【阪神ジュベナイルフィリーズ2018予想】過去傾向・データ分析

Pocket

今回は阪神ジュベナイルフィリーズ2018予想:過去傾向・データ分析を中心とした記事を書いていきます。

この阪神JFは2歳女王決定戦であり、また翌年の牝馬3冠へ向けても重要な一戦であります。

昨年の勝ち馬ラッキーライラックは、桜花賞2着・オークス3着とアーモンドアイにこそ敗れはしましたが、クラシック戦線上位の活躍を見せました。

それ以前も、2016年優勝馬ソウルスターリングは翌年オークス制覇、2015年優勝馬メジャーエンブレムは翌年NHKマイルカップを制覇。

さらにそれ以前の優勝馬には、ウオッカ・トールポピー・ブエナビスタ・アパパネなどが名を連ね、翌年のクラシック戦線でも活躍を見せてきました。

この一戦でなく、今後に向けても要注目の一戦。

今回は過去傾向・データから好走馬をピックアップしていきます。

それでは、阪神ジュベナイルフィリーズ2018予想:過去傾向・データ分析に入っていきましょう。

 

大好評:ライン@

ライン@では、

ブログでは書ききれない好追い切り馬を推奨見解付きで配信しています。

人気馬・穴馬問わず、兎に角追い切りが良い馬をピックアップ。

ライン@実績

11/17・18成績【2-2-1-3】複勝回収値140%

17(土)東京9Rアルドーレ6人気1着単勝1,310円

11/24・25成績【3-0-2-3】複勝回収率123%

25(日)東京8Rサトノキングダム2人気1着単勝410円

追い切り良い=状態が良い

というところでは、能力が足りなくてもデキの良さで好走する馬もいます。

もちろん、能力が高い馬は好走する確率がさらに高まるでしょう。

そういう馬たちを狙い撃ちするのが追い切り予想!

みなさんの予想のプラスαとして、〝追い切り〟を活用してみてください\(^^)/

ライン@では追い切り相談会なるものを開催しており、私と直接やり取りできたりもします。

☟☟友達追加待っています(´▽`*)☟☟

友だち追加

【阪神ジュベナイルフィリーズ2018予想】過去傾向・データ分析

 

それでは、過去傾向・データをまとめていきましょう。

過去10年分のデータとなっています。

枠順傾向

 1枠【3-1-0-16】
 2枠【0-1-3-16】
 3枠【0-1-1-18】
 4枠【1-2-0-17】
 5枠【0-1-2-17】
 6枠【2-2-1-15】
 7枠【2-1-1-26】
 8枠【2-1-2-25】

傾向上、枠順による大きな差は見受けられませんね。

外回りコースで行われる阪神芝1600m。

直線が約474mと長い+勾配が1.5%という急坂を駆け上がることとなります。

その為、まぎれも少ないコースで各馬力を発揮しやすいコースとなっています。

※2015年~2017年 過去3年分阪神芝1600m全成績

 1枠【26-17-22-195】複勝率25.0%
 2枠【16-17-24-214】複勝率21.0%
 3枠【14-21-18-226】複勝率19.0%
 4枠【30-25-17-222】複勝率24.5%
 5枠【22-30-20-243】複勝率22.9%
 6枠【26-25-26-248】複勝率23.7%
 7枠【29-23-26-305】複勝率20.4%
 8枠【19-24-30-340】複勝率17.7%

全体で見ると、8枠のみ好走率が低く出ています。

コース設定的には枠順による不利は無さそうですが、まぁ外を回らされる分だけ少し不利程度に。

開催が進んで内が荒れてくれば逆に外有利になりだすのも、この舞台の傾向としてありますしね。

 

人気傾向

1人気 【4-1-1-4】
2人気 【2-2-0-6】
3人気 【0-2-2-6】
4人気 【1-1-3-5】
5人気 【3-1-0-6】
6~9人気 【0-1-3-36】
10人気以下【0-2-1-87】

上位人気がまずまず安定しているという印象ですね。

5人気位以内【10-7-6-27】複勝率46.0%

勝ち馬は全て5人気以内から。

軸はここから選ぶのがベターでしょう。

単勝オッズ100倍以上【0-0-0-43】

 

所属データ

栗東 【6-5-4-111】複勝率11.9%
美浦 【4-5-6- 39】複勝率27.8%

美浦所属組が優勢傾向にあるレースです。

これは意外な傾向ですね。

関西圏のレースで美浦所属馬が活躍する数少ないレースです。

人気別で見ると新たな傾向が見えてきます。

栗東所属

5人気以内【5-4-3-21】
6人気以下【0-1-1-90】

美浦所属

5人気以内【4-3-3- 6】
6人気以下【0-2-3-33】

美浦所属で5人気以内は複勝率62.5%を誇っており、ここは大注目。

 

