【金鯱賞2019予想】最終追い切り・調教分析

Pocket

今回は金鯱賞2019予想:最終追い切り・調教分析を中心とした記事を書いていきます。

アルアイン・ダノンプレミアム・ペルシアンナイト・モズカッチャン・リスグラシューとGⅠ馬5頭が顔を揃える豪華な一戦。

そこに、目下4連勝で勢いそのままにGⅠの舞台へ駆け上がろうと目論むエアウィンザー。

NHKマイルC2着馬で前走同舞台の中日新聞杯を制覇したギベオンと、こちらも主役級の馬が並んでいます。

昨年は金鯱賞を制したスワーヴリチャードが勢いそのままにGⅠ大阪杯を制覇したことで注目度が高い一戦ですね。

しかし、仕上がりという意味では先に目標がある有力馬ほど万全ではないのが前哨戦。

脇を固める馬は全馬重賞連対歴ありと、ここで好走する能力は十分保有しています。

追い切りから各馬の仕上がり面をしっかり見極めていきたいですね。

それでは、金鯱賞2019予想:最終追い切り・調教分析に入っていきましょう。

【金鯱賞】3連単買目・無料公開

今週は大阪杯の最終トライアル

第55回 金鯱賞 (GⅡ)

◎スワーヴリチャード
穴サトノノブレス(8人気)
○サトノダイヤモンド

3連単【2万4410円】的中
3連複【4000円】的中
馬 連【5860円】的中

昨年は大本線で大回収に至った金鯱賞。

今年も期待十分の勝負ヤリ情報を入手済。

無料入手はコチラ!!↓↓↓↓↓↓↓

3連単勝負買い目を提供するのが関西情報社チェックメイトです。

★★★★★★★★★★★★★★★★
的中実績

2/2 京都11R 【6万2900円】的中
2/10 小倉3R 【11万8090円】的中
2/16 京都12R 【3万0010円】的中
2/24 阪神12R 【2万1790円】的中
★★★★★★★★★★★★★★★★

【金鯱賞2019予想】最終追い切り・調教分析

 

まずは確定した枠順配置を確認しておきましょう。

金鯱賞 枠順配置

 1- 1ダノンプレミアム  牡4 川田将雅
 2- 2ショウナンバッハ  牡8 幸英明
 3- 3サトノワルキューレ 牝4 四位洋文
 4- 4スズカデヴィアス  牡8 藤岡康太
 4- 5タニノフランケル  牡4 吉田隼人
 5- 6ペルシアンナイト  牡5 デムーロ
 5- 7ギベオン      牡4 丸山元気
 6- 8エアウィンザー   牡5 武豊
 6- 9ムイトオブリガード 牡5 横山典弘
 7-10アルアイン     牡5 北村友一
 7-11リスグラシュー   牝5 シュタルケ
 8-12モズカッチャン   牝5 和田竜二
 8-13メートルダール   牡6 福永祐一

中京芝2000m

正面スタンド前からのスタートで最初のコーナーまでは約314m、最後の直線は約412m。

最初の直線は短めで、最後の直線は長めというコース設定となっています。

最後の直線には急坂が待ち構えるコースで、直線長い+急坂というタフなコースとなっている。

基本的にはスローペースになると考えて予想を組み立ててOK。

速くなることがあっても平均ペースまでで、ハイペースになる事はほとんどないです。

その為、差しが利きやすい中京芝コースの中では先行馬が踏ん張れるコース設定となっています。




各追い切り場の馬場状態

続いて、各追い切り場の馬場状態(3/6・7)を考察していきます。

時計が出やすい〝A>B>C〟時計がでにくい

3段階評価でまとめていきます。

《栗東CW 良~重馬場》【B】

当週1番時計 クリノイダテン(古馬500万)
助手 栗CW 良 62.0 47.6 35.5 12.4【1】一杯

時計自体は速いですが、最内を通ってのものなの過大評価は禁物という感じ。

先週と比べてもさほど変わりない馬場かなという印象です。

力のある馬・調教駆けする馬なら時計は出せるという馬場状態。

当週6F80秒を切った馬は計8頭と、少なからず多からずというイメージ。

この辺りを踏まえても、水準通りの時計の出方という感じですね。

テンの入りがゆっくりであったり、4F追いの馬ならラスト1F11秒台も割と簡単に出せる、というのも押さえておきたいポイントです。

 

