【阪神大賞典2019予想】追い切り・調教から見る好走傾向分析

Pocket

今回は阪神大賞典2019予想:追い切り・調教から見る好走傾向分析を中心とした記事を書いていきます。

天皇賞春を見据えた一戦で、現役屈指のステイヤーが集まるレース。

例年は前年の菊花賞で好走した4歳馬が人気を集め、しっかり人気通りに好走するというレース。

なのですが、今年は4歳馬の出走ナシ。

そして、前年の天皇賞春で好走した馬もナシ。

見どころのある上がり馬もナシ。

ということで、例年とは様相が違います。

前走約1年ぶりのレースを勝利で飾ったシャケトラが人気を集めそうですが、果たして例年通り堅く収まるのか!?検討していきます。

それでは、阪神大賞典2019予想:追い切り・調教から見る好走傾向分析に入っていきましょう。





【阪神大賞典2019予想】追い切り・調教から見る好走傾向

 

まずは登録馬を確認しておきましょう。

阪神大賞典 登録馬
※騎手は現時点の想定

アドマイヤエイカン 岩田康誠
ヴォージュ     和田竜二
カフジプリンス   ??
ケントオー     幸英明
コルコバード    デムーロ
サイモンラムセス  小牧太
シャケトラ     戸崎圭太
ステイインシアトル 浜中俊
ソールインパクト  福永祐一
リッジマン     蛯名正義
ロードヴァンドール 横山典弘

フルゲート16頭に11頭が登録。

例年10頭前後の小頭数で行われるレースで、例年通りの小頭数戦でレースが行われることになりそうです。

続いて現時点の予想オッズを確認しておきましょう。

阪神大賞典 予想オッズ

1 シャケトラ     2.3
2 リッジマン     4.3
3 アドマイヤエイカン 4.5
4 ヴォージュ     7.2
5 コルコバード    7.4
6 ソールインパクト  16.1

ここまでが上位に推されそうな馬たちです。

前走約1年ぶりの復帰戦で前年菊花賞馬フィエールマンを抑えての勝利で飾ったシャケトラが抜けた人気に推されそうですね。

メンツを考えれば当然といったところですね。

しかし、約1年ぶりのレースで激走した反動も気になるところで、2走ポカがないとも限らない。

それ以下は大混戦という事で、意外と難解!?なレースかも、、、

例年であれば4歳&5歳馬が圧倒的に強いレースですが、今年は4歳&5歳馬の出走がゼロということも混戦に拍車をかけている印象を受けます。

天皇賞春へ向けて主役候補に名乗りを挙げるのはどの馬になるか!?

追い切り観点から検討していきます。



追い切り・調教から見る好走傾向分析

まずは、過去5年の好走馬の最終追い切りを見ていきます。

2018年
1着 レインボーライン
栗坂 51.0-37.5-25.1-12.8 馬なり
2着 サトノクロニクル
栗CW 52.5-37.8-11.0【7】G前仕掛け
3着 クリンチャー
栗坂 52.7-38.5-25.0ー12.4 末強め
2017年
1着 サトノダイヤモンド
栗CW 52.8-38.7-12.1【4】馬なり
2着 シュヴァルグラン
栗坂 52.8-38.0-25.0-12.8 一杯
3着 トーセンバジル
栗CW 82.6-65.4-50.4-36.7-11.9【5】馬なり
2016年
1着 シュヴァルグラン
栗CW 82.8-67.4-52.9-39.0-12.7【6】稍一杯
2着 タンタアレグリア
美南W 81.6-65.9-51.9-38.4-12.9【3】G前仕掛け
3着 アドマイヤデウス
栗坂 52.6-37.5-24.4-12.4 強め
2015年
1着 ゴールドシップ
栗坂 54.6-39.7-25.5-12.4 一杯
2着 デニムアンドルビー
栗CW 81.0-65.9-51.4-38.1-12.0【7】馬なり
3着 ラストインパクト
栗CW 97.5-81.5-66.0-50.9-37.4-11.8【8】一杯
2014年
1着 ゴールドシップ
栗坂 52.2-38.1-24.6-12.0 一杯
2着 アドマイヤラクティ
栗CW 80.2-64.4-50.4-37.5-12.0【7】強め
3着 バンデ
栗坂 53.3-38.8-25.0-12.5 強め

