【AJCC・東海ステークス2019予想】押さえておきたい追い切り・調教のポイント

Pocket

今回はAJCC・東海ステークス2019予想:押さえておきたい追い切り・調教のポイントを中心とした記事を書いていきます。

JRA年明け開催2週目は3日間開催。

ということで、この記事をUPする頃には火曜日の夕方頃。

あっという間に週末を迎えるという事で、1週前段階の予想を2重賞一気に検討していきたいと思います。

特にこの3日間開催は個人的に大惨敗、、、

なんとか巻き返しを期す週末という事で、気合十分に予想していきたいと思います。

今週は大注目のGⅡ戦が2戦。

AJCCでは、最強明け4歳世代の菊花賞馬フィエールマンが始動。

東海ステークスでは、5連勝中でそのどれもが圧勝続きのインティが初の重賞挑戦。

それでは、AJCC・東海ステークス2019予想:押さえておきたい追い切り・調教ポイントに入っていきましょう。

 

【AJCC2019予想】押さえておきたい追い切り・調教のポイント

 

まずは登録馬を確認しておきましょう。

AJCC 登録馬
※騎手は現時点の想定

アクションスター  大野拓弥
サクラアンプルール 蛯名正義
シャケトラ     戸崎圭太
ショウナンバッハ  三浦皇成
ジェネラーレウーノ 田辺裕信
ステイインシアトル 内田博幸
ダンビュライト   北村友一
フィエールマン   ルメール
マイネルミラノ   柴田大知
ミライヘノツバサ  北村宏司
メートルダール   マーフィー

フルゲートは17頭に11頭が登録。

全馬出走可能ですね。

続いて現時点の予想オッズを確認しておきましょう。

AJCC 予想オッズ

1 フィエールマン   2.0
2 ジェネラーレウーノ 2.5
3 ダンビュライト   4.9
4 サクラアンプルール 13.0
5 シャケトラ     16.8
6 メートルダール   21.1

ここまでが上位に推されそうな馬たちです。

やはり人気は4歳馬2騎に集まりそうですね。

昨秋~年明け重賞での現4歳世代の席巻ぶり。

それに加えて、菊花賞馬という称号を持つフィエールマン

重賞2勝のジェネラーレウーノに人気が集まるのは当然といったところですね。

それでは、有力各馬の1週前追い切り・調教を確認していきましょう。

 

フィエールマン

外厩:ノーザンファーム天栄

今をときめくノーザンファーム天栄調整馬。

嶋田 美南W 良 68.2 52.9 39.5 12.8【6】馬なり

アッラサルーテ(古馬1600万)0.6秒追走0.6秒先着

とにかく体質が虚弱でレースを使えない馬。

元々は有馬記念に出走する予定もありましたが、そこを回避。

年始も発熱を起こしたという話もあり、年齢を重ねても虚弱体質は変わっていない印象です。

そういうところでは、追い切り内容は非常に大事になってくるでしょう。

12/28から乗り出しを開始しており、1週前追い切りまでに4本の追い切りを消化しています。

これまで通り、6本前後の本数でレースを迎えるというところでは、調整過程としてはいつも通りと判断出来ますね。

ノーザンファーム天栄で調整しているということもいつも通り。

追い切り内容としても、併せ馬でしっかり闘争心を煽られています。

手応えは楽なままアッサリ僚馬を競り落とすあたり、能力は相当なものがあることが計り知れます。

虚弱体質をクローズアップしてきましたが、ここまでの追い切り水準は申し分なし。

ノーザンファーム天栄で調整してきた馬は総じて、厩舎で負荷を掛けない傾向にあります。

そういう面で、最終追い切りでも負荷を掛けてくることはしないでしょう。

いつも通り〝ウッドで馬なり+併せ馬先着〟で最終追い切りを消化出来れば、デキに関しては問題ないと判断出来ます。

デビューから4戦目で菊花賞馬に輝き、MAX能力はまだまだ計り知れないものがあります。

母リュヌドールはフランスGⅠ勝ち馬という良血という事を考えても、素質は十分。

 

