【阪神ジュベナイルフィリーズ2018予想】1週前追い切り・調教分析

Pocket

今回は阪神ジュベナイルフィリーズ2018予想:1週前追い切り・調教分析を中心とした記事を書いていきます。

競走名の「ジュベナイル(Juvenile)」は、英語で「少年」「少女」を意味しています。

また、「フィリー(Filly)」は「牝馬(特に4歳までの牝馬)」を表しています。

※Wikipedia引用

ジュベナイルフィリーズって長い名前だなー、、、と思っていたらちゃんと意味があったんですねww

さて、本題。

2歳牝馬No.1と目されているグランアレグリアが朝日杯FSに向かうことになりました。

その為、新馬戦でグランアレグリアに食い下がり、その後2連勝中のダノンファンタジーが人気に推されるか。

前走アルテミスステークスで素晴らしい末脚を発揮したシェーングランツにも注目ですね。

それでは、阪神ジュベナイルフィリーズ2018予想:1週前追い切り・調教分析に入っていきましょう。

 

大好評:ライン@

ライン@では、

ブログでは書ききれない好追い切り馬を推奨見解付きで配信しています。

人気馬・穴馬問わず、兎に角追い切りが良い馬をピックアップ。

ライン@実績

11/17・18成績【2-2-1-3】複勝回収値140%

17(土)東京9Rアルドーレ6人気1着単勝1,310円

11/24・25成績【3-0-2-3】複勝回収率123%

25(日)東京8Rサトノキングダム2人気1着単勝410円

追い切り良い=状態が良い

というところでは、能力が足りなくてもデキの良さで好走する馬もいます。

もちろん、能力が高い馬は好走する確率がさらに高まるでしょう。

そういう馬たちを狙い撃ちするのが追い切り予想!

みなさんの予想のプラスαとして、〝追い切り〟を活用してみてください\(^^)/

ライン@では追い切り相談会なるものを開催しており、私と直接やり取りできたりもします。

☟☟友達追加待っています(´▽`*)☟☟

友だち追加

【阪神ジュベナイルフィリーズ2018予想】1週前追い切り・調教分析

 

まずは登録馬を確認しておきましょう。

阪神ジュベナイルフィリーズ 登録馬
※騎手は現時点の想定

アフランシール   高倉稜
ウインゼノビア   松若風馬
エイシンゾーン   田中学
エールヴォア    ??
クロノジェネシス  北村友一
グレイシア     田辺裕信
コルデトゥリーニ  太宰啓介
サヴォワールエメ  藤岡康太
シェーングランツ  武豊
ジョディー     四位洋文
スタークォーツ   荻野極
タニノミッション  浜中俊
ダノンファンタジー Cデムーロ
トロシュナ     北村宏司
ビーチサンバ    福永祐一
プールヴィル    秋山真一郎
ベルスール     アヴドゥラ
メイショウケイメイ 古川吉洋
メイショウショウブ 池添謙一
ラブミーファイン  丸山元気
レッドアネモス   戸崎圭太
レディードリー   ??
ローゼンクリーガー 藤岡佑介

フルゲートは18頭に23頭が登録。

現段階で収得賞金900万円以上の15頭は出走が可能。

収得賞金400万円の8頭中、3頭が抽選により出走が可能となっています。

抽選対象は、

アフランシール
エイシンゾーン
エールヴォア
コルデトゥリーニ
サヴォワールエメ
タニノミッション
トロシュナ
レディードリー

となっています。

続いて現時点の予想オッズを確認しておきましょう。

阪神ジュベナイルフィリーズ 予想オッズ

1 ダノンファンタジー 2.4
2 シェーングランツ  2.6
3 クロノジェネシス  6.6
4 ビーチサンバ    7.6
5 レッドアネモス   15.9
6 タニノミッション  20.6
7 グレイシア     29.3
8 メイショウショウブ 33.8