このような結果になっています。

長距離戦ということで基本的には坂路でビシッと仕上げるよりも、ウッドチップコースを長めに追われた馬が良いイメージを持っています。

そのイメージ通りウッド仕上げの馬の成績が良いという傾向が残っています。

2016年:栗東CW仕上げ馬2頭中1頭好走。

2015年:栗東CW仕上げ馬4頭中2頭好走。

2014年:栗東CW仕上げ馬2頭中1頭好走。

近年は傾向と違う!?と思われる方もいるかもしれません。

これについては理由があります。

2018年1着レインボーライン

浅見厩舎

坂路でビシッと仕上げて馬を仕上げる厩舎で、このレインボーライン自身も滞在競馬を除いてすべてのレースで坂路仕上げを施されていました。

2018年2着サトノクロニクル&2017年1着サトノダイヤモンド

池江厩舎

勝負パターン〝1週前ウッド6F追い⇒最終ウッド4F追い仕上げ〟。

このパターンに該当していたというところでは、この仕上げで全く問題なかったということ。

2018年3着クリンチャー

宮本博厩舎

ウッドと坂路の併用で馬を作ってくる厩舎ですが、基本的に仕上げは坂路になる事が多い厩舎です。

このレースまで9戦を消化してその内8戦は〝1週前ウッド6F追い⇒最終坂路仕上げ〟で、この点からもこの仕上げで全く問題なかったということ。

2017年2着シュヴァルグラン

友道厩舎

この2017年頃から〝1週前ウッド6F追い⇒最終坂路仕上げ〟が勝負パターンになりつつありました。

その為、前年からの仕上げパターンが変わっていても全く問題なかったということ。

2015年1着ゴールドシップ&2014年1着ゴールドシップ

須貝厩舎

厩舎・仕上げという面を差し置いて、能力が違いすぎますよねww

 

まとめ

このように、坂路仕上げorウッド4F追いになるような馬はなにかしらの理由付けができる形に。

やはり基本的にはウッドで長めを追われた馬は注目しておくのが良さそうです。

特に、ウッド仕上げの馬が少なければ少ないほど好走率としては高まる傾向があります。

 

情報だけでは勝てない時代

ではどうすれば勝てるのか!?

匠の万馬券では徹底解析して
厳選した究極の情報を提供しています。

『血統』や『調教』、『騎手』にスポットライトを当て
充実したコンテンツ、競馬初心者にも優しいサービス。

鉄板注目馬や穴情報など、
競馬玄人にも役に立つ情報を無料配信しています。

厳選した情報を是非お受け取り下さい。

>>厳選情報はこちら<<

追い切りパターンの考察

それでは、有力各馬の追い切りパターンを考察していきます。

シャケトラ

《1週前追い切り》
戸崎 栗CW 良 86.3 69.1 53.3 38.5 11.5【8】馬なり
バリオオラージュ(古馬500万)1.0秒追走0.5秒先着

追い切りパターン

ウッドと坂路の併用で乗り込まれてくるのがここまでの追い切りパターン。

負荷としては馬なりが中心で〝ノーザンFしがらき経由で併せ馬で熱心に乗り込まれる〟というのがこの馬の好走パターンです。

約1年ぶりの前走は〝ノーザンFしがらき経由⇒1週前ウッド一杯追い⇒最終ウッド馬なり仕上げ〟でまとめられています。

 

リッジマン

《1週前追い切り》
加藤祥 栗CW 良 92.5 77.4 63.7 51.0 38.6 13.9 【5】一杯

追い切りパターン

ウッド中心に調整される馬で、間隔が空く場合でも乗り込み量は少なめにまとめられることが多くなっています。

それでも結果を残しているので特に大きなマイナス材料にはなりません。

〝1週前ウッド6F追い⇒最終ウッド4F追い仕上げ〟がこの馬の追い切りパターン。

特に〝1週前ウッド6F一杯追い⇒最終ウッド4F終い重点仕上げ〟では【1-1-0-1】。

この形で近走は好走を果たしています。

 

