【高松宮記念2019予想】最終追い切り・調教に向けて押さえておきたいポイント

Pocket

今回は高松宮記念2019予想:最終追い切り・調教に向けて押さえておきたいポイントを中心とした記事を書いていきます。

今年2つ目のGⅠレース高松宮記念。

ここから春のGⅠシリーズが始まり、競馬ハイシーズンに突入します。

競馬人としては楽しみな日が多くなりますね!

まずはこの春のスプリント王決定戦をしっかり的中させて、この後のGⅠシリーズに向かっていきたいところ。

昨年のスプリント王ファインニードルの引退で混沌としているスプリント路線の頂点に立つのはどの馬になるでしょう、、、

それでは、高松宮記念2019予想:最終追い切り・調教に向けて押さえておきたいポイントに入っていきます。

【高松宮記念2019予想】最終追い切り・調教に向けて押さえておきたいポイント

 

まずは登録馬を確認しておきましょう。

高松宮記念 登録馬
※騎手は現時点の想定

アレスバローズ   川田将雅
カイザーメランジェ 田辺裕信
キングハート    中谷雄太
グランドボヌール  ??
ショウナンアンセム 津村明秀
スノードラゴン   ??
セイウンコウセイ  幸英明
ダイメイフジ    丸山元気
ダイメイプリンセス デムーロ
ダノンスマッシュ  北村友一
ティーハーフ    国分優作
デアレガーロ    池添謙一
ナックビーナス   大野拓弥
ヒルノデイバロー  横山典弘
フミノムーン    ??
ペイシャフェリシタ ??
ミスターメロディ  福永祐一
モズスーパーフレア 武豊
ラインスピリット  森一馬
ラブカンプー    酒井学
レッツゴードンキ  岩田康誠
ロジクライ     ルメール

フルゲート18頭に22頭が登録。

キングハート・ペイシャフェリシタが18番目タイで並んでおり、グランドボヌール・カイザーメランジェ・フミノムーンの3頭が除外対象となっています。

続いて現時点の予想オッズを確認しておきましょう。

高松宮記念 予想オッズ

1 ダノンスマッシュ  2.4
2 モズスーパーフレア 2.8
3 レッツゴードンキ  8.0
4 ナックビーナス   8.6
5 ロジクライ     9.1
6 ミスターメロディ  19.2

ここまでが上位に推されそうな馬たちです。

人気を集めるのは明け4歳の新興勢力たち。

京阪杯⇒シルクロードステークスと重賞連勝で挑む「ダノンスマッシュ」。

圧倒的なスピードが持ち味の「モズスーパーフレア」。

主役不在のスプリント路線なら一気に頂点を掴んでもおかしくない逸材たち。

それ以下は、既存勢力も虎視眈々。

高松宮記念2年連続2着の「レッツゴードンキに昨年高松宮記念3着の「ナックビーナス」。

マイル路線から短距離に転じた前走の阪急杯で3着と適性を見せた「ロジクライ」などが上位人気に推されそうです。

春のスプリント王の称号を手にするのはどの馬になるか!?

追い切り観点から検討していきます。


追い切り・調教から見る好走傾向

過去5年の好走馬の最終追い切りを見ていきます。

2018年
1着 ファインニードル
栗坂 54.3-39.5-25.7-12.8 馬なり
2着 レッツゴードンキ
栗坂 53.2-38.3-25.3-12.8 強め
3着 ナックビーナス
美南W 69.9-54.0-38.9-12.8【2】直強め
2017年
1着 セイウンコセイ
美南W 65.0-50.2-36.5-12.5【8】一杯
2着 レッツゴードンキ
栗坂 52.4-37.8ー計不-12.4 末強め
3着 レッドファルクス
美南W 67.4-51.6-38.3-12.8【7】直強め
2016年
1着 ビッグアーサー
栗坂 51.0-36.6-23.4-12.0 一杯
2着 ミッキーアイル
栗坂 49.7-36.2-24.1-12.3 末一杯
3着 アルビアーノ
美南W 68.0-51.6-37.8-12.8【3】直強め
2015年
1着 エアロヴェロシティ
中京芝 57.5-43.2-13.8【7】馬なり
2着 ハクサンムーン
栗坂 51.8-37.9-24.4-12.2 一杯
3着 ミッキーアイル
栗CW 85.8-68.2-53.1-39.3-12.2【7】馬なり
2014年
1着 コパノリチャード
栗坂 52.8-38.9-25.2-13.0 強め
2着 スノードラゴン
美坂 52.2-37.8-24.3-12.0 馬なり
3着 ストレイトガール
栗CW 65.0-50.4-37.3-12.0【8】直強め

