【香港国際競走2018予想】追い切り・調教分析

Pocket

今回は香港国際競走2018予想:追い切り・調教分析を中心とした記事を書いていきます。

海外遠征前の追い切りという事で基本的には軽めにまとめてきて、判断が難しいところ。

なんですが、私の追い切り分析を必要としてくれている方がなかなかの人数いらっしゃったので、ブログにUPします。

海外馬の追い切り情報はさすがに手に入らないので、日本馬のみ計9頭。

15:00 香港ヴァーズ-芝2400m:クロコスミア・リスグラシュー

15:40 香港スプリント-芝1200m:ファインニードル

16:50 香港マイル-芝1600m:ヴィブロス・ペルシアンナイト・モズアスコット

17:30 香港カップ-芝2000m:サングレーザー・ステファノス・ディアドラ

この馬たちについて見ていきます。

それでは、香港国際競走2018予想:追い切り・調教分析に入っていきましょう。

 

 

大好評:ライン@

ライン@では、

ブログでは書ききれない好追い切り馬を推奨見解付きで配信しています。

人気馬・穴馬問わず、兎に角追い切りが良い馬をピックアップ。

ライン@実績

11/17・18成績【2-2-1-3】複勝回収値140%

17(土)東京9Rアルドーレ6人気1着単勝1,310円

11/24・25成績【3-0-2-3】複勝回収率123%

25(日)東京8Rサトノキングダム2人気1着単勝410円

追い切り良い=状態が良い

というところでは、能力が足りなくてもデキの良さで好走する馬もいます。

もちろん、能力が高い馬は好走する確率がさらに高まるでしょう。

そういう馬たちを狙い撃ちするのが追い切り予想!

みなさんの予想のプラスαとして、〝追い切り〟を活用してみてください\(^^)/

ライン@では追い切り相談会なるものを開催しており、私と直接やり取りできたりもします。

☟☟友達追加待っています(´▽`*)☟☟

友だち追加

【香港国際競走2018予想】追い切り・調教分析

 

《香港ヴァーズ》

クロコスミア

11/21 助手 栗坂 良 56.8 40.3 26.2 13.4 馬なり

11/26 助手 栗坂 良 54.0 38.9 25.2 12.4 馬なり

前走後の間隔が短いという事で、この2本のみ。

馬なり2本だけですが、基本いつも馬なり調整メインですのでこれについては特に気にする必要はないでしょう。

国内最終追い切りは15.1-13.7-12.8-12.4という加速ラップでまとめており、水準としては申し分なし。

前走エリザベス女王杯の最終追い切りが、

助手 栗坂 良 54.2 39.4 26.4 13.7 馬なり

という、全体時計も遅くラストバテバテの追い切り。

個人的にもイマイチと評しましたが、それよりは遥かに高い水準ですからね。

春のドバイ遠征時の国内最終追い切り

助手 栗坂 稍 54.9 39.0 24.9 12.1 末強め

この水準とほぼ変わりなく。

前走からのデキ落ちはナシ、むしろ叩きつつ上積みを感じる内容ですね。

 

リスグラシュー

11/25 栗坂 良 58.8 43.0 28.3 14.4 馬なり

11/28 栗坂 良 52.8 37.7 24.5 12.3 末強め

これもクロコスミアと同じ臨戦で2本のみ。

特に気にする必要はないでしょう。

全体時計上々⇒ラストも12.2-12.3のハイラップでまとめており、追い切りとしては◯ですね。

追い切り時計としては出そうと思えば出せる馬。

それがこの秋2戦は意外と抑え気味の追い切り内容でした。

それがイマイチ❝ハテナ❞でしたが、しっかり結果を出してきましたからね。

杞憂だったということでしょう。

終わってみればですが。乗り込み本数が昨年秋や今年春より多かったことが勝負気配だったという印象ですね。

ここは今後この馬を見るときに注目しておきたいポイント。

それはさておき、追い切りの水準としてはこの秋3戦目にして最も良く見えました。

 

《香港スプリント》

ファインニードル

11/21 川田 栗坂 良 51.0 38.1 24.7 12.5 強め

11/27 助手 栗坂 良 52.2 38.1 24.7 12.5 馬なり

1週前追い切りでしっかり負荷を掛けて、最終追い切り馬なりで流す。

これは国内でレースに臨できたこれまで、全く同じ追い切り過程。

海外レースだからと言って、気負いせずにこれまで通りの追い切り過程を踏めていることがまずは◯。

さらに、1週前追い切りの水準が素晴らしい。

この馬が坂路で50秒台を叩いのはこれまで1度のみ。

それを考えると、この51秒フラットというのはベスト時計の水準として問題なし。

最終追い切り馬なりで52秒台を叩いていることも、この馬のデキの良さを窺わせます。

乗り込み量も豊富で、追い切りに関してはケチの付けようがないです。

後は、ハイレベル香港スプリント路線の相手関係だけ。

 

