【阪神大賞典2019予想】最終追い切り・調教分析~注目の穴馬を発見!~

Pocket

今回は阪神大賞典2019予想:最終追い切り・調教分析~注目の穴馬を発見!~を中心とした記事を書いていきます。

天皇賞春に向けての前哨戦の位置付けにあるレースで、現役屈指のステイヤーが集まる阪神大賞典。

今年人気を集めるのは前走約1年ぶりのレースを復活の勝利で飾ったシャケトラ。

しかし、約1年ぶりのレースで激走した反動も気になるところで、2走ポカがないとも限らない。

例年であれば4歳&5歳馬が圧倒的に強いレースですが、今年は4歳&5歳馬の出走がゼロということで混戦模様。

天皇賞春へ向けて主役候補に名乗りを挙げるのはどの馬になるか!?

追い切り観点から検討していきます。

それでは、阪神大賞典2019予想:最終追い切り・調教分析~注目の穴馬を発見!~に入っていきましょう。

騎手・調教師・馬主・生産関係者と太いパイプを持ち、公にはならない裏情報を入手できる競馬セブンだからこその極秘情報。

叩き台で使う陣営、ココが目イチ勝負の陣営など、勝負度合いは明白。

競馬セブンでは厩舎・騎手・馬主・生産各方面から各陣営の本音話を独占入手済です。

各陣営の思惑を知っている競馬セブンに買っていい、買ってはいけないのジャッジはお任せ!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

【阪神大賞典2019予想】最終追い切り・調教分析

 

まずは確定した枠順配置を確認しておきましょう。

阪神大賞典 枠順配置

 1- 1ロードヴァンドール 牡6 横山典弘
 2- 2リッジマン     牡6 蛯名正義
 3- 3ケントオー     牡7 幸英明
 4- 4ステイインシアトル 牡8 浜中俊
 5- 5サイモンラムセス  牡9 小牧太
 6- 6ソールインパクト  牡7 福永祐一
 6- 7カフジプリンス   牡6 中谷雄太
 7- 8ヴォージュ     牡6 和田竜二
 7- 9アドマイヤエイカン 牡6 岩田康誠
 8-10シャケトラ     牡6 戸崎圭太
 8-11コルコバード    牝6 デムーロ

阪神芝3000m

このコースは阪神大賞典でのみ使用されるコースとなっています。

3000mの長距離戦なので枠順は気にしなくてOK。

長距離戦なので流れが速くなることは皆無。

2週目の3~4コーナーにかけてペースアップし、そのままゴールまでの追い比べになる事が多いコースです。

当然スタミナは必須です。

 

各追い切り場の馬場状態

続いて、各追い切り場の馬場状態(3/13・14)を考察していきます。

時計が出やすい〝A>B>C〟時計がでにくい

3段階評価でまとめていきます。

《栗東CW 良~稍馬場》【A】

当週1番時計 アルドーレ(古馬オープン)
古川吉 栗CW 稍 76.5 62.1 49.5 38.1 13.1【6】追って一杯

週中雨が降る日も増えてきましたが、馬場が重くなることはなく、時計の出る馬場になっています。

先週と比べるても一気に時計が出る馬場になっている印象を受けますね。

当週6F80秒を切った馬は計22頭と多く、やはり走りやすい馬場ということでしょう。

 

《栗東坂路 良~稍馬場》【B】

当週1番時計 ジュエアトゥー(古馬1000万)
助手 栗坂 稍 49.3 36.8 25.2 13.5 一杯

時計の出方としては水準通りで、先週までと大きな変わりなくという印象です。

全体時計よりも、注目するべきは各ハロンごとのラップ。

テンに速いラップであれば3F~4Fでどこまで持続できているか。

ゆったり入るのであれば3F目~4F目にどのような加速ラップを踏めているか。

 

《美浦南W 良馬場》【B】

当週1番時計 ライトカラカゼ(古馬500万)
吉田豊 美南W 良 78.8 64.1 50.5 36.8 12.9【3】直強め

時計の出方としては先週と変わらず、美浦ウッドらしいタフな馬場という印象です。

基準としては、5F66秒台・67秒台~1F12秒台でまとめてくるようなら優秀、ラスト1F13秒前半ならベターというイメージ。

テンから負荷を掛けつつであれば、ラスト1Fどこまで粘れているかにも注目。

 

《美浦坂路 良馬場》【C】

当週1番時計 プロディガルサン(古馬オープン)
助手 美坂 良 50.9 37.4 25.2 13.1 強め

かなり力の要す馬場になっている印象で、時計としては出にくくなっており、加えてラスト1Fは時計を要す馬が多くなっています。

先週の雨によって重くなった馬場が、良馬場表記でもそのまま継続という形になっています。

全体52秒台~1F12秒台でまとめている馬が、わずかに7頭しかいないことがそれを物語っています。

この中で、しかっりとしたラップを刻めている馬がいれば好評としてOKというイメージですね。


追い切り・調教から見る好走傾向

過去5年の好走馬の追い切りから見る好走傾向まとめです。

坂路仕上げorウッド4F追いになるような馬はなにかしらの理由付けができる形になっています。

基本的にはウッドで長めを追われた馬は注目しておくのが良いです。

特に、ウッド仕上げの馬が少なければ少ないほど好走率としては高まる傾向があります。

詳しく見たい方は下記の記事をご覧ください☟☟

⇒ 阪神大賞典2019 追い切り・調教から見る好走傾向

 