《栗東坂路 良~重馬場》【B】

当週1番時計 タイセイプライド(古馬オープン)
助手 栗坂 良 49.2 36.5 24.6 12.9 一杯

先週と変わりなく水準通りの時計というイメージです。

先週同様全体時計よりも、気にするべきは4ハロン目に最速になる加速ラップを踏まえているかに注目。

 

《美浦南W 良~重馬場》【B】

当週1番時計 インペリオーソ(障害未勝利)
石神 美南W 良 79.7 64.4 50.0 37.1 13.1【4】馬なり

時計の出方としては先週と変わらず、美浦ウッドらしいタフな馬場という印象です。

基準としては、5F66秒台・67秒台~1F12秒台でまとめてくるようなら優秀、ラスト1F13秒前半ならベターというイメージ。

 

《美浦坂路 稍~重馬場》【C】

当週1番時計 プロディガルサン(古馬オープン)
助手 美坂 稍 51.3 37.8 25.2 12.9 馬なり

美浦坂路らしいのタフな馬場で、ラスト1Fは時計を要す馬が多くなっています。

テンにゆったり入って⇒加速ラップは、それなりに力のある馬なら当然出せるのでそこはそれなりの評価に留めておきたい。

それよりも、53秒台~12秒前半の加速ラップでまとめられている馬がいれば優秀と判断していきたいところ。




最終追い切り・調教分析

それでは、有力各馬の最終追い切り・調教を考察していきます。

ダノンプレミアム

《1週前追い切り》
助手 栗CW 良 80.8 64.1 35.7 12.0【4】一杯
ダノンジャスティス(3歳500万)0.7秒追走0.3秒遅れ

《最終追い切り》
川田 栗CW 良 86.9 69.4 53.5 38.2 11.3【6】強め

追い切りパターン

初戦を除いては、〝1週前ウッド追い⇒最終ウッド仕上げ〟という内容で追い切りを消化しています。

その中でもメイチ仕上げは〝1週前ウッド6F追い⇒最終ウッド4F追い仕上げ〟。

これは朝日杯FSでの追い切り過程になっています。

追い切り考察

ここは長期休養明けという事で、メイチ仕上げで臨んでくることはまずないと考えていましたが、その通りという雰囲気ですね。。

帰厩後の初時計は1/13。

ここからじっくり約2ヶ月乗り込まれています。

ここまで18本の追い切りを消化されており、走れる態勢は整っているか。

脚部不安ということで坂路のみの調整であれば不安になるところでしたが、ウッドで追い切りを敢行されていることから大きな不安はなさそう。

しかし、調教駆けする馬が1週前追い切りで格下に遅れた点はマイナス材料と言えるでしょう。

時計面に関しては十分すぎる好時計を叩いていますが。

最終追い切りはあくまで終い重点という感じで、ラスト1F11.3秒のキレを見せてきました。

時計は出そうと思えば出せる馬ですので過大評価は禁物ですが、total的にはまずまずと言える内容の追い切りを消化できましたね。

 

