【関屋記念2019予想】追い切り・調教から見る好走傾向

Pocket

今回は関屋記念2019予想:追い切り・調教から見る好走傾向を中心とした記事を書いていきます。

サマーマイルシリーズ2戦目となる関屋記念。

直線の長い新潟コースのマイル戦という事で、スローから究極の瞬発力勝負になりやすいレース。

そして、サマーマイルシリーズ唯一の定量戦ということもあってか、過去は波乱の少ない傾向となっています

サマーマイルシリーズ1戦目の中京記念はグルーヴィット・クリノガウディーという3歳馬2頭のワンツー決着となりましたが、

この関屋記念はどの馬が制するでしょうか。

それでは、関屋記念2019予想:追い切り・調教から見る好走傾向に入っていきましょう。

【関屋記念2019予想】追い切り・調教から見る好走傾向

 

まずは登録馬を確認しておきましょう。

関屋記念 登録馬
※騎手は現時点の想定

アストラエンブレム 内田博幸
エントシャイデン  中谷雄太
オールフォーラヴ  和田竜二
キョウワゼノビア  中井裕二
ケイデンスコール  石橋脩
サラキア      丸山元気
サンマルティン   津村明秀
ストーミーシー   大野拓弥
ソーグリッタリング 浜中俊
ディメンシオン   戸崎圭太
トミケンキルカス  柴田大知
ハーレムライン   木幡巧也
ファストアプローチ 木幡育也
フローレスマジック 三浦皇成
ブレスジャーニー  ??
ボールライトニング 江田照男
マイネルアウラート 野中悠太郎
ミエノサクシード  川島信二
ミッキーグローリー ルメール
ヤングマンパワー  武藤雅
ランガディア    北村宏司
リライアブルエース 吉田豊
ロシュフォール   田辺裕信
ロードクエスト   デムーロ

フルゲート18頭に24頭が登録。

ランガディア・アストラエンブレム・キョウワゼノビア・ボールライトニング・ストーミーシー・ブレスジャーニーの6頭が除外対象となっています。

続いて現時点の予想オッズを確認しておきましょう。

関屋記念 予想オッズ

1 ミッキーグローリー 3.4
2 ケイデンスコール  3.8
3 サラキア      6.5
4 ソーグリッタリング 7.2
5 ロシュフォール   7.2
6 オールフォーラヴ  11.7

ここまでが上位に推されそうな馬たちです。

昨年のマイルCS5着「ミッキーグローリー」とNHKマイルカップ2着「ケイデンスコール」に人気が集まりそうな一戦。

GⅢ戦ならGⅠでも好勝負した2頭に人気が集まるのも納得というところ。

ここまで3着内を外したのは僅かに2戦のみという安定感が魅力の「ミッキーグローリー」。

マイルCSでは大外を回って上がり3F33.4秒の最速を記録し、勝ち馬から0.2秒差まで詰め寄りました。

前々走京成杯オータムハンデキャップでは上がり3F33.5秒を記録して重賞制覇。

上がりの脚は強烈で、それが遺憾なく発揮できそうな新潟が舞台というのも良いですね。

不安と言えば、今年初戦で9ヶ月ぶりの休み明けという事になりそうです。

「ケイデンスコール」はここまで6戦して、内5戦で上がり3F最速を記録しています。

こちらも上がりの脚は強烈で、その5戦全てで33秒台を記録しています。

左回りの1600mは4戦4連対とパーフェクトで、舞台設定は文句ナシ。

秋のGⅠ戦線に向けてどのような競馬を見せてくれるか楽しみです。

秋華賞4着、前走エプソムカップ2着と重賞でも戦える能力を示している「サラキア」。

オープン特別を連勝した後、エプソムカップ3着に食い込んだ「ソーグリッタリング」。

などが人気を集める一戦で、サマーマイル王者に向けて目を離せませんね。

どの馬がこのレースを制するか、追い切り観点から検討していきます。

 

