【金鯱賞2019予想】最終追い切り・調教に向けて押さえておきたいポイント

Pocket

今回は金鯱賞2019予想:最終追い切り・調教に向けて押さえておきたいポイントを中心とした記事を書いていきます。

GⅠ級のメンバーが揃ったと言われる今年の金鯱賞。

GⅠ馬5頭に加えて、4連勝で一気の重賞馬に上り詰めた上がり馬エアウィンザー。

重賞を2走続けて好走中で初重賞制覇を狙う超良血ウオッカの子タニノフランケル。

そして一番の注目といっても過言ではない、一時は世代最強の名を欲しいままにしていた復帰戦を迎えるダノンプレミアム。

その噂に違わぬ豪華なメンバーが揃い、今春の主役候補がひと足早くブツかるGⅠの前哨戦として目が離せない一戦になりそうですね。

それでは、金鯱賞2019予想:最終追い切り・調教に向けて押さえておきたいポイントに入っていきましょう。

【金鯱賞2019予想】最終追い切り・調教に向けて押さえておきたいポイント

 

まずは登録馬を確認しておきましょう。

金鯱賞 登録馬
※騎手は現時点の想定

アルアイン     北村友一
エアウィンザー   武豊
ギベオン      丸山元気
クリノヤマトノオー ??
サトノワルキューレ 四位洋文
ショウナンバッハ  ??
スズカデヴィアス  藤岡康太
タニノフランケル  吉田隼人
ダノンプレミアム  川田将雅
ペルシアンナイト  デムーロ
ムイトオブリガード 横山典弘
メートルダール   福永祐一
モズカッチャン   和田竜二
リスグラシュー   シュタルケ

フルゲート18頭に14頭が登録ということで、全馬出走可能となっています。

続いて現時点の予想オッズを確認しておきましょう。

金鯱賞 予想オッズ

1 エアウィンザー  2.8
2 ダノンプレミアム 3.7
3 アルアイン    4.8
4 リスグラシュー  6.0
5 ペルシアンナイト 9.1
6 ギベオン     12.5
7 モズカッチャン  13.3

ここまでが上位に推されそうな馬たちです。

改めて見ても超好メンバーですね。

現役牝馬最強クラスのリスグラシューモズカッチャンが4人気&7人気というメンバー。

そんな中1人気に推されるのは、母エアメサイアで兄にエアスピネルがいる良血のエアウィンザー

3歳までは善戦マンという感じで勝ち切れない競馬が続いていましたが、昨年は4歳を迎えて本格化。

一気の4連勝で重賞制覇するまで上り詰めました。

5歳にしてポテンシャルをさらにもう一段開花させることが出来れば、GⅠ獲りへ!という夢も広がる一戦となるでしょう。

2人気想定はようやくの復帰戦を迎えるダノンプレミアム

無敗の3連勝で2歳チャンピオンに輝き、当時はダービー馬最右翼と評されていましたが、一頓挫あり順調にレースを使えず日本ダービーでは6着に敗退。

適距離に戻ってどういうレースを見せるか、というのが最大の注目になるでしょう。

それでも長期休み明けの不安は拭いきれず、今後の評価にも影響する試金石の一戦となりそうですね。

それ以下も今春の主役候補がズラリ。

しかし仕上がりという意味では先に目標がある有力馬ほど万全ではないのが前哨戦。

同じ中距離路線の京都記念&中山記念ではそれぞれ6人気&5人気馬が優勝しており、一筋縄ではいかないレースと言えるでしょう。

追い切りから各馬の仕上がり面をしっかり見極めていきたいですね。

 

最終追い切り・調教に向けて押さえておきたいポイント

それでは、有力各馬の1週前追い切りを確認して最終追い切りに向けてのポイントを考察していきます。

エアウィンザー

《1週前追い切り》
武豊 栗CW 良 68.5 52.4 37.8 11.5【7】馬なり
シャケトラ(古馬オープン)0.6秒追走0.3秒先着

追い切りパターン

基本的にはウッドと坂路の併用で仕上げてくるのがこの馬の追い切り過程になっています。

中にはプール調整を挟むこともありますね。

2018年は5戦4勝2着1回というパーフェクトな成績で本格化したと考えられます。

その昨年の追い切りパターンとしては、

〝1週前ウッド追い⇒最終坂路仕上げ〟が3戦。

〝1週前ウッド追い⇒最終ウッド仕上げ〟が2戦。

この2パターンで、近2戦が〝1週前ウッド追い⇒最終ウッド仕上げ〟このパターンになっています。

最終追い切りに向けてのポイント

1週前追い切りはウッドでの調整。

最終追い切りはウッドになるか坂路になるか。

近2戦を踏襲するならウッドになりそうな場面ではあります。

これまでの追い切り内容を考えると、ウッドにしろ、坂路にしろ、終い重点の追い切りになる事には変わりなさそう。

坂路なら4F目がい速になる加速ラップは必須。

ウッドなら半マイル52秒台~ラスト1F11秒台は計時してほしいイメージで。

 