脚質傾向

逃げ馬【0-0-0-10】
先行馬【2-2-2-31】
差し馬【7-6-6-59】
追込馬【1-2-2-50】

上がり3ハロン

1位   【5-2-0-5】
2位   【2-2-3-3】
3位   【2-2-3-4】
4位~5位【0-2-2-17】
6位以下 【1-2-2-121】

上がり最速馬:複勝率58.3%

上がり2位馬:複勝率70.0%

上がり3位馬:複勝率63.6%

ラスト直線が長く、坂もあるタフなコース。

上がりの脚の持続力が非常に大事になるレースです。

2歳という若駒で、そのタフなコースを逃げ粘るのは至難という傾向ですね。

前走4コーナー通過順

1番手   【1-1- 0- 16】複勝率11.1%
2~9番手 【9-5-10-102】複勝率19.0%
10番手以下【0-4- 0- 29】複勝率12.1%

前走逃げていた馬や、明らかに後方から進めた馬よりは、中団組優勢。

※2015年~2017年 過去3年分阪神芝1600m全成績

逃げ馬【21-16-14-131】複勝率27.8%
先行馬【72-65-62-467】複勝率29.7%
差し馬【63-71-75-688】複勝率23.5%
追込馬【26-30-32-702】複勝率10.0%

全体を通して見ると、脚質による有利不利はナシ。

展開・馬場状態次第で前も残りますし、後ろからもさせる舞台。

 

前走レース

京王杯2歳S 【0-1-2- 3】
デイリー杯2歳【1-0-0- 3】
アルテミスS 【2-3-1-15】
ファンタジーS【1-2-2-37】

前走クラス

GⅡ  【1-1-2- 6】
GⅢ  【4-6-3-55】
OP特別【1-0-1-17】
500万【2-3-2-46】
未勝利 【1-0-0-11】
新馬  【1-0-2-12】

新馬&未勝利からは僅かながら通用するが、基本的には上級条件から。

特に、出走頭数を加味すると前走アルテミスステークス組が断然の好成績。

前走ファンタジーステークス組は着順によって取り捨て可能となっています。

前走ファンタジーステークス

3着以内【1-2-2-14】
4着以下【0-0-0-23】

4着以下からの好走馬はナシ。

該当馬は、ラブミーファイン1頭のみ。

 

前走オープン特別【1-0-1-19】

好走した2頭は、

2016年1人気1着ソウルスターリング
2011年1人気3着サウンドオブハート

どちらも1人気に推されていました。

前走オープン特別組

当日1人気  【1-0-1- 3】
当日2人気以下【0-0-0-16】

今年の1人気はダノンファンタジーorシェーングランツ。

とすれば、前走オープン特別のクロノジェネシスには厳しいデータ。

 

前走未勝利【1-0-0-11】

唯一の勝利は2008年1人気で勝利したブエナビスタ。

前走未勝利組

当日1人気  【1-0-0- 1】
当日2人気以下【0-0-0-10】

前走未勝利はコルデトゥリーニの1頭のみ該当。

 

前走人気

1人気 【5-5-6-30】
2人気 【3-0-0-21】
3人気 【1-0-0-20】
4人気 【1-1-2-15】
5人気 【0-3-1-16】
6~9人気 【0-1-1-29】
10人気以下【0-0-0-19】

前走5人気以内が中心ですね。

これを細分化してみると、

前走重賞orオープン特別組

前走5人気以内【6-6-5-51】
前走6人気以下【0-1-1-30】

前走6人気以下から好走した2頭は、

2014年4人気3着ココロノアイ
2011年8人気2着アイムユアーズ

どちらも重賞勝ちがありました。

今年このマイナスデータに該当するのは、

アフランシール・メイショウショウブ

この2頭。

シェーングランツは前走6人気以下ですが、重賞勝ちがあります。

 

前走500万or未勝利or新馬組

前走1人気  【3-2-3-19】
前走2人気以下【1-1-1-50】

この組は前走1人気が中心。

2人気以下から馬券に絡んだ3頭は、

2013年8人気3着フォーエバーモア
前走サフラン賞(500万下)4人気1着

2012年15人気2着クロフネサプライズ
前走りんどう賞(500万下)5人気1着

2009年2人気1着アパパネ
前走赤松賞(500万下)3人気1着

後に、重賞勝ちしており、この時点では能力がバレていなかったと見るのが自然ですね。

今年はこのような馬がいるか。

このマイナスデータに該当する馬は、

エイシンゾーン・ジョディー・スタークォーツ・タニノミッション・プールヴィル・レッドアネモス・レディードリー・ローゼンクリーガー

 