それでは、追い切り・調教から見る好走傾向ということで、過去5年の好走馬の最終追い切りを見ていきます。

秋に向けて賞金加算、またサマーシリーズということで陣営としても勝ちたい一戦でしょう。

サマーシリーズのどこに狙いを定めているのかにも注目の一戦になりますね。

1600mという距離からウッド・坂路どちらの傾向が強く表れるか注目。

2018年
1着 プリモシーン
美南W 50.6-36.9-12.1【3】馬なり
2着 ワントゥワン
栗P 64.4-50.1-36.8-11.4【6】一杯
3着 エイシンティンクル
栗CW 83.4-66.1-50.8-37.6-11.7【8】馬なり
2017年
1着 マルターズアポジー
美南W 68.7-52.5-38.2-12.1【9】馬なり
2着 ウインガニオン
栗坂 54.8-38.5-24.8-12.5 馬なり
3着 ダノンリバティ
栗坂 50.8-37.3-24.6-12.4 強め
2016年
1着 ヤングマンパワー
美坂 54.3-39.8-25.5-12.1 馬なり
2着 ダノンリバティ
栗坂 51.0-37.2-24.5-12.4 一杯
3着 マジックタイム
美南W 67.4-51.0-37.1-12.7【7】馬なり
2015年
1着 レッドアリオン
栗坂 52.3-38.3-25.4-12.9 馬なり
2着 マジェスティハーツ
栗CW 97.4-80.3-64.7-50.9-37.6-12.5【6】馬なり
3着 ヤングマンパワー
函館W 71.0-55.5-40.5-13.3【7】馬なり
2014年
1着 クラレント
栗坂 53.0-38.3-25.1-12.6 一杯
2着 ダノンシャーク
栗坂 55.0-39.7-25.2-12.2 強め
3着 サトノギャラント
美坂 56.6-40.3-25.9-13.0 馬なり

このような結果になっています。

過去5年totalで見ると、

栗東CW仕上げ:12頭中2頭好走。

栗東坂路仕上げ:20頭中6頭好走。

美南W仕上げ:23頭中3頭好走。

美浦坂路仕上げ:15頭中2頭好走。

その他仕上げ:8頭中2頭好走。

どの仕上げからでもまんべんなく好走がある傾向となっています。

仕上げパターンから見えることは、まとまって好走することは少なく、馬券内に好走する馬は異なる仕上げパターンの組み合わせが多くなっていますね。

まずは〝栗東CW仕上げ〟から。

この仕上げに関しては特に傾向は見られません。

人気面で見ると、

2017年3人気15着ブラックムーン

2014年2人気12着マジェスティハーツ

が人気に推されて凡走しているものの、人気に推されること自体が少ない印象です。

人気に推されることも少なく、人気に推されると無難に走ってくるイメージです。

最も好走数が多く、好走率が高くなっている〝栗東坂路仕上げ〟。

この仕上げパターンの好走パターンは『最終追い切りで負荷を掛けるor1週前追い切りで負荷を掛ける』ということ。

この〝栗東坂路仕上げ〟で好走した6頭の内、4頭がこのパターンに該当していました。

これに該当しなかった2頭は、

2017年2着ウインガニオン

2015年1着レッドアリオン

この2頭は中京記念からの臨戦で1週前追い切りを行われず、最終追い切りは馬なりでまとめられていました。

このローテーションの馬だけは例外として良いかもしれません。

〝栗東坂路仕上げ〟で人気に推されて凡走したのは、

2018年2人気6着リライアブルレース

のみとなっています。

1週前追い切りで『一杯』に負荷を掛けられて好走パターンに該当していましたが、凡走という結果に。

それでも過去5年で1頭しか凡走していないという見方では、人気に推されての信頼度が高い仕上げパターンと考えて良さそうです。

〝美南W仕上げ〟で好走した3頭の人気は、

2018年1人気1着プリモシーン

2017年7人気1着マルターズアポジー

2016年1人気3着マジックタイム

となっています。

反対に人気に推されて凡走したのは、

2017年1人気12着メートルダール・2人気6着ロードクエスト

2015年1人気7着カフェブリリアント

となっており、この追い切りパターンでも好走馬はいますが、人気での凡走が目立つ追い切りパターンになります。

出走頭数が最も多い中で、人気に推されつつ凡走もあるというところでは信頼度の低い仕上げパターンと考えられます。

とは言っても、今年は美南Wが閉鎖されているのでこの仕上げからの出走はないんですけどねww

〝美浦坂路仕上げ〟からは2頭の好走馬を輩出していますが、特に目立った傾向はありません。

人気に推されての凡走もありますし、この仕上げパターンを重視する事はなさそうです。

〝その他仕上げ〟からも2頭の好走馬を輩出しています。

この内、2018年5人気2着に好走したワントゥワンは最終栗東ポリトラック仕上げ。

これは藤岡健一厩舎の勝負パターンでもあったので、こういうパターンなら買いでOK。

2015年9人気3着ヤングマンパワーは函館Wからの好走ですが、これは例外パターンと考えていいでしょう。

基本的にはその他仕上げからの好走は難しい印象ですね。

しかし、今年は美南W閉鎖の影響で美南P仕上げが増えることが想定されるので、これが結果にどう影響するか。

 