ペルシアンナイト

《1週前追い切り》
水口 栗CW 良 82.1 66.6 51.8 37.7 11.6【8】一杯
ステイインシアトル(古馬オープン)0.6秒追走同入

《最終追い切り》
デムーロ 栗CW 良 83.4 67.7 53.1 39.3 11.9【8】引張りきり
シルヴァンジャー(古馬1600万)1.7秒追走同入

追い切りパターン

この馬はthe池江厩舎という追い切り過程を踏まれる馬です。

ウッドと坂路の併用で乗り込まれて、本追い切りはほぼすべてウッドで追い切りを敢行されます。

勝負仕上げパターンとしては〝1週前ウッド6F追い⇒最終ウッド半マイル追い〟終いを伸ばすことがほとんどで、ラスト1Fは11秒台を叩くことが普通です。

この追い切りパターンを踏んだ成績は【2-4-0-1】となっており、馬券外の一戦は日本ダービーとなっています。

とは言え、この勝負仕上げはGⅠ前や賞金加算必須になる場面で見られることがほとんど。

前哨戦では〝1週前ウッド6F追い⇒最終ウッド6F追い〟になることが多いですね。

追い切り考察

予想通りの〝1週前ウッド6F追い⇒最終ウッド6F追い仕上げ〟。

これで3歳秋以降は、GⅠ前の前哨戦は全てこの追い切りパターンとなりました。

しかしここまでは全て着外に敗れています。

前哨戦と本番を割り切って馬を作る池江厩舎。

よほど他の根拠が上積みされない限り、追い切り観点からは静観の場面ではあります。

ただ負荷として〝1週前一杯追い⇒最終軽め〟というのは悪くなく、仕上がっているからこその追い切りパターンでもあります。

ここの追い切り判断が難しいところですが、これまでのGⅠ前哨戦よりは仕上がり度としては高そうな印象を受けます。

 

エアウィンザー

《1週前追い切り》
武豊 栗CW 良 68.5 52.4 37.8 11.5【7】馬なり
シャケトラ(古馬オープン)0.6秒追走0.3秒先着

《最終追い切り》
助手 栗CW 良 89.6 72.0 55.4 40.4 12.0【9】馬なり
ロードラウレア(新馬)0.4秒先行同入

追い切りパターン

基本的にはウッドと坂路の併用で仕上げてくるのがこの馬の追い切り過程になっています。

中にはプール調整を挟むこともありますね。

2018年は5戦4勝2着1回というパーフェクトな成績で本格化したと考えられます。

その昨年の追い切りパターンとしては、

〝1週前ウッド追い⇒最終坂路仕上げ〟が3戦。

〝1週前ウッド追い⇒最終ウッド仕上げ〟が2戦。

この2パターンで、近2戦が〝1週前ウッド追い⇒最終ウッド仕上げ〟このパターンになっています。

追い切り考察

〝1週前ウッド追い⇒最終ウッド仕上げ〟で調整してきました。

近2戦と同じパターンで追い切りとしては問題なさそう。

と言いたいところですが、、、

内容が随分と軽め。

これをどう捉えるかですね。

基本的に内容が軽くても終い重点でラスト1F11秒台のキレを見せることも大半の馬。

それが終い12秒フラットというところで、これはイマイチと言わざるを得ないか。

あくまで次を見据えた仕上がり、という雰囲気を感じますね。

 

アルアイン

《1週前追い切り》
北村友 栗坂 良 51.8 38.2 24.4 12.1 一杯
プロフェット(古馬1600万)0.9秒追走クビ先着

《最終追い切り》
北村友 栗坂 良 51.4 38.0 24.7 12.3 末一杯
カフェブリッツ(古馬オープン)1.1秒追走同入

追い切りパターン

昨年のオールカマーの追い切りから、坂路とプール調整との併用というのがパターン化しました。

池江厩舎が坂路追いをメインにすることは珍しいこと。

これには理由があり、そのオールカマーの一戦前に香港のクイーンエリザベス2世カップに挑戦したと、芝コースでの最終追いをボイコットして、鞍上を振り落としかけるなど気性難が露呈。

このメンタル面への影響を考慮して、池江調教師からも『調教内容を見直す』という発言があり、追い切り内容が一新される形となりました。

その後は、オールカマー2着⇒天皇賞秋4着⇒マイルCS3着と好成績を残しています。

この追い切り内容変更上手くいっているということでしょう。

この先も、坂路とプール調整との併用で進めていくことになるでしょう。

追い切り考察

ここまではいつも通り、坂路とプール調整の併用で順調な追い切り過程を踏んでいます。

今走は2/8から時計を出し始めて、17本の追い切りを消化しており、相当熱心に乗り込まれています。

ここまでの本追い切りでは全て併せ馬も敢行されており、乗り込み量・質ともに充実している印象です。

最終追い切りは〝坂路51秒台~ラスト1F12秒前半以下+加速ラップ+併せ馬〟と予想していましたがその通りの追い切り内容。

この馬も目標は次でしょうが、人気上位勢の中では最も追い切り過程に不安ない印象を受けますね。

 

