【阪急杯2019予想】最終追い切り・調教分析~絶対に押さえておきたい穴候補3頭~

Pocket

今回は阪急杯2019予想:最終追い切り・調教分析~絶対に押さえておきたい穴候補3頭~を中心とした記事を書いていきます。

高松宮記念の前哨戦として注目を集める阪急杯。

しかし、1400mという距離からスプリンターvsマイラーという構図で難解な一戦になるレース。

人気は阪神カップ1着ダイアナヘイロー2着ミスターメロディが分け合うことになりそうです。

しかしそれ以下も大混戦。

マイル路線からロジクライや3連勝で勝ち上がってきた上がり馬エントシャイデン。

スプリント路線からレッツゴードンキ・ダイメイフジなどなど多彩なメンバーが顔を揃えました。

重賞タイトルを獲得するのはどの馬になるでしょうか。

それでは、阪急杯2019予想:最終追い切り・調教分析~絶対に押さえておきたい穴候補3頭~に入っていきましょう。

メールアドレスだけで予想が届く!

特徴はただ1つ!

とにかくシンプルな

〝1点勝負馬券〟

好配当を狙い撃つチャンスは☟こちら☟

表に出ることがない関係者の生の声、すなわち〝本音〟を入手できるからこその穴情報。

今年の参戦予定馬にはスワーヴリチャード、ディアドラ、ステルヴィオ、エポカドーロ、ラッキーライラックなどGI馬の名前がズラリ。

ただ、留意しておかねばならないのは、多くの陣営にとって、ココはあくまでも〝前哨戦〟であるということ。

GI馬を始め、既に賞金を持っている実績馬にとって、あくまでも目標はこの先で、前哨戦の結果に拘る必要はないレース。

しかし、公正競馬を謳う以上、レースに出走するからには「ココは叩き台で次が勝負」「結果には拘っていない」という本音を、公に伝えるわけにはいかない。

中山記念でも、既にマスコミが報じることのない内部情報を入手。
高配当馬券の使者となり得る【激走穴馬】の存在も既にマーク済み。

本来であればこういった情報を無料で公開することは容易ではないのですが、

今回は特別に中山記念【◎-穴・1点馬券】を、当社を初めてご利用される方に限り無料公開することが決定。

この機会に是非【激走穴馬】情報を手に入れてみてください。

【阪急杯2019予想】最終追い切り・調教分析

 

まずは確定した枠順配置を確認しておきましょう。

阪急杯 枠順配置

 1- 1レッツゴードンキ  牝7 岩田康誠
 1- 2ヤングマンパワー  牡7 池添謙一
 2- 3ロジクライ     牡6 横山典弘
 2- 4タイムトリップ   牡5 浜中俊
 3- 5ラインスピリット  牡8 森一馬
 3- 6スターオブペルシャ セ6 杉原誠人
 4- 7リライアブルエース 牡6 松山弘平
 4- 8コウエイタケル   牡8 小牧太
 5- 9ダイメイフジ    牡5 和田竜二
 5-10アドマイヤゴッド  牡7 北村友一
 6-11ロードクエスト   牡6 川田将雅
 6-12リョーノテソーロ  牡4 幸英明
 7-13トウショウピスト  牡7 古川吉洋
 7-14ダイアナヘイロー  牝6 武豊
 7-15ヒルノデイバロー  牡8 四位洋文
 8-16ミスターメロディ  牡4 福永祐一
 8-17スマートオーディン 牡6 藤岡佑介
 8-18エントシャイデン  牡4 坂井瑠星

阪神芝1400m

2コーナー付近からスタートするコースで、最初のコーナーまでの距離が長く枠順による有利不利は少ないコースです。

芝の短距離戦ということでスローペースになることはほとんどない舞台。

ミドルペース以上~ハイペースになることが多く、最後の直線には急坂が待ち構えるので差しも利きやすいコースです。

しかし、直線が短いので最後方からの追い込みは届かない、ということは覚えておかなければなりません。

軸選定は先行馬or差し馬から選ぶのがベターでしょう。

 

各追い切り場の馬場状態

続いて、各追い切り場の馬場状態を考察していきます。

時計が出やすい〝A>B>C〟時計がでにくい

3段階評価でまとめていきます。

《栗東CW 重馬場》【B】

当週1番時計 クリノヤマトノオー(古馬オープン)

和田竜 栗CW 重 78.8 64.2 50.2 36.9 12.5【5】一杯

馬場が重くなったことにより先週に比べると時計は出にくくなっている印象です。

それでも一気に重たくなったわけではなく、重馬場にしては時計はそれなりに出ているかなという感じ。

重馬場が得意な馬や力のある馬なら時計は出せる馬場。

水準通りの時計の出方という感じですね。

 

《栗東坂路 重馬場》【B】

当週1番時計 タイセイプライド(古馬オープン)

