【関屋記念2020予想】追い切り・調教分析~最終見解

Pocket

今回は関屋記念2020予想:追い切り・調教分析~最終見解を中心とした記事を書いていきます。

サマーマイルシリーズの重賞の中では唯一別定で行われるということもあって、例年メンバーのレベルは一番高くなる傾向にあります。

その為、波乱になる事もありますが、他のサマーシリーズのレースに比べると比較的順当決着が多くなっています。

近年の連対馬にはプリモシーン・ダノンシャーク・クラレント・ジャスタウェイなど、GⅠで好走馬の名前も並びます。

今年のメンバー構成なら2018年の当レースの覇者プリモシーンが主役になりそうな一戦。

サマーマイルシリーズも佳境に入っており、優勝の行方に大きく影響しそうな関屋記念を追い切り・調教から検討していきます。

【関屋記念2020予想】追い切り・調教分析~最終見解

 

まずは確定した枠順配置を確認しておきましょう。

関屋記念 枠順配置

 1- 1プリモシーン    牝5 福永祐一
 1- 2ブラックムーン   牡8 内田博幸
 2- 3アンドラステ    牝4 岩田望来
 2- 4メイショウグロッケ 牝6 柴田善臣
 3- 5メイケイダイハード 牡5 石橋脩
 3- 6アストラエンブレム セ7 北村宏司
 4- 7ジャンダルム    牡5 藤井勘一郎
 4- 8ミッキーブリランテ 牡4 岩田康誠
 5- 9ハーレムライン   牝5 木幡巧也
 5-10ミラアイトーン   牡6 横山和生
 6-11クリノガウディー  牡4 横山典弘
 6-12エントシャイデン  牡5 川須栄彦
 7-13ドーヴァー     牡7 田辺裕信
 7-14プロディガルサン  牡7 丸山元気
 7-15ペプチドバンブー  牡5 津村明秀
 8-16グルーヴィット   牡4 デムーロ
 8-17サトノアーサー   牡6 戸崎圭太
 8-18トロワゼトワル   牝5 三浦皇成

新潟芝1600m

向正面2コーナー寄りからスタートして、最初のコーナーまでの直線が約548mあります。

このことから枠順による有利不利はないと考えていいでしょう。

外回りコースが使用され、最後の直線は起伏もなくほぼ平坦で、日本で最も長い約658mを有するコースとなっています。

最初のコーナーまでの距離が長いのでペースが上がることはほぼなく、スローペースになる事がほとんど。

最後の直線の末脚勝負になるので、ラスト3Fの瞬発力とその脚を持続させるスピードが最重要になるコースです。

直線が600m以上続くので、差し・追い込みも十分届くコースとなっています。

 

過去5年の好走馬の追い切り・調教から見る好走傾向まとめです。

【栗東CW仕上げ】からは特に目立った好走パターンはありませんが好走率は高いので、外せない仕上げパターンです。

最も好走数の多い【栗東坂路仕上げ】で注目すべきは『最終追い切りで負荷を掛けるor1週前追い切りで負荷を掛ける』に該当しているかどうか。

これがこのレースの好走パターンになります。

中京記念からのローテーションの場合は最終追い切り馬なりでもOK。

【美南W仕上げ】からは出走頭数が最も多い中で、人気に推されつつ凡走もあるというところでは信頼度の低い仕上げパターンと考えられます。

【美浦坂路仕上げ】はハイレベル追い切りが必須という傾向になっています。

傾向としては【栗東坂路仕上げ】組からそれ以外の仕上げ馬に流すイメージがベターです。

 

それでは、有力各馬の最終追い切り・調教を考察していきます。

【アンドラステ】

《1週前追い切り》
岩田望 栗CW 良 85.1 67.5 51.9 37.5 11.6【4】直強め

《最終追い切り》
助手 栗CW 良 87.1 70.1 53.2 38.2 11.9【9】馬なり

追い切り考察

ここまでは栗東CW仕上げパターンと栗東坂路仕上げパターンを経験しています。

今回は〝1週前栗東CW追い⇒最終栗東CW仕上げ〟という追い切りパターンを踏んできました。

中内田厩舎所属馬という事もあって、追い切りは見栄えするものとなっています。

1週前・最終追い切り共に終い重点で終い1F11秒台を記録。

確かに素晴らしいものですが、あくまでこの馬にとってはこれが平常水準です。

過去には1F11.4秒の超好時計を記録した事からも今回が特別良いわけではありません。

概ね高水準の追い切りですが、あくまでこの馬なりに順調という雰囲気です。

 