リスグラシュー

《1週前追い切り》
シュタルケ 栗坂 良 51.2 37.1 24.5 12.7 馬なり

《最終追い切り》
シュタルケ 栗坂 良 51.5 37.0 24.0 12.2 馬なり
ナイトバナレット(古馬1000万)0.7秒追走0.3秒先着

追い切りパターン

外厩で仕上げてくるというイメージで、休み明けでも厩舎での追い切り本数は少なめになる馬です。

これまで4本~5本の乗り込みでレースに臨んでいます。

坂路中心に乗り込まれて、〝1週前負荷を強めに掛けて時計を出す⇒最終追い切りは馬なりor終い重点で加速ラップ〟でまとめるのがこの馬の追い切りパターンとなっています。

追い切りでの時計がレース結果と結びつきやすく、超好時計を叩いた時は好走傾向にあります。

追い切り考察

ここでも乗り出し開始は2/22と遅めで、3本の追い切りを消化。

1週前追い切りが2本目、最終追い切りが3本目と本数としては少なめですが、外厩で乗り込まれているのが分かるくらいに、あっさり好時計を叩いてきました。

それでも〝強めの負荷〟を掛けられていない辺りに、前哨戦仕上げである雰囲気が漂いますね。

デキとしては8分仕上げ感は漂いますが、十分に走れる態勢は整っている感じです。

 

モズカッチャン

《1週前追い切り》
和田竜 栗CW 良 83.7 66.7 52.0 38.4 11.9【7】一杯
ジョルジュサンク(古馬オープン)0.3秒追走同入

《最終追い切り》
助手 栗坂 良 53.1 38.2 24.6 12.4 一杯

追い切りパターン

坂路中心に追い切りを敢行してくる馬です。

追い切りでは動かない馬で、水準としては〝坂路54秒台~ラスト1F12秒後半〟になることも多いです。

ビッシリ負荷を掛けて追っても時計は出ない馬で、追い切りがレースに直結しない馬です。

というところで、追い切りから好不調を読み取るのは難しい馬となっています。

近走は〝1週前坂路負荷強め以上⇒最終坂路馬なり調整〟という仕上げ方になっています。

追い切り考察

1週前追い切りはウッドで追い切りを敢行してきました。

ウッド追いを取り入れるのは新馬戦以来のことになります。

本格化後は初めての追い切りパターンで、これはなにを意味するか読み解く必要がありますね。

そんな中、最終追い切りは坂路を選択してきました。

最終追い切りで一杯に負荷を掛けてくるのは3歳秋以降初めてのこと。

それ以前、オークスまでは最終追い切りで負荷を掛けるのが追い切りパターンでした。

ここにきてガラッと追い切りパターンを変えてきました。

前哨戦でこういう追い切り過程を選択してくるということはなにかを試しているということでしょう。

こういう場合、追い切りからは静観の場面になります。

 

<第53回 フィリーズレビュー>

只今4年連続的中のドル箱牝馬重賞!
今年も確信◎から特大万馬券を狙う!

昨年は8番人気◎リバティハイツから馬連4080円、3連複9140円、3連単5万6610円パーフェクト的中!

紙面上には載らない競馬セブン独占の関係者情報を極秘入手!

競馬セブンが無料公開する3点勝負買い目は馬券購入前に必ずご確認ください!

騎手・調教師・馬主・生産関係者と太いパイプを持ち、公にはならない裏情報を入手できる競馬セブンだからこその極秘情報。

叩き台で使う陣営、ココが目イチ勝負の陣営など、勝負度合いは明白。

競馬セブンでは厩舎・騎手・馬主・生産各方面から各陣営の本音話を独占入手済です。

各陣営の思惑を知っている競馬セブンに買っていい、買ってはいけないのジャッジはお任せ!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

金鯱賞2019 追い切り注目の穴候補

それでは最後に、追い切り注目の穴候補馬をランキングに載せておきます。

この馬⇒ 人気ブログランキングへ

穴1(ギベオン)