最終追い切り・調教分析

それでは、有力各馬の最終追い切り・調教を考察していきます。

リッジマン

《1週前追い切り》
加藤祥 栗CW 良 92.5 77.4 63.7 51.0 38.6 13.9 【5】一杯

《最終追い切り》
加藤祥 栗CW 稍 51.1 37.6 12.2【7】馬なり

追い切りパターン

ウッド中心に調整される馬で、間隔が空く場合でも乗り込み量は少なめにまとめられることが多くなっています。

それでも結果を残しているので特に大きなマイナス材料にはなりません。

〝1週前ウッド6F追い⇒最終ウッド4F追い仕上げ〟がこの馬の追い切りパターン。

特に〝1週前ウッド6F一杯追い⇒最終ウッド4F終い重点仕上げ〟では【1-1-0-1】。

この形で近走は好走を果たしています。

追い切り考察

今走は〝1週前ウッド7F一杯追い⇒最終ウッド4F終い重点仕上げ〟を選択。

勝負仕上げとは微妙に違う追い切りですね。

1週前追い切りの7F追いは特に気にする必要はないですが、内容があまり良くないのが気になりますね。

ビッシリ負荷を掛けるというところまでは良いのですが、ラストバテバテの内容。

最初に飛ばし過ぎたことに原因がありますが、果たしてこれがレースにどう影響してくるか。

最終追い切りはいつも通りの水準でまとめられているので、大きなマイナスにはならいと判断出来そうではありますが、、、

少し心配が残る追い切りとなりました。

 

ヴォージュ

《1週前追い切り》
助手 栗坂 良 53.2 37.5 24.4 12.4 一杯
エンパイアミライ(古馬500万)0.6秒先行0.4秒遅れ

《最終追い切り》
助手 栗坂 稍 53.0 38.7 25.2 12.4 一杯

追い切りパターン

近3戦は〝1週前ウッド6F追い⇒最終坂路仕上げ〟という追い切りになっており、これがパターン化されてきました。

それ以前は〝1週前坂路追い⇒最終坂路仕上げ〟という追い切りがメインになっています。

長距離路線へ本格的に参戦してからの追い切りパターン変更なので、1週前にウッドで長めに追う、というのは必須になってきそうです。

1週前追い切り&最終追い切りの本追い切りではビッシリ負荷を掛けるという事もこの馬の追い切りパターンとなっています。

追い切り考察

まさかの〝1週前坂路追い⇒最終坂路仕上げ〟。

長距離路線に本格参戦して以降は初の追い切りパターンとなっています。

それ以前には度々見られた追い切りパターンで、条件戦時代はこの追い切りパターンで勝ち上がってきています。

そういう面では特に不安があるわけではないのですが、ここは長距離戦。

長距離戦に向かうに当たって坂路仕上げはマイナス材料になる中で、1週前追い切りでも坂路。

これでは追い切り過程からはマイナス評価せざるを得ないですね。

 

アドマイヤエイカン

《1週前追い切り》
岩田 栗CW 良 85.4 67.9 52.5 38.0 12.3【5】強め
ヴァントルシルム(古馬1600万)0.2秒追走0.2秒先着

《最終追い切り》
岩田 栗CW 稍 82.3 66.3 51.3 37.9 11.7【6】一杯
スワーヴアラミス(古馬1000万)0.7秒追走0.2秒先着

追い切りパターン

ウッドと坂路の併用で調整されることが大半。

パターンとしては〝1週前ウッド追い⇒最終ウッド仕上げ〟or〝1週前坂路追い⇒最終ウッド仕上げ〟の2パターンとなっています。

いずれにせよ、最終追い切りはウッド仕上げになる事が多く、6F追いが好走には最低条件というイメージですね。

併せ馬では遅れる事も多々あり、併せ馬での遅れは気にする必要はナシ。

追い切りから好走・凡走の傾向は掴みづらいですが、強いて言うなら負荷に注目。

最終追い切りウッド6Fで一杯に負荷を掛けた場合【1-2-2-1】となっており、これが好走パターンとなっています。

追い切り考察

今走は〝1週前ウッド追い⇒最終ウッド仕上げ〟という追い切りパターンになっており、前走・前々走と同じパターンを踏んできました。

2週続けて併せ馬を敢行されており、特に不安なくこのレースを迎えられそうです。

追い切りパターンとしては好走パターンの〝最終追い切りウッド6Fで負荷一杯〟に該当しますし、デキは万全といった印象です。

 