前走着順

1着 【8-6-6-74】
2着 【2-2-2-15】
3着 【0-1-1- 6】
4着 【0-0-1-12】
5着 【0-1-0- 8】
6着~9着【0-0-0-24】
10着以下【0-0-0-11】

前走5着以内が必須。

基本的には前走2着以内はの馬から馬券を組むのがベターでしょう。

前走500万or未勝利or新馬組

前走1着  【4-3-4-50】
前走2着以下【0-0-0-19】

下級条件からは1着が必須ですね。

エイシンゾーン・レディードリー

この2頭は前走500万下2着以下。

 

種牡馬成績

※直近3年分 阪神芝1600m全成績

バゴ       【2-5-0- 9】複勝率43.8%
ヴィクトワールピサ【2-7-7-30】複勝率34.8%
ディープインパクト【29-28-27-175】複勝率32.4%
ダイワメジャー  【10-9-11-94】複勝率24.2%
クロフネ     【3-1-3-28】複勝率20.0%

出走頭数を考えれば、ディープインパクト産駒が好成績を残しています。

イメージ通りマイルは得意、ということでOK。

このレース単体で見ても【2-1-2-10】複勝率33.3%

という、好成績。

それ以外の注目は、バゴ産駒&ヴィクトワールピサ産駒。

特にバゴ産駒のイメージは全くありませんでしたが、複勝率43.8%という超好成績となっています。

バゴ産駒

クロノジェネシス

ヴィクトワールピサ産駒

エールヴォア・レッドアネモス

ディープインパクト産駒

シェーングランツ・ダノンファンタジー

 

騎手成績

※直近3年分 阪神芝1600m全成績

福永祐一【12- 9-11-45】複勝率41.6%
浜中俊 【 9- 4- 8-38】複勝率35.6%
武豊  【 5-13- 5-48】複勝率32.4%
北村友一【 3- 4- 6-34】複勝率27.7%
池添謙一【 5-11- 5-58】複勝率26.6%

これは、馬質もあるので一概には言えない部分がありますが、、、

この騎手たちが好成績を残しています。

近年は恒例となっている、阪神JFと同日に行われる香港国際競争。

これに騎乗する為に、阪神JF週は有力ジョッキーが不在になります。

その為、デム・ルメ・川田さんの名前は載せていません。

この週に限っては、若手にもチャンスありですね!

福永祐一×ビーチサンバ

浜中俊×タニノミッション

武豊×シェーングランツ

北村友一×クロノジェネシス

池添謙一×メイショウショウブ

 

阪神ジュベナイルフィリーズ2018 まとめ

2歳牝馬の戦いということで能力比較が難しい一戦。

ですが、データからはハッキリとした傾向もあり、データから攻めるのもありなレースかもしれませんね。

先ほども述べましたが、近年は恒例となっている、阪神JFと同日に行われる香港国際競争。

その為、デム・ルメ・川田さんという秋GⅠを席巻している有力ジョッキーが不在になります。

これは若手のチャンスでもありますし、いつもとは違ったレースが期待できそうな一戦ですね。

そして、秋華賞から続くGⅠ外国人ジョッキー連勝もようやく止まりそう、、、

とか言っておきながら、ダノンファンタジー×Cデムーロさんが勝ったら笑いますがww

最後に付け加え特注データ

生産:ノーザンファーム【7-5-2-24】
生産:社台ファーム  【2-1-0-15】

まぁ、最近は毎度この生産の名前が出ますよね。

〝ノーザンの運動会〟という言葉も出回るくらいww

ただ現実、好走率は破格の高さを誇っているので無視はできないでしょう。

 

それでは最後に、データからの推奨馬をランキングに載せておきます。

この馬⇒ 人気ブログランキングへ(クロノジェネシス)

特注データ

馬主サンデーレーシング×当日5人気以内【5-1-1-5】複勝率58.3%

これに該当する馬がいます。

一部マイナスデータにも引っ掛かっていますが、この特注データをプラス評価としてこの馬をチョイス(ノ≧ڡ≦)

 

『元JRA厩務員「笹原正行」監修』

元JRA関係者だからできる情報を提供

そしてすごいのは、その無料情報が初回だけでなく
半永久的に「関係者情報」を提供してくれること!!

無料でここまでしてくれるサイトは他にないでしょう。

そして何と言っても、このサイトの魅力はシンプルに
『とにかく当たること』

【12/2中京11Rチャンピオンズカップ】

<<3連単6点で大的中!>>

26万6800円を払い戻し!

こんな嘘みたいなホントの話があるんですww

無料でこの情報が手に入るなら損はないですよ!!

>>元厩務員無料情報を入手<<

そして最後に、、、
サポートも手厚いことを付け加えておきます(^^)/