助手 栗坂 重 48.9 36.3 24.7 12.8 強め

元々坂路で時計は出る馬ですが、破格の超時計を叩いたのはこの馬。

しかし、これに続く馬は全て50秒台とこの馬だけ抜けて速かったということ。

先週は好時計が連発する馬場であったので、それに比べれば重馬場の分時計は出にくくなっている印象です。

それでも水準以上の時計が出ている馬が多く、全体時計はあまり当てにならないかなと。

それよりも気にするべきは4ハロン目に最速になる加速ラップを踏まえているかに注目。

スピードに長けた馬はこれが最低基準になる馬場という感じ。

 

《美浦南W 稍重~重馬場》【B】

当週1番時計 ペイシャニンフ(3歳未勝利)

助手 美南W 重 79.6 64.6 49.8 36.9 14.1【3】強め

スタートから飛ばした分ラストは垂れていますね。

未勝利馬でも飛ばせば全体としては時計を出せる馬場ということですね。

馬場が重くなった分、全体にラスト1ハロンの時計が掛かっている印象で、加速ラップでまとめることは困難な馬場。

この馬場で加速ラップを踏めている馬がいれば、要注目ということになるでしょう。

 

《美浦坂路 稍重馬場》【B】

当週1番時計 レジーナフォルテ(古馬オープン)

助手 美坂 稍 51.0 37.7 24.9 12.8 強め

51秒台の馬が14頭と、力があればいつも通りの時計が出せる馬場。

稍重表記ですが、先週と比べてもさほど変わりない馬場と考えて良さそうです。

坂路なりのタフな馬場でラスト1ハロン時計を要す馬が数多く、加速ラップを踏める馬は入りがかなりゆったり入っている馬ですね。

52秒台~12秒前半の加速ラップでまとめられている馬がいれば、素直に評価して良いでしょう。

 

最終追い切り・調教分析

それでは、有力各馬の最終追い切り・調教を見ていきます。

レッツゴードンキ

川須 栗坂 重 51.6 36.9 23.7 11.8 強め

いつも通り、いや、いつも以上に丹念に乗り込まれています。

total18本の追い切りを消化しています。

元々は前週のフェブラリーステークスを目指していたようなので、これだけの乗り込み量になったのでしょう。

フェブラリーステークスを回避した理由はイマイチ分かりかねますが、もしこちらの方がメンバー的にチャンスありと見てのレース変更なら面白いですよね。

追い切り過程として、1週前追い切り一杯に負荷を掛けて最終追い切りでは終い重点というこれまで通りの追い切り過程を踏んています。

1週前には坂路50.1秒の好時計を叩いていますが、これはこの馬ならこれくらい出て当然の水準なのであまり評価対象にならず。

最終追い切りも51.6秒とこの馬なりの水準。

しかし、ラップがかなりの高水準14.7-13.2-11.9-11.8。

ラスト2ハロン11秒台というハイラップは秀逸の一言。

当週ラスト2ハロン11秒台でまとめたのは4頭。

それだけでもこの時計の高水準さが伝わると思います。

このハイラップを叩ける馬ではありますが、年齢による衰えが懸念されるところでこの時計を叩いてきたことは、衰えはないというプラス材料に捉えることが出来ますね。

 

ロジクライ

藤井 栗坂 重 51.7 37.4 24.6 12.5 馬なり

アドマイヤゴッド(古馬オープン)0.1秒追走同入

キリのため、映像は終いだけしか映っていませんでしたが、楽な手応えのままフィニッシュという感じ。

これくらい楽な手応えでも坂路では時計を出せる馬ですから、これだけで高評価とするには材料としては弱いかな、という感じ。

1週前追い切りでは坂路49.6秒の猛時計を叩いています。

これも時計が出やすい馬場+ジョッキー騎乗であることをは加味しないといけないものの、速い時計であることに変わりないですね。

1週前追い切り超好時計⇒最終追い切り好時計というのはこの馬の好走パターン。

いつも通り坂路でじっくり乗り込まれており、デキ自体は良さそうです。

 

スターオブペルシャ

杉原 美南W 重 52.9 39.1 12.7【7】馬なり

フラットレー(古馬500万)1.0秒追走同入

藤沢厩舎なりの馬なり主体の調整。

その中でも併せ馬でしっかり負荷を掛けられていますし、ジョッキー騎乗で調整としては順調という印象です。

藤沢厩舎はウッド+馬なり主体という追い切り過程で追い切りを消化してくるので、調子の上下が分かりにくいですね( ̄▽ ̄;)

1週前追い切りウッド半マイル追い⇒最終追い切りウッド半マイル追いという追い切り過程は、3走前の信越ステークス同じ仕上げパターン。

仕上がりに抜かりなしといった雰囲気ですね。

 

ダイアナヘイロー

助手 栗坂 重 53.8 39.3 25.6 12.8 馬なり

近2戦と同じく1週前追い切りウッド追い⇒最終坂路仕上げという調整過程。

追い切り過程としては特に問題なさそうですが、気になるところも。

近2戦と比べると、ラスト1ハロンで一番時計を要す内容となっています。

それなりに時計が出せる馬場状態で、この尻すぼみラップは気になるところ。

全体を通しては、ラスト2ハロン12.8-12.8の持続ラップにはなっていますが、入りのラップも近2戦で一番ゆっくりになっています。

それでいてのラスト持続ラップは最低限という感じで、内容としてはこの馬なりの最低限という内容になっており、デキ落ちが懸念される場面ですね。

 