【クリノガウディー】

《1週前追い切り》
助手 栗坂 良 51.5 36.9 24.2 12.4 叩き一杯

《最終追い切り》
森裕 栗坂 良 53.4 38.0 24.0 11.7 強め

追い切り考察

坂路中心に乗り込まれてレースに臨むのがこの馬の追い切りパターン。

今回はCBC賞から中5週の臨戦になります。

坂路中心に乗り込まれるのはいつも通りで、本数としては5本を消化しています。

元々追い切りの水準が高い馬ですが、2019年中京記念2着した際は過去最高水準の追い切りを消化していました。

1週前追い切りでは4F50.9秒~1F11.8秒、最終追い切りでは4F54.8秒~1F11.5秒となっており、2週連続ラスト1F11秒台を記録していました。

今走は1週前追い切りで一杯に追い切って4F51.5秒を記録。

その中で、3F目に11.8秒を記録しています。

最終追い切りでは終いを伸ばす追い切りで4F53.4秒~1F11.7秒と、こちらもラスト1F11秒台を記録しました。

2週連続ハロンラップ11秒台を記録しており、この馬なりの水準というイメージです。

元々これくらい走れる馬ですので、あとは絶好調と判断するか、好調と判断するか、というところ。

 

【グルーヴィット】

《1週前追い切り》
見習 栗坂 良 51.2 37.0 23.9 11.7 一杯

《最終追い切り》
見習 栗坂 良 51.0 36.5 23.6 11.8 馬なり

追い切り考察

これまで通り栗東坂路中心の追い切りパターンを踏まれました。

元々追い切りの水準は高い馬で、全体時計が速い中でもしっかりと4F目が最速になる加速ラップを踏める馬です。

その中で今回は、

1週前追い切り14.2-13.1-12.2-11.7

最終追い切り14.5-12.9-11.8-11.8

全体時計としては1週前追い切り自己ベストタイ。

最終追い切りはその自己ベストを上回る時計を記録してきました。

その中で、ラスト1F11秒台を記録しながらの加速ラップ。

追い切りの水準としてはケチの付けるところはありません。

ただ1つ気にしておきたいのは見習いジョッキーが騎乗している点になります。

見習いジョッキーは体重軽く、比較的時計が出やすいという側面があります。

この点があるので問答無用で本命にする事はできないかな、という印象です。

 

【サトノアーサー】

《1週前追い切り》
荻野極 栗坂 良 52.0 37.8 24.6 12.3 末強め

《最終追い切り》
助手 栗坂 良 54.2 39.5 25.4 12.3 馬なり

追い切り考察

以前は栗東CW中心の追い切りパターンとなっていましたが、ケガ明け後は栗東坂路中心の追い切りを消化しています。

今走も栗東坂路中心の追い切りを消化。

以前から追い切りでは動く馬でしたが坂路でも追い切りの水準が高く、加速ラップは当たり前に記録してくる馬になります。

今回は2週前追い切りにあたる7/29の追い切りで4F自己ベストタイ時計を記録しています。

この時点で馬は出来上がったという感じで、それ以降はこの馬としては控えめな時計でまとめられています。

ただ好走パターンから見れば、1週前追い切りで『一杯』に負荷を掛ける事がこの馬の好走パターンです。

その点が減点材料というイメージ。

追い切りからはベターではあってもベストではないという評価です。

 

【プリモシーン】

《1週前追い切り》
助手 美南W 良 98.4 82.5 67.2 52.8 39.1 12.1【4】馬なり
ステルヴィオ(古馬オープン)0.2秒先行同入

《最終追い切り》
北村宏 美南W 良 83.6 67.7 52.9 39.5 11.6【4】馬なり
ペレ(古馬2勝)0.4秒追走同入

追い切り考察

中2週となった2戦目、中4週となった2019年マイルチャンピオンシップを除いて全てノーザンF天栄を経由しています。

今走は中3ヶ月でいつも通りノーザンF天栄を経由しての臨戦。

中間は併せ馬で負荷を掛けるこの馬なりの追い切りパターン調整を進められています。

追い切りの内容自体はこれまでと変わりなくきており、順調さは窺えます。

――――――――――――――――――――

※おすすめ新サイトの紹介※

メールアドレスの登録のみで、無料登録完了です。

【gmail・yahooメール】での登録をオススメします。

メールアドレスの登録のみで、無料情報を閲覧できます。

【gmail・yahooメール】での登録をオススメします。

【ゴールデン☆スターズ】

土日はもちろん、平日も厳選情報無料公開中!