関屋記念2019 まとめ

〝栗東CW仕上げ〟からは特に目立った好走パターンというのはないように見えます。

最も好走数の多い〝栗東坂路仕上げ〟で注目すべきは『最終追い切りで負荷を掛けるor1週前追い切りで負荷を掛ける』に該当しているかどうか。

これがこのレースの好走パターンになります。

中京記念からのローテーションの場合は最終追い切り馬なりでもOK。

〝美南W仕上げ〟からは出走頭数が最も多い中で、人気に推されつつ凡走もあるというところでは信頼度の低い仕上げパターンと考えられます。

今年は美南W閉鎖に伴い、美南W仕上げ馬がナシ。

その分、〝美南P仕上げ〟が増えることが想定されるのでこれが結果にどう影響するかというところ。

〝美浦坂路仕上げ〟は特に目立った傾向はありません。

人気に推されての凡走もありますし、この仕上げパターンを重視する事はなさそうです。

基本的には〝栗東坂路仕上げ〟組からそれ以外の仕上げ馬に流すイメージになりそうです。

 

「ミッキーグローリー」は当初美南Wで追い切りを行われていましたが、近走は美南坂路中心に追い切りを敢行されています。

追い切り水準が徐々に高まり、前々走では坂路4F51.2秒を記録。

前走は坂路50.9秒を記録しています。

好走傾向からは相性の良くないパターンですが、追い切り水準にも注目の一頭です。

「ケイデンスコール」は追い切りパターンとして、1週前栗東CW追い⇒最終栗東坂路仕上げor1週前栗東CW追い⇒最終栗東CW仕上げがあります。

ここはどちらの追い切りパターンで来るか。

栗東坂路仕上げになるなら好走パターンに合致します。

「サラキア」も追い切りパターンとして、1週前栗東CW追い⇒最終栗東坂路仕上げor1週前栗東CW追い⇒最終栗東CW仕上げがあります。

ケイデンスコール同様、最終追い切り次第という感じ。

近2戦は1週前栗東CW追い⇒最終栗東坂路仕上げが続いています。

「ソーグリッタリング」は栗東CWと坂路の併用で調整されるのが常。

本追い切りは栗東CWがメインなのでここでも栗東CW仕上げが濃厚の場面です。

特にマイナスにはならない追い切りパターンなので、追い切りの水準に注目です。

「ロシュフォール」は美南Wが中心の追い切りですが、今走はノーザンF天栄から直接新潟入りしています。

これは先週のレパードステークスに出走したヴァイトブリックと同じパターンになります。

美南W閉鎖の影響でこういうパターンが増えています。

しかし、現状のところ結果が出ていないのが気になるところです。

 

それでは最後に、1週前時点の穴注目馬をランキングに載せておきます。

この馬⇒ 人気ブログランキングへ

追い切りパターンとしては、最終栗東CW仕上げor栗東坂路仕上げパターン両方持っています。

好走傾向からは栗東坂路仕上げが良い傾向ですが、この馬の好走パターンとしては栗東CW仕上げ。

ここが難しいところですが、今回1週前追い切りまでの追い切り内容の水準が超ハイレベル。

成長分もあり、デキも最高潮という雰囲気を感じます。

よほど他に好追い切り馬が出ない限りはこの馬を本命にする予定です。

 

新サイト入稿しました!!

今回ご紹介するのは「オアシス」と「J.H.A」に続いて「グロリア」というサイト。

これらのサイトはご存知の方も多いかもしれません。

他のブログでも数多く紹介されているサイトです。

「登録者数が多い=オッズが低下する」という理由から、登録者数が増えすぎて募集人数を制限していたサイト。

そんな中、ようやく再募集がかかり、
この度、当ブログでも紹介することが出来るようになりました。

いずれのサイトも今回は人数限定募集になるので、是非、今のうちに無料登録をオススメします!

いずれのサイトもメールアドレスの登録のみで、無料登録完了です。

【docomo・Softbank・icloud】メールですと届かない可能性がありますので、【gmail・yahooメール】での登録をオススメします。

※月変わりでオアシス追加30名募集再開しました!

――――――――――――――――――――

【オアシス】
オススメ度★★★★★
限定人数 30人

このサイトの特徴は極めてシンプル。とにかく当たる!!
そもそも競馬サイトにそれ以外の特徴って必要ですか?

OASISでは独自ルートから当たる予想を提供を提供しています。
いつも高配当の3連単や3連複を少点数で的中!

まずは、無料情報でこのサイトの実力を確認してみてください!
【URL】http://www.successoasis.net/

――――――――――――――――――――

【グロリア】
オススメ度★★★★★
限定人数 50人

投資競馬の最高峰とも言えるサイト。

リピート率90%というところにこのサイトがいかに有益化を物語っています。

今なら無料登録で厳選買い目情報を毎週提供してくれます。

他サイトで満足できなかった方は試す価値あり!

口コミ情報でも評価の高いグロリアは必見です!
【URL】http://glo-ria.com/

――――――――――――――――――――

【J.H.A】
オススメ度★★★★★
限定人数 30人

このサイトの特徴は「少点数」で的中を狙うというハイレベルな予想にあります。

的中実績を見ても3連単10点以内というのが数多く見られます。
まさに「ローリスクハイリターン」。

毎週無料予想が提供されるので参考にしてみては!?
【URL】http://www.j-h-a.net/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。