アドマイヤエイカン

《1週前追い切り》
岩田 栗CW 良 85.4 67.9 52.5 38.0 12.3【5】強め
ヴァントルシルム(古馬1600万)0.2秒追走0.2秒先着

追い切りパターン

ウッドと坂路の併用で調整されることが大半。

パターンとしては〝1週前ウッド追い⇒最終ウッド仕上げ〟or〝1週前坂路追い⇒最終ウッド仕上げ〟の2パターンとなっています。

いずれにせよ、ウッド仕上げになる事が多く、6F追いが好走には最低条件というイメージですね。

併せ馬では遅れる事も多々あり、併せ馬での遅れは気にする必要はナシ。

追い切りから好走・凡走の傾向は掴みづらいですが、強いて言うなら負荷に注目。

最終追い切りウッド6Fで一杯に負荷を掛けた場合【1-2-2-1】となっており、これが好走パターンとなっています。

 

ヴォージュ

《1週前追い切り》
助手 栗坂 良 53.2 37.5 24.4 12.4 一杯
エンパイアミライ(古馬500万)0.6秒先行0.4秒遅れ

追い切りパターン

近3戦は〝1週前ウッド6F追い⇒最終坂路仕上げ〟という追い切りになっており、これがパターン化されてきました。

それ以前は〝1週前坂路追い⇒最終坂路仕上げ〟という追い切りがメインになっています。

長距離路線へ本格的に参戦してからの追い切りパターン変更なので、1週前にウッドで長めに追う、というのは必須になってきそうです。

1週前追い切り&最終追い切りの本追い切りではビッシリ負荷を掛けるという事もこの馬の追い切りパターンとなっています。

 

コルコバード

《1週前追い切り》
助手 美南W 良 53.4 39.1 13.6【5】馬なり
レッドフレイ(古馬1000万)0.4秒先行0.1秒先着

追い切りパターン

ウッドと坂路の併用で乗り込まれて、1週前追い切り・最終追い切りに当たる本追い切りはウッドで調整されています。

〝1週前ウッド4F追い⇒最終ウッド4F追い仕上げ〟というのがこの馬の追い切りパターンになっています。

ここまでエリザベス女王杯を除くと全て掲示板内と堅実に走っており、好不調の波は追い切りから判断しにくいですね。

その中でもピックアップするのであれば、最終追い切りが軽すぎる場合は注意が必要。

4F55秒以上~1F13秒台の場合【0-0-1-2】という凡走傾向にあります。



阪神大賞典2019 穴注目馬

それでは最後に、追い切り注目の穴候補馬を2頭ランキングに載せておきます。

この馬⇒ 人気ブログランキングへ(ステイインシアトル・ロードヴァンドール)

どちらにも共通するのが、長期休養明けで叩いた上積みがあること。

1週前追い切りウッドで好時計を叩いていること。

このまま最終追い切りをウッドで仕上げてくれれば、好走傾向にも合致します。

基本的には荒れない重賞の阪神大賞典ですが、今年は例年と様相が違います。

もしかしたら多少波乱の余地も、、、その際の大注目2頭となります。

 

生の裏情報で回収率300%以上を叩くサイト

根拠をある極秘情報を無料でお届け!
無料で競馬のすべてを最初から最後まで全面サポート!

このサイトの武器は・・・
【ナマの極秘情報】

  • 生情報だからこそどこよりも速く情報を入手し提供できる
  • 各メディアの注目箇所でも間違えた情報を見極める
  • 騎手の乗り替わり情報、移動でのコンディションなど

今の時代、情報は色んな所から入手できますが、
本物の正しい情報というのは一握りなんです!

だからこそ、鉄板の情報と根拠を無料でお届けします!

さらに❝今だけ❞
新規入会特別キャンペーンを実施中!

⇒ 無料登録はこちら

登録するなら今がお得!
まずは一度お試しするのをオススメします!!







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。