このサイトの特徴は他のサイトには真似できない「3大特典」

1.的中補償情報付き
2.返金保証
3.無料登録で10000円分のポイントをプレゼント!

無料登録でもらえるポイントで有料情報を閲覧できるのでお気軽に始められます。

詳しくは下記URL内をチェック!!
【URL】https://g-stars.net/

――――――――――――――――――――

関屋記念2020 最終見解

それでは最後に追い切りから狙える穴馬をランキングに載せておきます。

この馬⇒ 人気ブログランキングへ

《1週前追い切り》
助手 栗坂 良 52.9 38.5 24.8 12.3 一杯

《最終追い切り》
助手 栗坂 良 52.4 37.9 24.6 12.3 一杯

追い切り考察

近走は1週前に栗東CW追いを挟むパターンを使っていましたが、今回は栗東坂路中心の追い切りに戻してきました。

この馬自身、この追い切りパターンがベストパターンで、【2-4-0-2】という好走パターンとなっています。

着外はGⅠヴィクトリアマイル4着と中京記念17着。

今のところ凡走といえるのは中京記念のみですので、この追い切りパターンを踏んできた時点で買い評価を与えられます。

そして、1週前追い切りで『一杯』に負荷を掛けて最終追い切りは馬なり調整でまとめるという点もプラスポイント。

これは安田隆行厩舎が勝負パターンとして使ってくるパターンでもあります。

前走の中京記念でも本命に推しましたが、大敗。

そして中3週でこのレースに挑んでくるわけですが、1週前追い切り・最終追い切りともにしっかりと負荷を掛けてきているのは好感が持てます。

これは前走のダメージがなかった事に他ならないでしょう。

凡走する時は大敗、というのは逃げ馬の宿命。

前走の敗戦には目を瞑れば、穴で面白い一頭でしょう。

 

利益未獲得の場合、全額保証の競馬予想サイトを紹介!

この機会に今まで信じていた情報を見直してください!

「保障制度がある=精度が高い予想を提供してくれる」

これに異論はないでしょう。

競馬情報サイトはかなりの数ありますが、ここまで自信をもって情報を出しているサイトは他にないと言っても過言ではありません。

注意書きはあるので、まずは各々のサイトを確認してほしいのですが、

オススメできる保障制度があるのはこの3つのサイトとなっています。

いずれのサイトもメールアドレスの登録のみで、見る事が出来るサイトとなっています。
是非参考にしてみて下さい!

【docomo・Softbank・icloud】メールですと届かない可能性がありますので、【gmail・yahooメール】での登録をオススメします。

――――――――――――――――――――

【第1位】ダービーレコード
オススメ度★★★★★

このサイトの特徴は極めてシンプル。とにかく当たる!!
そもそも競馬サイトにそれ以外の特徴って必要ですか?

自信と実績があるからできる【永久保証】
無料情報数は業界随一

まずは、無料情報でこのサイトの実力を確認してみてください!
【URL】https://derby-record.net/

――――――――――――――――――――

【第2位】P4
オススメ度★★★★

P4だけの無料情報、独占情報で精度の高い小点数の買い目が魅力。

情報の根拠や裏付けを徹底調査しており、「結果」を出す事にこだわって情報を提供しています。

今現在、情報サイトは多数ありますが、その中でも信頼度は高い。

その理由は有料情報に対する、全額分安心保障が付いている事からも見て取れます。

メールアドレスのみで無料情報を閲覧できるので、まずはお試ししてみてはどうでしょう。
【URL】https://research55.tokyo/

――――――――――――――――――――

【第3位】HORIZON
オススメ度★★★★

毎週無料で買い目を提供中!

元厩舎関係者・元調教師・元トラックマンなど知識豊富なベテラン競馬関係者と契約し、様々な角度から鮮度の高いデータ収集を行っています。

情報精査に関しても専属の馬券師がそれぞれ独自の方法で丁寧に精査。

だからこそ「投資」するに値する本物の情報を提供できるという徹底ぶりです。

まずは高評価の口コミが多い「無料予想」から試してみてはいかがでしょう。
【URL】http://ho-rizon.net/







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。