ジェネラーレウーノ

外厩:ノーザンファーム天栄

今をときめくノーザンファーム天栄調整馬。

助手 美南W 良 80.8 65.4 51.3 38.0 13.6【3】強め

未勝利戦の一度を除く、7度は全て外厩:ノーザンファーム天栄を経由しています。

今回もいつも同様ノーザンファーム天栄を経由。

追い切りに関しては、12/31に乗り出しを開始し、1週前追い切りで3本の追い切りを消化。

基本的にノーザンファーム天栄で調整されている馬は、そこでビッシリと調教を付けられているので、トレセンでの本数は気にしなくてOK。

内容に目を向けると、しっかり長めを追われて負荷も掛けられています。

この馬の調整過程として、1週前追い切りで負荷を掛けてくることがこれまでの調整過程。

そういう面では調整過程に関してはここまで申し分なしという感じ。

しかし、時計面に関しては多少ケチを付ける材料も。

全体時計としては上々で特に問題ないのですが、その代わりに終いが甘くなってしまったところはマイナスポイント。

単走という点に関しても、これまでの調整過程から考えると疑問符を与えたくなります。

最終追い切りでは〝ウッド半マイル追い+併せ馬先着が〟最低条件になってきそう。

ウッドで長めを追ってくるようだと、まだ本調子ではない可能性も、、、

京成杯&セントライト記念を制して重賞2勝。

クラシック皐月賞では3着と、ハイレベル4歳世代の中でも能力は上位にあることを示してきました。

前走の菊花賞では好スタートから先手を奪って逃げるも、最後の直線では粘り切れず9着と馬群に沈みました。

ドスローの瞬発力勝負となってはこの馬の持ち味は全く活きませんでしたね。

度外視可能の一戦。

重賞2勝を含む【3-0-1-0】という得意の中山に戻れば、再度好勝負可能ですね。

 

ダンビュライト

外厩:ノーザンファームしがらき

北村友 栗坂 稍 51.2 37.9 25.4 12.9 一杯

追い切りとしては毎度動いてくる馬。

今回も例に漏れず、坂路で好時計を叩いてきました。

ジョッキー騎乗でビッシリ追えばこの馬なら当然の水準という感じ。

しかし、気性面に不安がある中でビッシリ負荷を掛けてきたことは評価したいポイント。

前走の追い切りは明らかに手控えられており、折り合いを付ける追い切りに終始。

ジョッキーとのコンタクトをとるということに重点を置いた追い切りでした。

そんな調整過程に不安がある中で、チャレンジカップ4着と好走してきたなら、追い切りを順調にこなせればさらなる上積みがあっても、という場面。

最終追い切りでは、〝併せ馬+しっかり負荷を掛けてくる〟ことが出来れば、走れる態勢は整ったと見たいです。

しかし、最大の敵はその気性面。

前々走天皇賞秋では、返し馬で放馬し、競争除外。

前走チャレンジカップでは、ゲートの中で突進して口が切れるというアクシデント。

この馬に関しては、状態面よりも自身との戦いになってくるか。

 

上位3頭についてはこのような評価。

どの馬も順調に来ている雰囲気を感じつつも、不安な点も見え隠れするという感じですね。

このまま人気通りに決まるのか。

それでは最後に、追い切りからの穴馬をランキングに載せておきます。

この馬⇒ 人気ブログランキングへ(ショウナンバッハ)

助手 美南W 良 53.2 38.1 12.3【4】一杯

4走前にウッド追いを取り入れてから、4戦2好走。

それまでは坂路中心の追い切りで鳴かず飛ばずの成績が一変。

元々追い切りでは動く馬で、いつか穴をあける馬という見方をしていましたが、この追い切り過程の変更がプラスに働いています。

それでも、まだまだフロック視されているここは十分狙い目。

追い切りもいつも通り抜群に動いています( >д<)

