【高松宮記念2021予想】追い切りの好走傾向・データ

Pocket

今回は高松宮記念2021予想:追い切りの好走傾向・データを中心とした記事を書いていきます。

今年2つ目のGⅠレース高松宮記念。

ここから春のGⅠシリーズが始まり、競馬ハイシーズンに突入します。

競馬人としては楽しみな日が多くなりますね!

まずはこの春のスプリント王決定戦をしっかり的中させて、この後のGⅠシリーズに向かっていきたいところです。

そんな中、近2年は波乱傾向の高松宮記念。

それもこれも現スプリント界に王者不在という事も要因の一つでしょう。

今年は新たなスプリント界のスター誕生となるか、まずは追い切り・調教傾向から検討していきます。

【高松宮記念2021予想】追い切りの好走傾向・データ

 

追い切りの好走傾向・データの動画版。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

追い切りの好走傾向・データの文字版。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

それでは、追い切りの好走傾向・データということで、過去3年の好走馬の追い切りを見ていきます。

2020年
9人気1着 モズスーパーフレア
栗坂(併) 50.6 37.0 23.8 12.1 強め
栗坂(単) 48.9 36.1 24.0 12.4 馬なり
2人気2着 グランアレグリア
美南W(単) 69.3 53.0 39.0 12.2[5]馬なり
美坂(単) 51.9 37.5 24.4 12.3 馬なり
4人気3着 ダイアトニック
栗坂(併) 49.9 36.8 23.9 11.9 末強め
栗坂(単) 53.4 38.3 24.8 12.2 馬なり
2019年
3人気1着 ミスターメロディ
栗坂(併) 58.8-43.6-28.8-14.3 馬なり
栗芝(単) 84.4-68.3-53.5-38.9-13.7【7】馬なり
12人気2着 セイウンコウセイ
美南W(単) 78.6 65.2 52.3 39.7 13.3[9]一杯
美南W(単) 68.9 52.7 38.9 11.8[9]末一杯
17人気3着 ショウナンアンセム
ナシ
美南W(単) 85.3 69.1 53.4 38.6 12.9[8]馬なり
2018年
2人気1着 ファインニードル
栗CW(併) 94.7 78.3 63.7 49.8 37.0 12.1[7]一杯
栗坂(単) 54.3 39.5 25.7 12.8 馬なり
3人気2着 レッツゴードンキ
栗坂(単) 49.2 36.3 24.5 12.6 一杯
栗坂(単) 53.2 38.3 25.3 12.8 強め
10人気3着 ナックビーナス
美南W(単) 67.2 52.5 38.9 13.3[1]馬なり
美南W(併) 69.9 54.0 38.9 12.8[2]直強め

※上部:1週前追い切り・下部:最終追い切り

このような結果になっています。

これに2017年と2016年を加えた過去5年の最終追い切りをトータルで見ると、

栗東CW仕上げ:【0-0-0-4/4】複勝率0%

栗東坂路仕上げ:【3-3-1-45/52】複勝率13.5%

美南W仕上げ:【1-1-4-16/22】複勝率27.3%

美浦坂路仕上げ:【0-1-0-7/8】複勝率12.5%

その他仕上げ:【1-0-0-3/4】複勝率25.0%

【栗東CW仕上げ】は出走頭数も少なく、基本的には重視できない仕上げパターンと考えて良さそうです。

出走頭数が断然の【栗東坂路仕上げ】。

出走頭数が多くなっているので好走数が最も多いものの好走率で見ると低くなっています。

出走頭数が多いという事もあり、人気で凡走があるのもこのパターン。

スピードの頂上決戦という側面があるので坂路4F50秒を切るような猛時計を記録する馬のオンパレード。

ラップとしても1F11秒台のハイラップが当たり前のように見られます。

つまり、追い切りの時計というのはさほど意味をなさないと考えてもいいかもしれません。

穴で注目は【美南W仕上げ】。

加えて出走頭数が少ない中ので好走数が多いので好走率は高くなっています。

2019年12人気2着セイウンコウセイ・17人気3着ショウナンアンセム

2018年10人気3着ナックビーナス

2017年5人気1着セイウンコウセイ・1人気3着レッドファルクス

2016年3人気3着アルビアーノ

どの馬にも共通するのは終い重点でしっかり脚を伸ばして、ラスト1F12秒台以下を記録していること。

馬場の重かった改修前の美浦Wでラスト1F12秒台以下を記録できるのは、脚力のある証拠でもあります。

というところでは、美浦W仕上げ馬に関してはこれが条件になってきそうです。

改修された今の美南Wの馬場水準で考えれば1F12.5秒以下。

もっと言えば1F11秒台の馬に注目していきたいところです。

〝その他仕上げ〟から好走したのは2019年3人気1着ミスターメロディー。

ミスターメロディーは藤原厩舎の勝負パターンである栗東芝仕上げを使われていたという事での好走なので基本は軽視と考えます。

 

最後に競馬サイトの紹介。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

※新サイト入稿しました!お試し下しさい!※

メールアドレスの登録のみで、無料情報を閲覧できます。

【gmail・yahooメール】での登録をオススメします。

【宝馬】

「競馬情報サイトって怪しいところが多い」これは紛れもない事実です。
しかし、重要なのはどのようなサイトでも「きっちりと予想が当たること」

宝馬では独自ルートから当たる予想を提供を提供しています。

まずは、高精度3連複の無料情報でこのサイトの実力を確認してみてください!
【URL】http://takara-uma.net/







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。