ミスターメロディ

福永 栗CW 重 キリ 11.6 馬なり

前走の追い切り過程は、2週前ウッド追い⇒1週前ウッド追い⇒最終坂路追い。

今走の追い切り過程は、2週前坂路追い⇒1週前ウッド追い⇒最終ウッド追い。

前走の追い切り過程で結果が出たにもかかわらず、追い切り過程を変更してきました。

しかし、この追い切り過程の変更はプラスに捉えられます。

それはなぜか。

この追い切り過程はNHKマイルカップで見せたメイチ仕上げと同じ追い切りパターンだからです。

前走2着で賞金加算できたとはいえ、GⅠを狙うにはしっかり賞金加算しておきたい立場であることに変わりなさそう。

というところで、MAXとは言わずとも、8割~9割仕上げでレースに臨んできそうです。

 

夢を叶える3大コンテンツを無料で公開

◆利用者10万人の競馬指数 <うまコラボ>◆

どんな競馬予想にも活用できる
圧倒的精度を誇る競馬指数。

▼近走的中実績の一部がこちら▼

的中事例『東京9R 日野特別』

的中事例『東京12R 3歳上500万』

的中事例『阪神7R 3歳上500万』

これら全てが無料情報での的中実績!

『うまとみらいと』のコンテンツは
全て【無料情報を公開】しています。

無料=無価値ではありません。

有料情報と完全に同レベルの情報です。

リスクなしで、

プロ予想家、他の競馬予想サイトを
凌駕する予想を受け取る事が可能!

是非この機会に無料情報をお受け取り下さい!

⇒ 無料情報はこちら

まとめ 絶対押さえておきたい穴候補3頭

追い切り内容からはミスターメロディは外せない人気馬になりそうです。

やはりこのメイチ仕上げ漂う追い切り過程は目を引きます。

前走結果を残した追い切り過程を変更してレースに挑んできて恥ずかしい競馬はできないでしょう。

逆に追い切り内容から評価を下げたい人気馬はダイアナヘイローですね。

追い切り過程はこれまで通りで特に嫌うところはないですが、やはり最終坂路追い切りでの尻すぼみラップは気になるところ。

追い切り過程からはデキ落ちが懸念されます。

そして近2戦11人気⇒11人気ときて、想定2人気というのはやりすぎな気も、、、

この後追いはどうも罠な気がします。

これは個人的な感情ですがww

 

それでは最後に、絶対に抑えておきたい穴候補3頭をランキングに載せておきます。

この馬⇒ 人気ブログランキングへ

穴候補1 ロードクエスト

川田 栗CW 重 キリ 12.3 G前気合

アラスカノオーロラ(古馬500万)0.4秒先着

これまで早めに栗東入りしたレースは2016年マイルCS・2018年スワンステークス。

2018年マイルCSはスワンステークスからそのまま滞在競馬。

ここでの栗東早め栗東入りはこのレースに向けての意欲を感じますね。

内容はキリで確認できない為、分からない部分があるものの、この〝早め栗東入り〟という意欲は買い材料。

 

穴候補2 エントシャイデン

坂井瑠 栗CW 重 85.1 67.5 52.1 37.6 12.2【4】一杯

この3連勝の内、近2連勝は1週前ウッド追い⇒最終ウッド追い仕上げで勝ち上がってきました。

この追い切り過程変更がこの馬の本格化を裏付けるポイントであります。

これまでは、プール調整や坂路追いを挟んでイマイチ一貫性のない追い切りが続いていました。

新馬戦から1週前ウッド追い⇒最終追いウッド仕上げは【3-0-1-1】という成績になっており、これが好走パターン。

今走もその追い切り過程になっており、追い切り内容に関しては申し分ナシ。

 

穴候補3 スマートオーディン

藤岡佑 栗坂 重 51.7 37.2 24.3 12.2 末強め

キロハナ(古馬1600万)0.8秒追走0.1秒先着

本当はウッド追いを取り入れてくるようになれば、買いたい馬。

ですが、そろそろ人気も底値で10人気以下になりそうなここは十分狙える。

坂路では良い動きを見せていますし、レースにいっても走る気を失くしているわけではない。

むしろ行きたがって掛かる面を見せていることから距離短縮がハマる可能性も。

前走は着順こそ10着と見栄えは悪いですが、上がり最速で勝ち馬とは0.4秒差。

ここも折り合いが付けば十分一発ある。

 

【本当に儲かる次世代競馬サイトです】

「競馬情報サイトって怪しいところが多い」これは紛れもない事実です。
しかし、重要なのはどのようなサイトでも「きっちりと予想が当たること」

今回、ご紹介する『みんなの万馬券』というサイトの特徴は極めてシンプル。
とにかく当たる!!
そもそも競馬サイトにそれ以外の特徴って必要ですか?

みんなの万馬券では独自ルートから

当たる予想を提供を提供しています。

このサイトのコンセプトは「すぐ稼げる、すぐ収入アップ」です。
まずは、この無料情報でこのサイトの実力を確認してみてください!

>>無料情報をチェック<<







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。