ(古馬1勝)0.6秒追走同入

《最終追い切り》
嶋田 美南W 稍 66.6 51.5 38.4 12.2【8】末一杯
ニシノコトダマ(古馬2勝)0.4秒追走0.1秒先着

となっており、これに見劣るのは一目瞭然。

さらに振り返って、弥生賞2着時と比べても追い切りの水準としては低くなっています。

ここに向けて仕上げているという雰囲気ではなく、力試し+叩き台という雰囲気は拭えません。

新潟記念2020 狙いたい本命馬

それでは最後に追い切りから狙える本命馬をランキングに載せておきます。

この馬⇒ 人気ブログランキングへ

《1週前追い切り》
藤岡康 栗CW 良 82.4 66.8 52.7 38.8 12.5【5】一杯
アドマイヤビルゴ(古馬3勝)0.7秒追走アタマ先着

《最終追い切り》
助手 栗P 良 82.1 52.4 38.9 12.5【8】馬なり

追い切り考察

今走は〝1週前栗東CW追い⇒最終栗東P仕上げ〟という追い切りパターンを踏まれました。

友道厩舎としては非常に珍しいパターンの追い切りとなっています。

前走ではプール調整を挟んでいたり、以前は芝追いを使われていたりと追い切りに一貫性はありません。

この理由がイマイチ図りかねるので評価が難しいところです。

基本的にはポリトラック仕上げという追い切りパターンは評価できませんが、この形で結果を出してきているので大きなマイナスではないと考えます。

1週前追い切りでは栗東CWでしっかり負荷を掛けられて、前を行く僚馬を差し切るという内容の追い切り。

走る気も十分で、サマー2000シリーズ取りに向けてここを目標に仕上げられていると考えていいでしょう。

 

※おすすめ新サイトの紹介※

メールアドレスの登録のみで、無料情報を閲覧できます。

【gmail・yahooメール】での登録をオススメします。

【ゴールデン☆スターズ】

土日はもちろん、平日も厳選情報無料公開中!

このサイトの特徴は他のサイトには真似できない「3大特典」

1.的中補償情報付き
2.返金保証
3.無料登録で10000円分のポイントをプレゼント!

無料登録でもらえるポイントで有料情報を閲覧できるのでお気軽に始められます。

詳しくは下記URL内をチェック!!
【URL】https://g-stars.net/







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。