ダノンプレミアム

《1週前追い切り》
助手 栗CW 良 80.8 64.1 35.7 12.0【4】一杯
ダノンジャスティス(3歳500万)0.7秒追走0.3秒遅れ

追い切りパターン

初戦を除いては、〝1週前ウッド追い⇒最終ウッド仕上げ〟という内容で追い切りを消化しています。

その中でもメイチ仕上げは〝1週前ウッド6F追い⇒最終ウッド4F追い仕上げ〟。

これは朝日杯FSでの追い切り過程になっています。

最終追い切りに向けてのポイント

ここは長期休養明けという事で、メイチ仕上げで臨んでくることはまずないと考えられますね。

帰厩後の初時計は1/13。

ここからじっくり約2ヶ月乗り込まれています。

ここまで15本の追い切りを消化されており、態勢は整っているか。

脚部不安ということで坂路のみの調整であれば不安になるところでしたが、ウッドで追い切りを敢行されていることから大きな不安はなさそう。

しかし、調教駆けする馬が1週前追い切りで格下に遅れた点はマイナス材料と言えるでしょう。

時計面に関しては十分すぎる好時計を叩いていますが。

最終追い切りが〝6Fウッド馬なり調整+ラスト1F11秒台〟であれば、この馬なりに走れる態勢は整ったと言えそうです。

 

アルアイン

《1週前追い切り》
北村友 栗坂 良 51.8 38.2 24.4 12.1 一杯
プロフェット(古馬1600万)0.9秒追走クビ先着

追い切りパターン

昨年のオールカマーの追い切りから、坂路とプール調整との併用というのがパターン化しました。

池江厩舎が坂路追いをメインにすることは珍しいこと。

これには理由があり、そのオールカマーの一戦前に香港のクイーンエリザベス2世カップに挑戦したと、芝コースでの最終追いをボイコットして、鞍上を振り落としかけるなど気性難が露呈。

このメンタル面への影響を考慮して、池江調教師からも『調教内容を見直す』という発言があり、追い切り内容が一新される形となりました。

その後は、オールカマー2着⇒天皇賞秋4着⇒マイルCS3着と好成績を残しています。

この追い切り内容変更上手くいっているということでしょう。

この先も、坂路とプール調整との併用で進めていくことになるでしょう。

最終追い切りに向けてのポイント

ここまではいつも通り、坂路とプール調整の併用で順調な追い切り過程を踏んでいます。

今走は2/8から時計を出し始めて、ここまで13本と相当熱心に乗り込まれています。

ここまでの本追い切りでは全て併せ馬も敢行されており、乗り込み量・質ともに充実している印象です。

最終追い切りは〝坂路51秒台~ラスト1F12秒前半以下+加速ラップ+併せ馬〟これくらいの水準で消化してくると予想されますね。

 

リスグラシュー

《1週前追い切り》
シュタルケ 栗坂 良 51.2 37.1 24.5 12.7 馬なり

追い切りパターン

外厩で仕上げてくるというイメージで、休み明けでも厩舎での追い切り本数は少なめになる馬です。

これまで4本~5本の乗り込みでレースに臨んでいます。

坂路中心に乗り込まれて、〝1週前負荷を強めに掛けて時計を出す⇒最終追い切りは馬なりor終い重点で加速ラップ〟でまとめるのがこの馬の追い切りパターンとなっています。

追い切りでの時計がレース結果と結びつきやすく、超好時計を叩いた時は好走傾向にあります。

最終追い切りに向けてのポイント

ここでも乗り出し開始は2/22と遅めで、本数としてはいつも通り4本程度でレースに臨むことになりそう。

1週前追い切りが2本目ですが、外厩で乗り込まれているのが分かるくらいに、あっさり好時計を叩いてきました。

この時点で強めの負荷を掛けられていない辺りに、前哨戦仕上げである雰囲気が漂いますね。

追い切り時計がレースに直結しやすいタイプですので、最終追い切りの時計には注目ですね。

超好時計なら買い、軽めにまとめられているようなら押さえ程度の評価になるイメージで。

 

ペルシアンナイト

《1週前追い切り》
水口 栗CW 良 82.1 66.6 51.8 37.7 11.6【8】一杯
ステイインシアトル(古馬オープン)0.6秒追走同入

追い切りパターン

この馬はいかにも池江厩舎という追い切り過程を踏まれる馬です。

ウッドと坂路の併用で乗り込まれて、本追い切りはほぼすべてウッドで追い切りを敢行されます。

勝負仕上げパターンとしては〝1週前ウッド6F追い⇒最終ウッド半マイル追い〟終いを伸ばすことがほとんどで、ラスト1Fは11秒台を叩くことが普通です。

この追い切りパターンを踏んだ成績は【2-4-0-1】となっており、馬券外の一戦は日本ダービーとなっています。

とは言え、この勝負仕上げはGⅠ前や賞金加算必須になる場面で見られることがほとんど。

前哨戦では〝1週前ウッド6F追い⇒最終ウッド6F追い〟になることが多いですね。

最終追い切りに向けてのポイント

GⅠ前の前哨戦なので〝1週前ウッド6F追い⇒最終ウッド6F追い〟になることが予想されます。

3歳秋以降は、GⅠ前の前哨戦は全てこの追い切りパターンで、全て着外に敗れています。

前哨戦と本番を割り切って馬を作る池江厩舎。

よほど他の根拠が上積みされない限り、追い切り観点からは静観の場面でしょう。

 

