【阪神牝馬ステークス2020予想】追い切り・調教分析~最終見解

Pocket

今回は阪神牝馬ステークス2020予想:追い切り・調教分析~最終見解を中心とした記事を書いていきます。

今年人気の中心になりそうなのはダノンファンタジー。

一昨年2歳女王に輝いた実績があり、重賞勝利数は「4」と実績はここに入れば断然。

昨年は牝馬3冠で勝利に届かず、今年はここを通過点にヴィクトリアマイルでもう1度タイトルを狙いたいところでしょう。

それを阻むのは重賞連勝中5歳を迎えて本格化したサウンドキアラか、ダノンファンタジーと同世代のシゲルピンクダイヤかビーチサンバか。

ヴィクトリアマイルに向けて、ここが始動戦なのか賞金加算必須の立場なのかで仕上げ具合が変わってきそうな一戦でもあります。

本番に向けて重要な一戦阪神牝馬ステークスを追い切り・調教から検討してきます。

【阪神牝馬ステークス2020予想】追い切り・調教分析~最終見解

 

まずは確定した枠順配置を確認しておきましょう。

阪神牝馬ステークス 枠順配置

 1- 1テーオービクトリー 牝6 太宰啓介
 1- 2サウンドキアラ   牝5 松山弘平
 2- 3メジェールスー   牝5 岩田望来
 2- 4ビーチサンバ    牝4 福永祐一
 3- 5リバティハイツ   牝5 藤岡佑介
 3- 6ノーワン      牝4 坂井瑠星
 4- 7プールヴィル    牝4 浜中俊
 4- 8ブランノワール   牝4 武豊
 5- 9シャドウディーヴァ 牝4 池添謙一
 5-10ディメンシオン   牝6 松田大作
 6-11シゲルピンクダイヤ 牝4 デムーロ
 6-12トロワゼトワル   牝5 藤岡康太
 7-13ダノンファンタジー 牝4 川田将雅
 7-14アマルフィコースト 牝5 幸英明
 8-15スカーレットカラー 牝5 岩田康誠
 8-16サトノガーネット  牝5川島信二

阪神芝1600m

向正面からスタートする外回りが使用されるコース。

スタートから最初のコーナーまでの距離は長く、枠順による有利不利はないと考えていいコースです。

開催が進んで内側の馬場が荒れ始めると、内枠不利(外枠有利)と言えるような現象が発生します。

最後の直線の長さが約474mと長く、中山競馬場に次ぐ勾配のキツさを誇る急坂があるのが特徴で、他場に比べて差し・追い込みが決まりやすいコースです。

スタートしてからしばらく直線が続くので先行争いは激しくなりにくく、前半のペースは落ち着きやすいのでスローペースになる事がほとんど。

瞬発力勝負になりやすく、上がり3ハロンのキレが必須となるので、サンデー系が強いコースです。

特に、ディープインパクト産駒が最も得意とするコースの1つとなっています。

 

過去5年の好走馬の追い切り・調教から見る好走傾向まとめです。

中心は好走数・好走率共に〝栗東坂路仕上げ〟。

出走頭数が多いので人気での凡走もありますが、人気薄からの好走にも最も期待できるパターンです。

〝栗東CW仕上げ〟・〝その他仕上げ〟は厩舎の勝負パターンであればOKというイメージです。

〝美南W仕上げ〟はここまで好走例がなく、基本的にはマイナスのパターンと考えられます。

 

それでは、有力各馬の最終追い切り・調教を考察していきます。

【サウンドキアラ】

《1週前追い切り》
松山 栗坂 良 51.2 37.5 24.8 12.6 末強め

《最終追い切り》
松山 栗坂 良 53.2 38.4 25.0 12.3 馬なり

追い切り考察

これまで通り、栗東坂路中心の追い切りを消化しています。

特に変わることなく、坂路中心に乗り込まれるのがこの馬のパターン。

その中で、終い重点で淡々と単走で乗り込まれるのがいつも通りのパーンとなっています。

終い重点という事もあり、全体時計は控えめでも加速ラップ+終い1F好時計が必須というのがこの馬のイメージです。

そんな中、今回は1週前追い切りは全体時計重視で、自己ベストを更新するも加速ラップは踏めないという内容。

そして最終追い切りは終い重点で加速ラップでまとめるという内容の追い切りを消化しました。

1週前追い切りで加速ラップを踏めなかったという点は不満が残るものの、自己ベストの好時計である事を考えれば仕方ないか。

追い切りからマイナス要素はないと考えていいでしょう。

 