シャケトラ

《1週前追い切り》
戸崎 栗CW 良 86.3 69.1 53.3 38.5 11.5【8】馬なり
バリオオラージュ(古馬500万)1.0秒追走0.5秒先着

《最終追い切り》
助手 栗CW 稍 83.7 67.9 52.7 37.9 11.9【7】馬なり
ショパン(古馬1000万)2.2秒追走アタマ先着

追い切りパターン

ウッドと坂路の併用で乗り込まれてくるのがここまでの追い切りパターン。

負荷としては馬なりが中心で〝ノーザンFしがらき経由で併せ馬で熱心に乗り込まれる〟というのがこの馬の好走パターンです。

約1年ぶりの前走は〝ノーザンFしがらき経由⇒1週前ウッド一杯追い⇒最終ウッド馬なり仕上げ〟でまとめられています。

追い切り考察

今走は〝ノーザンFしがらき経由⇒1週前ウッド追い馬なり⇒最終ウッド馬なり仕上げ〟という追い切り過程を踏んできました。

1週前追い切りは終い重点でラスト1F11.5秒を記録。

最終追い切りは流す程度でもラスト1F11.9秒。

走る気も十分ある印象で、これなら2走ポカの心配もいらないか。

普通に走れば能力面は断然ですので、ここは有力という評価でいいでしょう。

 

コルコバード

《1週前追い切り》
助手 美南W 良 53.4 39.1 13.6【5】馬なり
レッドフレイ(古馬1000万)0.4秒先行0.1秒先着

《最終追い切り》
助手 美南W 良 55.5 40.1 12.7【4】G前仕掛け
ヴェラヴァルスター(障害オープン)0.5秒追走0.4秒先着

追い切りパターン

ウッドと坂路の併用で乗り込まれて、1週前追い切り・最終追い切りに当たる本追い切りはウッドで調整されています。

〝1週前ウッド4F追い⇒最終ウッド4F追い仕上げ〟というのがこの馬の追い切りパターンになっています。

ここまでエリザベス女王杯を除くと全て掲示板内と堅実に走っており、好不調の波は追い切りから判断しにくいですね。

その中でもピックアップするのであれば、最終追い切りが軽すぎる場合は注意が必要。

4F55秒以上~1F13秒台の場合【0-0-1-2】という凡走傾向にあります。

追い切り考察

いつも通りの〝1週前ウッド4F追い⇒最終ウッド4F追い仕上げ〟という追い切りパターン。

終い重点で1F13秒を切ってきましたし、いたって順調という感じですね。

仕上がりに関しては特に文句なくこのレースに向かうことが出来そうです。


阪神大賞典2019 穴注目馬

それでは最後に、追い切り注目の穴候補馬をランキングに載せておきます。

この馬⇒ 人気ブログランキングへ(ステイインシアトル)

《1週前追い切り》
浜中 栗CW 重 82.9 67.0 52.5 38.1 11.6【6】一杯
ソーグリッタリング(古馬オープン)1.3秒追走1.1秒先着

《最終追い切り》
浜中 栗CW 稍 82.6 65.9 51.8 37.7 11.8【7】馬なり
素ヴァルナ(古馬1000万)0.3秒追走0.4秒先着

追い切りパターン

ウッドと坂路の併用でじっくり乗り込まれる、というのがこの馬の追い切りパターンになっています。

4走前から〝1週前ウッド6F追い⇒最終ウッド6F追い仕上げ〟というのが定着しており、これがこの馬のパターンということでいいでしょう。

特に〝1週前ラスト1F11秒台⇒最終ラスト1F11秒台〟という水準をクリアしたときは、鳴尾記念1着・新潟大賞典2着というレース結果。

この水準でくれば買いでOKという印象です。

追い切り考察

今走もこれまでと変わらず、〝1週前ウッド6F追い⇒最終ウッド6F追い仕上げ〟。

そして何より目を引くのが〝1週前ラスト1F11秒台⇒最終ラスト1F11秒台〟という水準をクリアしてきたこと。

併せ馬でも僚馬を圧倒する走りを見せており、調子は文句なしにいいでしょう。

初距離に不安を残すものの、デキに関しては申し分なし。

 

『ノーザン特化のラップ分析で現代競馬を攻略している』

《DKC競馬部の紹介》

私は追い切り・調教を中心に予想を組み立てています。

この方は全く違った予想方法、ラップ分析を採用しています。

これでかなり的中率を上げているようなので、私も負けないように頑張らないと(´ー`)

是非一度見て参考にしてみてください!

⇒ DKC競馬部ブログ




生の裏情報で回収率300%以上を叩くサイト

根拠をある極秘情報を無料でお届け!
無料で競馬のすべてを最初から最後まで全面サポート!

このサイトの武器は・・・
【ナマの極秘情報】

  • 生情報だからこそどこよりも速く情報を入手し提供できる
  • 各メディアの注目箇所でも間違えた情報を見極める
  • 騎手の乗り替わり情報、移動でのコンディションなど

今の時代、情報は色んな所から入手できますが、
本物の正しい情報というのは一握りなんです!

だからこそ、鉄板の情報と根拠を無料でお届けします!

さらに❝今だけ❞
新規入会特別キャンペーンを実施中!

⇒ 無料登録はこちら

登録するなら今がお得!
まずは一度お試しするのをオススメします!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。