ここまでが上位に推されそうな馬たちです。

オッズ構成的にはダノンファンタジーシェーングランツの2強オッズ。

重賞勝ち馬で、その勝ち方も申し分ない2騎。

当然の2強という雰囲気ですね。

続くのは、クロノジェネシスビーチサンバ

こちらは上位2頭のような派手さはなくとも、レースセンスに溢れた2騎。

前々から速い上がりでまとまれ、まとめて負かす力のある馬たちですね。

それ以下は、2戦2勝のレッドアネモスやアルテミスステークス1人気に推されたグレイシア。

デイリー杯2歳Sで牡馬相手に接戦の2着だったメイショウショウブなどが続きます。

抽選対象では、新馬勝ちしたばかりの超名牝ウオッカの娘タニノミッション

まだ新馬勝ちしたのみで上位勢との力関係がどうかも、出走が叶えば大注目の一頭ですね。

というところで、まずは1週前段階の追い切り過程を見ていきます。

それでは、有力各馬の1週前追い切り・調教を確認していきましょう。

 

利益直結高精度〝的中タイムズ〟

会員限定情報があなたの馬券を変える!
券種適材適所で増やす!資金5倍計画!

無料で土曜1鞍厳選買い目を永久配信!

さらに〝今〟ご登録の方だけに!!

【3連複勝負馬券】の厳選勝負情報
これを推奨コメント付きで完全無料でご提供!

⇒ 無料登録はこちら

更に!更に!今なら無料登録で
【5000円】分のポイントをプレゼント!
期間限定でもらえるポイント。登録するなら今がお得です!

 

ダノンファンタジー

Cデムーロ 栗CW 良 82.5 64.8 50.8 37.4 12.2【7】馬なり

ゼンノワスレガタミ(古馬1000万)0.9秒追走クビ先着

大トビでダイナミックなフォームが目に付きます。

道中ハミを噛みつつも、押さえは利いており、追い出せばいつでも弾けられそうな雰囲気。

直線馬なりのまま僚馬に並びかけると、手応えでは歴然の差。

相手は目一杯に追い、こちらは馬なり。

それでもスッと先着し、動きは文句なし。

時計の水準としても2歳馬としては相当高水準。

さらに2週前坂路で追い切りを施されていますが、これも過去3戦の水準と比べると断然。

ここまでの追い切り過程は申し分なしですね。

最終追い切りは馬なりで仕上がるでしょう。

ここまで3戦2勝で、新馬戦で唯一先着を許したのは、世代No.1の可能性すら秘めるグランアレグリア。

その後の2戦は危なげなく勝利し、ファンタジーステークスで晴れて重賞馬に。

レース後は川田さん・中内田調教師ともに『マイルを見据えたレースをした』と発言しています。

ここに向けての課題はクリアして、態勢は整ったと言えそうです。

グランアレグリアのいないここは当然主役を張れる器ですね。

 

シェーングランツ

木幡育 美南P 良 キリ 馬なり

トレクァルティスタ(古馬1600万)同入

キリの為、何も見えず。

1週前追い切り評価ナシ。

藤沢厩舎の馬にしては珍しく、乗り込んで乗り込んでレースに向かうタイプ。

初戦は13本。

3戦目は18本の追い切りをこなしています。

ここは間隔が短いのでここまで4本。

それでも、藤沢厩舎という事を考えれば多いかな、という印象。

1つ気になるのは、これまでポリトラック追いをしていないにも関わらず、ここでポリトラック追いを取り入れてきたこと。

これは中間の厩舎コメントを確認して判断したいところ。

個人的にはいきなりのポリトラック追いはマイナス材料として捉えたいところです。

あとは最終追い切りにも注目ですね。

この馬はここまで3戦を消化していますが、

初戦:出遅れ⇒2戦目:ゲートこそ5分に出たものの行き脚付かず後方からの競馬⇒3戦目:アルテミスステークスは出遅れ

という内容で、後方から競馬を余儀なくされています。

好き好んで後方からの競馬を選択しているのではなく、しょうがなく後方からの競馬になっているということですね。

まぁ、末脚の爆発力は申し分ないので、スタート出ても差し競馬をするでしょうがww

前走後の武豊さんからのコメントでも、『ゲートの出は良くなくて、自分から進んで行かなかったです。』という発言がありました。

やはり、ここに付け入るスキはありそうです。

直線に入ってエンジンがかかってからの加速は素晴らしい。

これは間違いないですが、エンジンがかからなかった場合は後方でなにもできず終わるということもあるのでは。

初戦がまさにそんな感じで5着に負けていますからね。

果たして、、、

 