《香港マイル》

ヴィブロス

11/21 藤岡康 栗CW 良 80.2 65.2 51.1 37.6 12.0【6】一杯
トリコロールブルー(古馬オープン)0.9秒追走0.6秒先着

11/26 助手 栗坂 良 54.4 39.0 24.9 12.3 馬なり

1週前追い切りウッド一杯追い⇒最終追い切り坂路馬なり

これはこの馬の、友道厩舎のメイチ追い。

これを施されてきたので文句なしのメイチと考えて良いでしょう。

前走天皇賞秋はこの追い切り過程がチグハグでした。

それを考えると前走より明らかにデキは上がっていると考えて良いでしょう。

天皇賞秋を叩き台に使った可能性すら、、、ありますね。

過去2回のドバイ遠征を経験していますし、長距離輸送の心配もなし。

ただ気になる事も、、、

この〝1週前追い切りウッド一杯追い⇒最終追い切り坂路馬なり〟

を施されてきた時、左回りパーフェクト好走>右回り好走ナシとなっています。

右回り
2018年宝塚記念4着
2018年中山記念8着
2017年中山記念5着

やっぱり右回り苦手説が、、、という感じですね。

 

ペルシアンナイト

11/25 助手 栗坂 良 64.1 44.9 28.9 13.8 馬なり

11/27 助手 栗坂 良 62.3 45.2 29.3 14.1 馬なり

11/28 助手 栗坂 良 56.2 41.7 26.9 13.0 馬なり

立て続けに坂路馬なり3本。

ちょっと、、、ハテナですww

ペルシアンナイト事件と言えば、分かる人には分かる私のメンタルをボロボロにされた事件。

天敵ペルシアンナイトさんww

んー、間隔が詰まるので軽めにまとめるのは分からなくもないですが、、、

なぜ3本!?という感じ。

池江厩舎で考えてみると、

サトノダイヤモンドが海外遠征した昨年のフォア賞前の国内最終追い切りは、

ウッド6ハロン追いで一杯に負荷を掛けています。

まぁこれは天皇賞春から間隔が空いていたので、あまり参考にはならないですが(^^;)

ただ、やっぱり厩舎を考えてもウッドで1本くらいやってもよかったかな、とは思います。

ただ、相性悪いペルシアンナイトさんですからね、、、

これだけディスればまた好走するかもしれませんww

 

モズアスコット

11/28 栗坂 良 55.9 40.3 25.8 12.6 馬なり

間隔が詰まるので、この1本のみ。

普通は1本ですよ。

ペルシアンナイトがイレギュラーなだけ。

ここはデキ維持に努めていると考えて良いでしょう。

元々使いつつ良くなるタイプですし、特に割り引く必要はないかなと思います。

 

《香港カップ》

サングレーザー

11/25 栗坂 良 59.5 40.5 25.8 12.8 馬なり

11/28 栗坂 良 52.1 37.3 24.5 12.5 一杯

最終追い切りでビッシリ負荷を掛けられて、ラストも12.5秒でまとめられており上々。

この馬なりに変わりなく上々の水準です。

昨年までは追い切りで動く馬ではなかったですが、今年に入り追い切り内容の良化も顕著。

完全に本格化が窺えますね。

目下絶好調と言えるデキにありそうです。

 

ステファノス

11/22 荻野極 栗CW 良 85.0 68.4 52.6 38.9 11.9【8】馬なり
ディープサドラーズ(2歳未勝利)1.5秒先行同入

11/28 ビュイック 栗CW 良 79.2 63.6 49.2 36.5 12.9【3】G前仕掛け

海外遠征前とは思えない負荷を掛けられた追い切りとなっています。

今年で4度目の香港カップになるのですが、過去香港カップ前の追い切り情報が見当たらず、、、

ここの比較が出来ないのが残念。

3年前10着⇒一昨年3着⇒昨年4着ときていますが、今年は昨年以前と比べると明らかな衰えが見えます。

果たして、、、

 

ディアドラ

11/21 助手 栗坂 良 53.0 38.2 24.8 12.2 馬なり

11/26 助手 栗坂 良 54.2 39.3 25.3 12.1 末強め

ルメールさんの使い分けで、天皇賞秋・エリザベス女王杯を見送りここに出走してくることに。

前走府中牝馬ステークス以降は淡々と坂路で乗り込まれています。

レースに使われていない分、乗り込み量は豊富。

時計もしっかり出せています。

特に2週連続ラスト2ハロンのラップが秀逸であることはかなり好感が持てます。

使い分けでレースに使えない⇒使えるレースは確勝を期す。

という流れであることは間違いなく、デキが悪いなんてことはないでしょう。

 

《PR》

『ギャロップジャパン』
3連系の馬券攻略をお届けする情報サイト!

独自に入手した情報から
◎○▲ そして特注馬まで限定配信!

会員のみが閲覧可能の無料コンテンツが自慢!

開催レースから勝負の1鞍❝鉄板レース❞
開催レースから勝負の1鞍❝穴超注目馬❞

何と言っても、この2コンテンツは要注目!

今週は香港カップの予想も提供されるようです。

登録するなら今週がチャンス!!