【シゲルピンクダイヤ】

《1週前追い切り》
助手 栗CW 良 87.2 70.4 54.9 39.4 11.8【8】一杯

《最終追い切り》
助手 栗坂 52.0 37.9 24.0 12.1 強め

追い切り考察

オークスまではプール調整を挟みつつ坂路中心に調整されるのがこの馬の追い切りパターンでした。

昨秋ローズステークスからは中間に栗東CWを挟む調整過程に変えてきています。

元々脚元に不安があるタイプで坂路とプール調整が中心でしたが、ひと夏超えて脚元がしっかりしてきた証となっています。

負荷の面でも春先までは馬なり調整が中心でしたが、昨秋以降はビッシリ負荷を掛ける追い切りを続けています。

今走は〝1週前栗東CW追い⇒最終栗東坂路仕上げ〟という追い切りパターンを踏んできました。

1週前追い切りでは徐々にピッチを上げてラスト1F11.8秒でまとめるまずまずの内容。

最終追い切りでは14.1-13.9-11.9-12.1というラップ推移で3F目に11.9秒のハイラップを記録してきました。

追い切りの水準としては近走と特に変わりなく高水準追い切りを消化。

ただ、その割には近走結果が伴っていないというところでは追い切りからは大きなプラス材料とは言えないところです。

 

【スカーレットカラー】

《1週前追い切り》
助手 栗CW 良 79.4 63.5 49.4 36.5 12.2 一杯
アンクルテイオウ(古馬1勝)1.3秒追走0.2秒先着

《最終追い切り》
助手 栗CW 良 83.4 66.7 51.8 38.1 12.2【5】馬なり

追い切り考察

これまで最も多い仕上げパターンとしては〝1週前栗東CW6F追い⇒最終栗東CW4F仕上げ〟となっています。

今走は〝1週前栗東CW6F追い⇒最終栗東CW6F仕上げ〟という追い切りパターンを踏んできました。

このパターンはどちらかといえば前哨戦でよく使う追い切りパターンとなっています。

1週前に一杯に負荷を掛けて最終追い切りは馬なり調整というのもいつも通りのパターン。

これらを踏まえると、追い切りからヴィクトリアマイルに向けての一戦というのが強い印象を受けます。

そして、この中間ラスト1F11秒台を1本も記録できなかったことは不満に感じます。

この馬の好走パターンとして、1週前追い切りor最終追い切りでラスト1F11秒台を記録するというものがあります。

この好走パターンを踏んだ際は【1-3-1-0】とパーフェクト好走となっています。

この好走パターンをクリアしてこなかったという点でも一枚マイナス評価。

それでも個人的には上位評価。

この仕上げ具合でこのレースを好走してくるようなら俄然本番が楽しみになる一頭です。

 

【ダノンファンタジー】

《1週前追い切り》
調教師 栗CW 重 94.1 78.6 63.6 49.8 37.0 12.2【9】馬なり

《最終追い切り》
川田 栗CW 良 63.0 48.8 36.9 12.1【8】一杯

追い切り考察

ここまでの仕上げパターンとしては、

〝1週前栗東栗坂追い⇒最終栗東CW仕上げ〟

〝1週前栗東CW追い⇒最終栗東CW仕上げ〟

〝1週前栗東CW追い⇒最終栗東CW仕上げ〟

〝1週前栗東CW追い⇒最終栗東芝仕上げ〟

〝1週前栗東坂路追い⇒最終栗東坂路仕上げ〟

〝1週前栗東芝追い⇒最終栗東CW仕上げ〟

という様々なパターンで追い切りを敢行されています。

中内田厩舎自身決まったパターンがないので、そこの判断が難しいところではあります。

それでも中間は栗東CWを挟んでくるというポイントはここまでほぼ変わっていません。

そんな中今走は〝1週前栗東坂路追い⇒最終栗東CW仕上げ〟という追い切りパターンを踏んできました。

この追い切りパターンは新馬戦以来のパターンになります。

時計面はしっかり出してきていますが、臨戦過程を考えてもここは叩き台の一戦という見方で良いでしょう。

 