クロノジェネシス

北村友 栗CW 良 98.3 81.4 65.1 51.3 37.9 12.0【5】馬なり

レイナブローニュ(2歳未勝利)1.4秒追走先着

長めを追われて、ラストまで脚色衰えない好内容。

意欲的な追い切りですね。

我慢も利いており、促されてからの反応は抜群という印象です。

時計の水準としても申し分なし。

馬体の線が細く、これだけ間隔を空けてもまだ戻っていないというのは気になるところ。

レースにいってさらに痩せ細っているようなら心配材料ですね。

そういうところで、最終追い切りが超軽めでまとめてくるようなら馬体維持に精一杯という感じも受けますね。

最低限時計は出してほしいところ。

この馬の長所は前受けから速い上がりでまとめられること。

センスが良いとも言い換えられますね。

だからこそ、小倉1800m⇒東京1800mという全く適性の違うレースをあっさりクリアしたのでしょう。

スローからの瞬発戦になったというところでは、この馬向きの展開になったとも言えますが。

ペースが速くなって上がりが掛かるような展開になったときの不安は残りますが、2歳の間はその心配は無用でしょう。

特に初戦はの内容が素晴らしく、ラスト4ハロン12.5-12.2-11.5-11.1という加速ラップを上がり最速で2馬身チギりました。

これはなかなかできる芸当ではないですよね。

この2戦ともに相手関係が弱かった感が否めないのでここが試金石になりますが、十分好勝負可能でしょう。

 

ビーチサンバ

福永 栗CW 良 81.1 65.8 50.7 36.9 12.3【6】一杯

サヴォワールエメ(2歳500万)0.7秒追走同入

長めを追われて好時計。

折り合いも付いており、直線はしっかり負荷を掛けられています。

2週前追い切りでも長めを追われて好時計を叩いており、ここに向けて仕上がり良好という印象です。

友道厩舎という事を加味すると、最終追い切り坂路馬なりで仕上がり万全でしょう。

前走アルテミスステークスは長距離輸送の影響もあってか、テンションが高い場面も。

レースではギリギリ我慢が利いて、ラストは伸び切り2着を確保。

勝ち馬の末脚には屈したものの、3着馬を1馬身離しており、この馬として出来ることはやった、という印象ですね。

輸送が短くなるここは、落ち着いてレースに臨めそうな一戦。

初戦では同じ阪神マイル戦で33.4秒という瞬発力を見せており、瞬発力では見劣りません。

全兄に2005年朝日杯FS勝ち馬フサイチリシャールがおり、良い意味での早熟性も持っています。

 

阪神ジュベナイルフィリーズ2018 まとめ

有力各馬、どの馬もここまでは順調そのものですね。

2歳戦の大目標ですから当然なのですが(^^;)

今年は、良血馬が勢揃い。

シェーングランツは、半姉に2歳女王&オークス馬のソウルスターリング。

クロノジェネシスは、半姉に今年の紫苑ステークス勝ち馬ノームコア。

ビーチサンバは、全兄に2005年朝日杯FS勝ち馬フサイチリシャール。

という面々。

ダノンファンタジーこそ近親に活躍馬はいないものの、母はアルゼンチンでダートのGⅠを2勝している良血。

出走が叶えば、超名牝ウオッカとの母娘制覇がかかるタニノミッション。

見どころ満載の一戦ですね。

良血馬が制するのか、はたまた雑草魂を見せる馬が現れるのか、、、

 

それでは最後に、1週前段階の注目馬をランキングに載せておきます。

この馬⇒ 人気ブログランキングへ(クロノジェネシス)

いつもなら追い切りから、追い切りNo.1をチョイスするんですが。

好追い切り馬が多く、この段階では甲乙つけがたいので個人的な注目馬をピックアップしておきます。

スローからの瞬発戦&立ち回り力はこのメンバーでも最上位でしょう!

勝ち負けを期待╭( ・ㅂ・)و ̑̑

 

本物の情報だけに拘る〝厳選勝負馬券〟

グリーンチャンネルの元パドック解説者
元ダービーニュース専属トラックマン

「柴崎幸夫」 監修

徹底した情報で馬券的中に繋げるからこそ
絶大な指示を誇るサイトです!

それがHIGH VOLTAGE

一般には出回らない厳選された情報
今ご登録頂くと完全無料で受け取れる!

「阪神JF」
【3連複7点勝負】の厳選勝負情報

⇒ 無料登録はこちら

週二回更新される柴崎さん本人が綴る「柴ブロ」が大人気!

ここの情報だけでも登録する価値があると思いますよ!