《1週前追い切り》
ルメール 栗CW 良 84.3 68.8 53.8 39.4 12.1【6】G前仕掛け

《最終追い切り》
丸山 栗CW 良 80.0 64.7 50.5 37.3 12.1【7】強め
コーカス(古馬1000万)0.4秒追走0.2秒先着

追い切りパターン

昨年の春先は最終追い切りに芝追いを取り入れていた藤原厩舎。

これが一時勝負パターンになりそうでしたが、思っていたほどの結果を残せなかったのか、秋以降はウッドでの追い切りに戻してきましたね。

近2戦は〝1週前ウッド6F追い⇒最終ウッド6F追い〟となっています。

追い切り考察

〝1週前ウッド6F追い⇒最終ウッド6F追い〟と、いつも通りの追い切り過程で追い切りを消化しています。

特に大きな変更なく来ているというところでは、順調という感じですね。

前走と前々走の追い切り内容の違いは、時計面で前々走:1週前>最終と前走:最終>1週前であること。

1週前追い切りから最終追い切りで時計を詰めた前走は好走というところでは、こちらの追い切り過程の方がよそ良さそう。

そんな中、今走は1週前追い切りから最終追い切りで時計を詰めてきており、前走と同じ追い切りパターンになっています。

追い切りから上々の追い切り過程を消化出来たと言えそうですね。

追い切りとは関係ないですが、ルメールさんが騎乗停止になり乗り替わることになりました。

これがこの馬にとっては痛手ですね。

人気面で見れば人気落ち必至というところで、どちらに妙味を求めるかで評価が変わりそうな馬ですね。

 

穴2(メートルダール)

《1週前追い切り》
助手 美南W 重 66.1 51.9 38.2 13.1【7】強め
スモークフリー(古馬1600万)0.6秒追走同入

《最終追い切り》
助手 美南W 良 83.8 67.8 52.8 37.9 13.0【6】強め
クロフネフリート(障害オープン)1.0秒追走同入

追い切りパターン

坂路とウッドを中心に乗り込まれる馬。

メインの本追い切りはウッドになる事がほとんどで、〝1週前ウッド追い⇒最終ウッド仕上げ〟がこの馬の追い切りパターンになっています。

中でも〝1週前ウッド5F追い⇒最終ウッド5F追い〟というのは好走パターンになっています。

この追い切り過程を踏んだ時は【4-2-2-1】という好成績を残しています。

追い切り考察

1週前追い切りで5F追いを敢行されるときは、最終追い切りも5F追いになる事がほとんど。

その為、最終追い切りは5F追いで来ると思われましたが6F追いに。

〝1週前5F追い⇒最終6F追い〟というのは昨年の金鯱賞と同じおパターンを踏んできました。

この追い切りパターンは今回で3度目。

この馬の評価ポイントは1週前追い切りの内容が秀逸であったこと。

一見特に普通の内容に見えなくもないですが、この追い切りは2/28に敢行されています。

この日は雨に打たれて一気に馬場が重くなった日。

そして時計の掛かる馬場になり、非常に時計が出にくい馬場の中、この日の美浦ウッドでは1番時計を記録。

元々それほど時計が出る馬ではないので、尚更この時計に価値を見出したいところです。

ここがメイチと考えるなら、前哨戦仕上げの上位勢に一角崩しを期待したい馬ですね。




【今話題沸騰中のサイト!『競馬報道』がアツイ】

担当の馬券師が昼夜問わず
駆けずり回った情報を公開!
だからこそ得られる万馬券の数々!

『血統』や『調教』、『騎手』にスポットライトを当て
充実したコンテンツ、競馬初心者に優しいサービス。

先日も3連単12点という小点数で高額回収!

更に帯封回収も実際に的中しているわけですからさすがです。

まだ立ち上がってから間もないサイトであるにも関わらず、
飛ぶ鳥を落とす勢いで的中を連発しています!

これなら当然、今週の重賞にも注目が集まるわけですが、

なんと!今なら無料登録で!厳選買い目も無料公開!

今週も期待が高まるばかりで、
どうやら厳選情報を手に入れているようですよ!

是非この機会にご活用ください。

>>無料情報はこちら<<







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。