 

【ここでしか入手不可能な的中馬券情報】

今回、ご紹介するのは『的中データラボ』というサイト。

地方競馬を含め、毎日予想を無料で公開しているサイト。
予想の参考・情報収集としても役に立つサイトです。

そして的中情報は画像付きで配信するという信頼できる情報。

本当に的中しているからこそできる芸当ですね。

的中データラボでは独自ルートから当たる予想を提供を提供しています。

そしてなによりすごいのは、

土日の中央競馬はもちろん、平日は地方競馬の無料予想を公開しています。

まずは、この無料情報でこのサイトの実力を確認してみてください!

>>無料情報をチェック<<

【東海ステークス2019予想】押さえておきたい追い切り・調教のポイント

 

まずは登録馬を確認しておきましょう。

東海ステークス 登録馬
※騎手は現時点の想定

アスカノロマン   太宰啓介
アポロケンタッキー ??
アングライフェン  ??
アンジュデジール  横山典弘
インティ      武豊
カゼノコ      ??
クインズサターン  四位洋文
グレンツェント   ミナリク
コスモカナディアン ??
サルサディオーネ  丸山元気
サングラス     ??
シャイニービーム  ??
スマハマ      藤岡佑介
タムロミラクル   ??
チュウワウィザード 川田将雅
マイネルバサラ   ??
ミツバ       福永祐一
メイショウスミトモ 古川吉洋
モルトベーネ    藤岡康太

フルゲートは16頭に19頭が登録。

除外対象馬はシャイニービーム・サングラス・アングライフェンの3頭となっています。

続いて現時点の予想オッズを確認しておきましょう。

東海ステークス 予想オッズ

1 インティ      2.0
2 チュウワウィザード 3.4
3 アンジュデジール  4.6
4 スマハマ      10.2
5 クイーンズサターン 13.0
6 ミツバ       20.4

ここまでが上位に推されそうな馬たちです。

最大の注目は一気の5連勝で重賞初挑戦となるインティでしょう。

なぜこれほどまでに注目されるか、、、それは何と言っても派手な勝ちっぷり。

2戦目の未勝利戦を7馬身差で勝ち上がると、その後も後続に4、4、10、5馬身という圧倒的な差をつけて勝利。

ここも圧倒的な差で勝利を収めるようなら、ダートの超新星としてダート王者のルヴァンスレーヴに対抗できる馬となるかも!?

逆転候補筆頭は名古屋グランプリを制したチュウワウィザード

ここまで8戦して【5-1-2-0】と馬券を外していない安定感も魅力。

ハイレベル4歳世代の一角を担う馬としても注目の一頭。

ダートの新生として名乗りを挙げるのはどちらになるか!?

それでは、有力各馬の1週前追い切り・調教を確認していきましょう。

 

インティ

外厩:ヒイラギawaji

助手 栗CW 稍 83.7 66.2 52.1 38.0 12.6【3】強め

これまで通り単走でじっくり乗り込まれています。

1週前追い切りの水準としても、これまで大きく変わらず順調そのものという感じ。

ここまでほぼ好走しかしていないので、比較対象がないのでコメントの仕様がない感じですww

ここまで6戦5勝。

1敗は出遅れたデビュー戦のみ。

それ以外は圧勝続きで全く底を見せていない馬です。

ここまで圧勝続きなだけに、課題という課題が見えないのも事実。

しかし、初めての重賞挑戦で相手関係もこれまでよりずっと高くなります。

死角があるとすればそこか。

とは言え、ここまでの勝ちっぷりも次元が違うのでアッサリここを通過点にする可能性も十分。

まぁ、普通に有力という言葉以外見つからないですね(^^;)

 