>>無料登録はこちら<<

 

香港国際競走2018 まとめ

結果、、、全馬追い切り抜群ですね。

まぁ、この馬たちにとっては秋~冬の最終レースになるので、MAX仕上げで臨んでくることは当たり前と言えば当たり前なのですがww

というところでそれでは最後にサラッと各レースの注目馬を確認しておきましょう。

海外レースの馬券が発売された当初よりはマシになりましたが、日本馬は過剰人気になり気味ですからね。

その辺りも踏まえて。

《香港ヴァーズ》

今年はリスグラシュー&クロコスミアのエリザベス女王杯1着&2着馬が揃ってここに出走。

レーティング的には出走馬中3位&5位ということで人気も上位に推されることは間違いないでしょう。

それでも1人気に推されるのは、フォア賞1着⇒凱旋門賞4着⇒ブリーダーズカップターフ5着のヴァルトガイストでしょうか。

ここは一番難しい印象を受けますね。

海外馬に確たる軸馬が見つからない。

しかしだからと言って、リスグラシュー&クロコスミアが距離2400mになって良さが出るとも思えず、、、

個人的にはここはケンで。

 

《香港スプリント》

巷で言われいる通り、香港のスプリント路線は別格にレベルが高い。

日本馬としてはロードカナロアがこのレースを連覇しましたが、これはこの馬がそのさらに上を行く別格馬だったというだけ。

この馬以外、のべ27頭が出走し勝ち馬ゼロ。

馬券圏内という見方でも、ストレイトガールの3着が1度あるのみ。

やはり香港スプリント路線の壁は高い印象ですね。

そこに挑戦するファインニードルは果たして通用するか。

日本馬として応援したい気持ちもありつつ、馬券的には相手候補の一頭というのがベターな印象ですね。

人気は、重賞3連勝の勢いを買われてホットキングプローン、香港ジョッキークラブスリンと2着で昨年の香港スプリント優勝馬のミスタースタニングあたりが被ってくるでしょうか。

個人的な注目馬はランキングに載せておきます。

この馬⇒ 人気ブログランキングへ(ビートザクロック)

注目はデビューから16戦続けて3着以内入っている安定感。

対ミスタースタニングで3戦2敗1分と先着したことがないのは気になりますが、、、

それでも前走は7ヶ月の休み明けで一叩きした上積みを考えれば、ここでは逆転も期待できるでしょう。

騎手目線でもデソウサさんという聞いたことない騎手から、ムーアさんへの乗り替わりは鞍上強化でしょう。

 

《香港マイル》

ここはヴィブロス・ペルシアンナイト・モズアスコットという強力日本馬3頭が出走してきます。

が!!

ビュティージェネレーションという抜けた馬が出走してきます。

昨年の香港マイル優勝馬にして、春の香港チャンピオンズマイル優勝馬。

現在4連勝中で、前哨戦ジョッキークラブマイルでは3馬身の圧勝。

現時点、この路線敵なし状態。

レーティングでも断然。

この馬に日本馬がどう立ち向かうか、という構図ですね。

1993年からほぼ毎年のように挑戦馬がおり、のべ37頭の日本馬が挑み、香港マイルを制したのはエイシンプレストン・ハットトリック・モーリスの3頭のみ。

意外と壁は高くなっています。

個人的な注目馬は、ビューティーオンリー。

2016年の香港マイル覇者。

さすがに2年前のことで衰えは隠せなくなっているものの、今年は春のチャンピオンズマイル4着。

前哨戦ジョッキークラブマイルでは3着にまとめています。

さすがにビュティージェネレーションを逆転することは難しいですが、2・3着という意味では穴で面白い一頭とみます。

 

《香港カップ》

ここにはサングレーザー・ステファノス・ディアドラの3頭の日本馬が出走してきます。

ここが1番日本馬の勝利が期待できるレースでしょう。

過去を振り返っても、モーリスやエイシンヒカリなど5頭の優勝馬を輩出しており、4競走の中で1番勝ち馬を輩出しています。

ブックメーカーオッズでもサングレーザー&ディアドラが1人気&2人気を争うオッズになっていますしね。

JRAオッズでもこの2頭にオッズが被ってくるでしょう。

とは言え、無理に穴狙いするレースでもなく、この2頭で決しそうな雰囲気を感じます。

そこで大事なのはどちらを上に取るか。

こちら⇒ 人気ブログランキングへ(ディアドラ)

ランキングに載せおきます。

個人的にはこちら。

ここまでの臨戦を考えても負けられないでしょう( ✧Д✧)

 

生の裏情報で回収率300%以上を叩くサイト

根拠をある極秘情報を無料でお届け!
無料で競馬のすべてを最初から最後まで全面サポート!

このサイトの武器は・・・
【ナマの極秘情報】

  • 生情報だからこそどこよりも速く情報を入手し提供できる
  • 各メディアの注目箇所でも間違えた情報を見極める
  • 騎手の乗り替わり情報、移動でのコンディションなど

今の時代、情報は色んな所から入手できますが、
本物の正しい情報というのは一握りなんです!

だからこそ、鉄板の情報と根拠を無料でお届けします!

さらに❝今だけ❞
新規入会特別キャンペーンを実施中!

⇒ 無料登録はこちら

登録するなら今がお得!
まずは一度お試しするのをオススメします!!