ギベオン

《1週前追い切り》
ルメール 栗CW 良 84.3 68.8 53.8 39.4 12.1【6】G前仕掛け

追い切りパターン

昨年の春先は最終追い切りに芝追いを取り入れていた藤原厩舎。

これが一時勝負パターンになりそうでしたが、思っていたほどの結果を残せなかったのか、秋以降はウッドでの追い切りに戻してきましたね。

近2戦は〝1週前ウッド6F追い⇒最終ウッド6F追い〟となっています。

最終追い切りに向けてのポイント

1週前追い切りまではいつも通りの追い切り過程で追い切りを消化しています。

特に大きな変更なく来ているというところでは、順調という感じですね。

最終追い切りはウッド6F追いラスト1F11秒台を記録してくるようなら、ここに向けては万全というイメージですね。

追い切りとは関係ないですが、ルメールさんが騎乗停止になり乗り替わることになりました。

これがこの馬にとっては痛手ですね。

人気面で見れば人気落ち必至というところで、どちらに妙味を求めるかで評価が変わりそうな馬ですね。

 

モズカッチャン

《1週前追い切り》
和田竜 栗CW 良 83.7 66.7 52.0 38.4 11.9【7】一杯
ジョルジュサンク(古馬オープン)0.3秒追走同入

追い切りパターン

坂路中心に追い切りを敢行してくる馬です。

追い切りでは動かない馬で、水準としては〝坂路54秒台~ラスト1F12秒後半〟になることも多いです。

ビッシリ負荷を掛けて追っても時計は出ない馬で、追い切りがレースに直結しない馬です。

というところで、追い切りから好不調を読み取るのは難しい馬となっています。

近走は〝1週前坂路負荷強め以上⇒最終坂路馬なり調整〟という仕上げ方になっています。

最終追い切りに向けてのポイント

1週前追い切りはウッドで追い切りを敢行してきました。

ウッド追いを取り入れるのは新馬戦以来のことになります。

本格化後は初めての追い切りパターンで、これはなにを意味するか読み解く必要がありますね。

ここに至るまでの追い切りはいつも通り坂路で追い切られて、この1週前追い切りのみウッド追いになっています。

これで最終追い切りは全く読めなくなりました。

どういう追い切りになるか、要注目。

 

『元JRA厩務員「笹原正行」監修』

▼元JRA関係者だからできる情報を提供▼

【3/3中山11R弥生賞】

<<3連単12点で大的中!>>

457万3700円を払い戻し!

>>元厩務員無料情報を入手<<

金鯱賞2019 追い切り注目の穴候補

それでは最後に、追い切り注目の穴候補馬をランキングに載せておきます。

この馬⇒ 人気ブログランキングへ(メートルダール)

《1週前追い切り》
助手 美南W 重 66.1 51.9 38.2 13.1【7】強め
スモークフリー(古馬1600万)0.6秒追走同入

追い切りパターン

坂路とウッドを中心に乗り込まれる馬。

メインの本追い切りはウッドになる事がほとんどで、〝1週前ウッド追い⇒最終ウッド仕上げ〟がこの馬の追い切りパターンになっています。

中でも〝1週前ウッド5F追い⇒最終ウッド5F追い〟というのは好走パターンになっています。

この追い切り過程を踏んだ時は【4-2-2-1】という好成績を残しています。

最終追い切りに向けてのポイント

1週前追い切りで5F追いを敢行されるときは、最終追い切りも5F追いになる事がほとんど。

これは好走パターンに合致する追い切りになるので、最終追い切りには要注目となります。

そしてもう1点。

この1週前追い切りの内容が秀逸。

一見特に普通の内容に見えなくもないですが、この追い切りは2/28に敢行されています。

この日は雨に打たれて一気に馬場が重くなった日。

そして時計の掛かる馬場になり、非常に時計が出にくい馬場の中、この日の美浦ウッドでは1番時計を記録。

元々それほど時計が出る馬ではないので、尚更この時計に価値を見出したいところです。

メイチで臨んでくるなら、前哨戦仕上げの上位勢に一角崩しを期待したい馬ですね。

 

『ギャロップジャパン』
3連系の馬券攻略をお届けする情報サイト!

会員のみが閲覧可能の無料コンテンツが自慢!

開催レースから勝負の1鞍❝鉄板レース❞
開催レースから勝負の1鞍❝穴超注目馬❞

何と言っても、この2コンテンツは要注目!

《先日も高配当が続出》

■3月3日 藩士9R4歳上500万下
3連単:276,720円 獲得!

■3月2日 中山11Rオーシャンステークス
3連単:202,800円 獲得!

※これだけの実績を無料情報でもバンバン配信中!

【今週も3連複3点~15点の勝負馬券を提供】

今週は『アネモネステークス』の予想を限定配信!!

>>無料登録はこちら<<

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。