【阪神大賞典2018】無料予想と1週前追い切り・調教分析

Pocket

今回は阪神大賞典2018の無料予想と1週前追い切り・調教分析を中心とした記事を書いていきます。

阪神芝3000mで行われるGⅡ戦。

天皇賞春の前哨戦という位置付けですね。

長距離特殊条件ですので、基本頭数は揃わないです。

 

昨年はサトノダイヤモンド・シュヴァルグランの2頭が出走していたので盛り上がりましたが、今年は...なメンバーですねww

人気は前走京都記念でレイデオロ・アルアインのGⅠ馬2頭を負かしたクリンチャーに被ってくるか。

前走は馬場・展開に恵まれた面は否めないが、ここでどういう競馬をしてくるか!?

豊さんへの乗り替わりと共に見ものですね(*´∇`*)

ここでの競馬次第では、シュヴァルグランに次いで天皇賞春の有力候補に躍り出ることになるでしょう。

それでは、阪神大賞典2018の無料予想と1週前追い切り・調教分析に入っていきましょう。

 

 

 

【阪神大賞典2018】無料予想と1週前追い切り・調教分析

 

まずは予想オッズを確認しておきましょう。

阪神大賞典2018 予想オッズ

1 クリンチャー    1.9
2 アルバート     3.3
3 レインボーライン  4.4
4 サトノクロニクル  5.5
5 カレンミロティック 26.4
6 ヤマカツライデン  39.5

人気はクリンチャーに次いでは、アルバート・レインボーライン・サトノクロニクルになってきそうです。

世間の見方はクリンチャーがどういう勝ち方をするか!?その一点でしょう。

とはいえ、ここまで1番人気に押されたことのない馬9戦目にして初の1人気想定。それも単勝1倍台に押されそうな想定。

ギャンブル的には逆張りしたいところではありますが...どういう結果になるでしょうか!?

逆転できそうな状態の良さそうな馬を追い切りから探していきましょう!

それでは、阪神大賞典1週前追い切り・調教分析に入っていきます。

 

クリンチャー

武豊 栗CW 良 78.1 63.4 50.2 27.6 13.1【7】一杯

この馬にしては超好時計。

ベスト時計を大幅に更新してきました。

状態が良いからか、成長度合いがすごいのか...

次走はおそらく天皇賞春になると思うんですが、舞台設定としては次よりはこちらの方が合うのは間違いないでしょう。

長距離の豊さんが乗りへグルこともないでしょうし、有力でしょうね。

 

アルバート

石橋脩 美南W 稍 66.5 51.6 37.3 12.8【5】強め

追い切り内容としては上々の内容。

状態不安から海外遠征を取りやめてここに出走してくるようですが、追い切り内容からは全く問題なしという感じ。

意外にも阪神大賞典は初出走になりますが、ステイヤーズステークスを3連覇したように、スタミナは超豊富。

7歳という年齢からも、今さらGⅠメイチというよりは獲れるとこを獲ろう精神が見え隠れしますね。

そういう意味では他の若馬たちよりはここに懸ける意気込みは高いのでは!?と読み取ります。

 

レインボーライン

助手 栗坂 稍 51.0 37.5 25.1 12.8 叩き一杯

これは素直に好時計ですね。

追い切り評価としては好評価です。

玄人人気しそうなこの馬。

確かにクリンチャー・アルバートの評価を下げるならここから入るのしかないのでは!?というメンバー構成ですしね。

ただね...この馬の戦績を見返すと3歳時のマイル重賞の勝ち馬で、NHKマイルカップ3着・札幌記念3着・天皇賞秋3着と、実はマイル~2000mで好成績を残しています。

菊花賞2着していますが、その菊花賞は1着サトノダイヤモンド・3着エアスピネル・4着ディーマジェスティと長距離適性は問われない結果となっていました。

実は距離長いのでは?という不安は残しています。

血統面からはなんの問題も無いでしょうが...

 

サトノクロニクル

川田 栗CW 良 81.4 67.1 52.7 39.1 11.5【7】一杯

ほぼベストに近い好時計を叩いてきました。

仕上がり具合としては、ここに向けて十分仕上がっていそうです。

あとは能力が足りるか、と距離がどうか、ですね。

個人的には両方不向きな感じはします。

チャレンジカップの勝ち馬ですが、2着はどう考えても能力落ちしたデニムアンドルビー・3着は先日の金鯱賞で太刀打ち出来なかったブレスジャーニー。

ということでメンバーレベルに疑問が残る相手に辛勝。

距離に関しては極悪馬場の菊花賞なので参考にならないかもしれませんが、あの一戦を見る限り長距離適性は見受けられませんでした。

ここはメンツがメンツなので好走するかもですが、現時点では軽視したいという評価になりますね。

 

カレンミロティック

助手 栗CW 良 81.9 66.3 52.2 38.6 12.9【4】一杯

長めを追われて上々の時計を計時してきました。

未勝利の僚馬を最後かわせなかったですが2秒追い掛けての内容ですから悲観することもないでしょう。

10歳馬になりますし、走ればラッキーくらいのスタンスは否めない。

しかし追い切りは動いていますし、2走前のアルゼンチン共和国杯では見せ場を作る走りを見せていました。

急激な能力落ちは今のところ見受けられないので、展開次第でワンチャンあっても。

 

阪神大賞典2018 まとめ

全体的に追い切りが良い馬が多いです。

特に有力馬は全て上々の内容。

追い切りからこれは軽視!と言える馬はいないかな、という印象でした。

こうなってくると能力比較が大事になってくるでしょう。

 

それでは最後に、現時点での穴候補をランキングに載せておきます。

この馬⇒ 人気ブログランキングへ(ヤマカツライデン)

松山 栗CW 良 79.8 65.8 51.7 38.8 12.0【7】強め

追い切り内容としては上々の内容。

とは言っても毎度毎度追い切りは動いているのですがww

普通に予想すればガチガチ決着しか想定できないこのレース。

ワンチャン荒れるとすれば前残りパターンか!?

先日行われた金鯱賞もそうでしたよね。

サトノノブレスさんは実績の割りに舐められすぎていた感はありますが...

実績のある前残り馬といえばカレンミロティックなんですが、さすがに10歳ではしんどいかなと。

まず間違いなく逃げてくれるでしょうし、大逃げでワンチャンないかな!?という淡い期待を抱いてます(*´ω`*)

 

⇓⇓⇓ Twitterもよろしくです ⇓⇓⇓

 

 

―【PR】――――――――――――――
最先端の情報分析!本物の投資競馬!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━

得意分野を追求した予想のプロ集団!

究極の情報を無料公開!!

【阪神大賞典】

更に、只今ご登録頂くと、

土曜・日曜(各一鞍)厳選された
『3連単+3連複』情報を
毎週末・完全無料【¥0円】でご提供。

>>無料予想を受取る<<

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

■近走的中実績の一部がこちら!

02/25・阪神11R    32万1600円的中
02/25・阪神07R    73万5300円的中
02/25・中山03R    89万3900円的中
02/12・東京12R    19万1900円的中
02/11・東京07R    398万7200円的中
01/28・東京09R    39万5000円的中
01/28・東京05R    15万2200円的中
01/28・東京03R    15万5700円的中

その他の的中実績はこちら!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今週の勝負レースは【阪神大賞典】
その他勝負レースも無料配信!!

▼ハイブリッド 無料登録はこちら▼