このような結果になっています。

まず押さえておきたいのはスプリント戦なので坂路でビシッと仕上げている馬の方が良い傾向が出ています。

そもそも坂路仕上げの馬が圧倒的に多いという面もあるのですが、、、

過去5年totalで見ると、

栗東坂路仕上げ:48頭中7頭好走。

栗東CW仕上げ:9頭中2頭好走。

美南坂路仕上げ:12頭中1頭好走。

美浦W仕上げ:16頭中4頭好走。

人気馬で栗東坂路仕上げの馬はある程度信頼できるという印象ですね。

栗東CW仕上げの馬は2015年3人気3着ミッキーアイル・2014年1人気3着ストレイトガールの2頭。

スピード能力のある人気馬でないと、この仕上げ方はあまり良くない印象ですね。

ギリギリ馬券圏内ということを踏まえても、この仕上げはマイナスと捉えて良さそうです。

そして、注目は穴なら美浦W仕上げの馬に注目というところ。

2017年3着レッドファルクス・2016年3着アルビアーノは人気サイドではありましたが、2018年3着ナックビーナス・2017年1着セイウンコセイは人気薄でした。

どの馬にも共通するのは終い重点でしっかり脚を伸ばして、ラスト1F12秒台を記録していること。

美浦Wでラスト1F12秒台を記録できるのは、脚力のある証拠でもあります。

というところでは、美浦W仕上げ馬に関してはこれが条件になってきそうです。

【好走傾向まとめ】

坂路仕上げの馬が圧倒的に多いのですが、基本的には栗東坂路仕上げの馬が中心。

これはスプリント戦のセオリーでもあります。

栗東CW仕上げの馬は人気以下の着順となっており、この仕上げは人気馬でもマイナス。

むしろ人気馬でないと買えないイメージで。

穴なら美浦W仕上げに注目。

追い切り内容として、終い重点でしっかり脚を伸ばしてラスト1F12秒台を記録している馬には要注目。

 

―【PR】―――――――――――――――

【本当に儲かる次世代競馬サイトです】

「競馬情報サイトって怪しいところが多い」これは紛れもない事実です。
しかし、重要なのはどのようなサイトでも「きっちりと予想が当たること」

今回、ご紹介する『みんなの万馬券』というサイトの特徴は極めてシンプル。
とにかく当たる!!
そもそも競馬サイトにそれ以外の特徴って必要ですか?

みんなの万馬券では独自ルートから

当たる予想を提供を提供しています。

このサイトのコンセプトは「すぐ稼げる、すぐ収入アップ」です。
まずは、この無料情報でこのサイトの実力を確認してみてください!

>>無料情報をチェック<<

追い切りパターンの考察

それでは、有力各馬の追い切りパターンを考察していきます。

ダノンスマッシュ

《1週前追い切り》
助手 栗坂 稍 49.7 36.6 24.3 12.5 一杯
ミッキーワイルド(古馬1000万)1.4秒追走0.5秒先着

追い切りパターン

2走前から坂路を中心に追い切りを敢行されています。

その中で2走前は〝1週前ウッド追い⇒最終坂路仕上げ〟。

前走は〝1週前坂路追い⇒最終坂路仕上げ〟。

どちらでも好走しているので特に気にする必要はなさそうではあります。

前走の内容をさらに掘り下げると〝1週前坂路一杯追い⇒最終坂路馬なり仕上げ〟となっています。

1週前に一杯に負荷を掛けて最終馬なりでまとめるというのは、昨年トレンド化していた勝負仕上げパターン。

というところでは、個人的にはこちらの仕上げがベストと考えます。

その1週前追い切りは、13.7-12.3-11.7-12.2という超ハイラップであったことも押さえておきたいポイント。

 

モズスーパーフレア

《1週前追い切り》
ナシ

追い切りパターン

滞在競馬を除いて、全て坂路で調整されています。

坂路でビシビシ鍛え上げられて、自慢のスピード能力が開花したのは昨夏辺り。

それまでも坂路で好時計を叩くことはありましたが、この辺りからまた一段と追い切り内容が良化しています。

スタート後1F目に13秒台の速いラップを叩きながら、3F目or4F目に11秒台のラップを刻むという、超スピード志向の馬に成長を遂げました。

だからこそレースにいって、前半ハイペースで飛ばしながらも後半の2枚腰に繋っているのでしょう。

この高水準追い切りをこなしてくるかに注目したいですね。

 