【ビーチサンバ】

《1週前追い切り》
福永 栗CW 良 82.7 66.9 51.7 37.1 11.5【6】強め
ジュンライトボルト(3歳オープン)1.5秒追走0.8秒先着

《最終追い切り》
助手 栗坂 良 55.5 40.5 26.4 12.9 馬なり>

追い切り考察

今走は〝1週前栗東CW追い⇒最終栗東坂路仕上げ〟という追い切りパターンを踏んできました。

これは友道厩舎が勝負パターンに使う追い切りなのでここは◯。

ただ、近走は〝1週前栗東CW追い⇒最終栗東CW仕上げ〟で結果を出していた中、このレースでこのパターンを使ってくる事はイマイチ解せないポイントです。

追い切りの内容としてもまずまずというところ。

追い切りからは良くも悪くもこの馬なりという印象です。

――――――――――――――――――――

※おすすめサイトの紹介※

メールアドレスの登録のみで、無料登録完了です。

【gmail・yahooメール】での登録をオススメします。

結果を出し続けて創業23年競馬セブン
オススメ度★★★★★

混戦が予想される中で「各馬の力量」を把握しておくことが桜花賞を的中させるための近道。

競馬セブンは常日頃から東西トレセンで密な情報収集を行っており、そのジャッジの正確性は業界内でも随一。

騎手・調教師・馬主・生産関係者と太いパイプを持ち、公にはならない裏情報を入手できる競馬セブンだからこその極秘情報。

今回無料登録をして頂いた方には情報は勿論のこと最終ジャッジの『桜花賞・3点勝負』を特別公開します。

情報配信は天候・馬場状態など、馬券に直結するありとあらゆる要素を加味したうえでジャッジするため、レース当日13:30頃の配信となるのでそれまでお待ちください。

▼3点勝負買い目を無料公開▼
【URL】http://www.keiba7.net/

――――――――――――――――――――

阪神牝馬ステークス2020 最終見解

それでは最後に狙いたい穴馬をランキングに載せておきます。

この馬⇒ 人気ブログランキングへ

《1週前追い切り》
助手 栗CW 良 83.0 66.9 52.1 37.9 12.0【6】一杯

《最終追い切り》
助手 栗坂 良 51.9 37.5 24.4 12.2 末強め

追い切り考察

3歳時にフィリーズレビュー⇒桜花賞で頓挫があって以来、一次追い切りパターンが栗東坂路中心に変更されていました。

ただそれを除いて〝1週前栗東CW追い⇒最終栗東坂路仕上げ〟という追い切りパターンではほとんど崩れ知らず。

【2-1-3-3】という好成績を残しており、着外は4着が2度とGⅠヴィクトリアマイルという結果になっています。

この追い切りパターンでは基本的に買いでOK。

今回もこの追い切りパターンを踏襲されています。

追い切りの水準も上々。

この馬が人気がないという事であれば、穴として魅力的な一頭です。

 

最近勢いに乗る口コミで話題沸騰の注目の競馬サイトを紹介!

最近は競馬情報サイトが乱立しすぎて、

「どのサイトを参考にすればいいのかわからない!」
「本当に役立つ競馬予想サイトはどれ?」

という疑問を持たれる方が増えてきています。
確かに無料で使えたとしても予想が当たらなければ意味が無いですよね。
そんな皆様のために、今回は

「しっかりと儲かる情報を提供してくれる!」
「信頼して長く使える!」

おすすめ予想サイトをランキング形式でご紹介します!
いずれのサイトもメールアドレスの登録のみで、見る事が出来るサイトとなっています。
是非参考にしてみて下さい!

【docomo・Softbank・icloud】メールですと届かない可能性がありますので、【gmail・yahooメール】での登録をオススメします。

――――――――――――――――――――

【第1位】うまとみらいと
オススメ度★★★★★

3つのコンテンツを集結させた競馬予想サイト。

■競走馬の実力が一瞬でわかる【うまコラボ】
■的中率90%の反則技【競馬の殿堂】
■穴馬一筋15年が魅せる穴馬【ヒットメイク】

データ派も、本命党も、穴党も、競馬ファンが予想に必要な情報が無料で受け取れます!

無料で有益な情報が多いこのサイトがオススメ度No.1。
【URL】https://miraito.collabo-n.com/

――――――――――――――――――――

【第2位】ギャロップジャパン
オススメ度★★★★★

人気の理由は、無料コンテンツが充実していること。

重賞レース回顧や、穴馬を導く「穴馬法則」
厳選された軸馬公開など、豊富なラインナップ。

今なら土日対象レースを無料配信!

重賞情報も随時更新されるので登録しておいて損はナシ!

<<重賞情報提供のみ先着順になります>>
【URL】http://gallopjapan.jp/