レッツゴードンキ

《1週前追い切り》
岩田康 栗坂 良 49.4 36.8 24.6 12.5 一杯

追い切りパターン

稀にウッドを使うことがありますが、基本的には坂路のみで本数をしっかり乗り込む、というのがこの馬の追い切りパターンとなっています。

勝負パターンとしては〝1週前坂路追い⇒最終坂路追いという中で、2週続けてビッシリ負荷を掛けてくる〟パターン。

ビッシリ負荷を掛けているので当然時計も超好時計を叩くことがほとんど。

メイチに仕上げたい場面ではほぼこの追い切り過程を踏んでいます。

相手関係上、凡走することもありますが基本的な勝負パターンはこれ。

逆に最終追い切りが馬なり調整で緩められているようだと危険信号、

まぁこれはGⅠ前の前哨戦で多く見られる追い切りパターンです。

 

ナックビーナス

《1週前追い切り》
助手 美南W 良 74.0 57.9 42.8 14.7【2】馬なり

追い切りパターン

好走パターンとしては〝1週前ウッド追い⇒最終ウッド仕上げ〟or〝1週前ウッド追い⇒最終ウッド仕上げ〟の2パターン。

どちらのパターンを踏んでも好走があるので追い切りパターンとしてはどちらで仕上げてきてもOKという印象です。

時計面に関しても速いパターン・遅いパターンがあるのですが、これもどちらのパターンでも好走があります。

追い切りから特に目立つ点はなさそう、、、

強いて挙げるなら、馬場の内目を通って好時計を叩いたパターンでは凡走傾向にあるので、馬場の外目を軽快に走れている方が好走率は上がるイメージですね。

 

ロジクライ

《1週前追い切り》
小林徹 栗坂 良 49.4 36.4 24.1 12.4 末一杯
ブラヴィッシモ(古馬オープン)0.5秒追走0.8秒先着

追い切りパターン

骨折明け約2年ぶりのレースになった2017年12月以降、全て坂路のみで調整されています。

元々坂路中心に馬を作られており、脚元不安からくる坂路仕上げではないので心配無用でしょう。

この馬の勝負パターンは〝1週前坂路一杯追い超好時計⇒最終坂路馬なり仕上げ〟。

約2年ぶりの復帰戦以降、この追い切りパターンは【2-1-1-1】という成績になっています。

唯一の着外はマイルCSで仕方なし。

厩舎としてもこの追い切りパターンが勝負パターンなので、この追い切りパターンを踏んできた場合は買いでOK。

 

高松宮記念2019 まとめ

1週前追い切りとしては上位勢どの馬も素晴らしい追い切り過程を踏んでいますね。

スプリント頂上決戦らしく、坂路で50秒を切る超時計を叩いている馬がダノンスマッシュ・レッツゴードンキ・ロジクライの3頭。

間隔が詰まるモズスーパーフレアは追い切りを開始していませんが、これも50秒を切る脚力を持った馬。

このまま全馬無事に出走してくれば、本当のスピード頂上決戦が見られそうですね。

坂路調整組から軸を選ぶのがベターというところでは、この4頭は文句なく普通に有力になってきそうではあります。

あとは最終追い切りをどういう形でまとめてくるかを見て、最終結論を導きいたいところですね。

 

それでは最後に、追い切りから考える穴候補馬をランキングに載せておきます。

この馬⇒ 人気ブログランキングへ(セイウンコウセイ)

《1週前追い切り》
助手 美南W 良 78.6 65.2 52.3 39.7 13.3【9】一杯

追い切りのラップ水準としては決して褒められるものではありません。

しかし、1週前に大外を回ってビッシリと負荷を掛けてきたことを評価したです。

このような追い切りパターンは初めてになります。

これは意欲の追い切り過程変更と捉えたい場面です。

また、このレース穴をあけるなら美浦W仕上げ馬ということもあるので、最終追い切りも美浦Wであれば穴で狙える馬になるはず( >д<)




【当てるため・稼ぐため・勝つため】の競馬サイト

今回、ご紹介する『キメルケイバ』というサイトの特徴は極めてシンプル。
とにかく当たる情報を無料で提供してくれるのです。

元馬主、元厩務員、元騎手、元調教師、現役トラックマン
など、数々の情報元と独自の繋がりを持っています。

だからこそ
新聞やテレビでは公開されない本物の裏情報を基に的中を狙える。

▼先週も万馬券越えの馬券を多数的中▼

3/10中京10R

3連単1頭軸流し
軸馬:1
相手:7-8-11-12

<結果:1-11-8>

獲得金額:110,400円

このような的中が数多く出るのですから
人気が出るのも納得の話ですよね。

あなたもキメルケイバを使ってガッツリ稼いでみませんか?

キメル無料買い目情報はこちらから

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

◯ 競馬初心者でもOK
◯ 競馬の知識が無くてもOK

指定の買い目通りに買うだけで、的中を目指せます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。