チュウワウィザード

在厩調整

助手 栗坂 稍 54.1 39.6 25.9 13.3 一杯

エルティグレ(古馬500万)0.7秒追走0.4秒先着

中3週のなるのでこれが2本目で、ここからピッチを上げてくるかな、という雰囲気。

しかしそれにしてもしっかり追った割には時計は出なかったな、という印象。

ラストを伸ばすという内容でもなく、この追い切り自体はイマイチと言わざるを得ないか。

これまでも中4週・中3週・中2週といった間隔が詰まる中でもレースをこなしてきています。

それらと比べても、1週前追い切りの水準は過去最低レベルとなっています。

この1本負荷を掛けた追い切りでどこまで変わり身があるか。

最終追い切りには注目ですね。

1週前追い切りで水準が低かったことを考えれば、最終追い切りでは〝併せ馬先着+好時計〟はほしいところ。

前走名古屋グランプリでは、グリム・ミツバなどの重賞馬を負かしての勝利。

インティと比べても戦ってきた相手レベルはこちらの方が高いことは明白。

ハイレベル世代にあって馬券内を外していないと言うことを考えても、能力的には十分重賞連勝できる力はあるでしょう。

 

アンジュデジール

在厩調整

助手 栗CW 稍 82.6 66.5 51.3 38.3 12.6【6】末一杯

プロスパラスデイズ(古馬1600万)アタマ先着

1週前追い切りでしっかり負荷を掛けてくるのがこの馬のパターン。

そういうところでは、終い重点とはいえ、負荷を掛けてきたことは評価できるポイント。

併せ馬でも闘争心を煽られて、ラスト先着を果たすという好内容。

牡馬相手にも引けを取らない動きを見せてきたことは好感が持てる内容です。

時計面・フットワーク面を含めてこの馬のパフォーマンスは発揮できている印象を受けます。

1週前追い切り⇒最終追い切りと、続けて負荷を掛けてくることがこの馬の好走パターン。

最終追い切りで同程度の負荷を掛けてくるかには要注目。

昨年のダート女王にして、ダート頂上決戦チャンピオンズカップでもあわやの見せ場を作りました。

ダートでは牡馬が相手になったもtotal掲示板を外しておらず、地力は相当に高いことが分かります。

基本的にはダートでは牡馬>牝馬というのがデフォルトではありますが、この馬ならという期待も十分。

 

オッズ構成としてはこの3強の戦いという感じ。

ここまでの追い切り内容としてはインティ=アンジュデジール>チュウワウィザードという風に感じています。

最終追い切りでどこまで変わってくるか。

戦ってきた相手はアンジュデジール=チュウワウィザード>インティ。

これを踏まえると、アンジュデジールが一番死角が無いようにも思えますが、、、

やっぱりダート戦は牡馬>牝馬が鉄則なので、、、そこをどう考えるか。

意外と難しい一戦ですね。

この3頭が全て馬券外ということは考えづらいので、どれを軸に据えるかがポイントになってきそうなレースです。

それでは最後に、このレースの狙い馬をランキングに載せておきます。

この馬⇒ 人気ブログランキングへ(スマハマ)

春先はこの世代の1・2を争うレベルにあった馬。

骨折により成長期の大事な半年間を棒に振ったことがどうなのか、、、

焦点はそこ。

しかし、一時はこのハイレベル世代のTOPクラスに位置していた逸材。

ここを好走するようなら、この人気で買えるのは今回限りでしょう。

そういう意味では丁半博打のような形ですが、この馬に賭けるという手も。

上位勢をまとめて負かせるなら、という見方だとこの馬しかいないでしょう( ✧Д✧)

 

投資競馬

▼ 今週の特注重賞情報 ▼
〝アメリカジョッキークラブカップ〟

確かな情報筋からの独占情報
独自ルートからの緻密なリサーチ

過去傾向データの徹底調査
最新競馬ロジックの駆使

これら【最高のIT技術】を駆使して

高額配当を量産しているサイト!

先週も高額配当を多数的中しています!

◆◆近走の〝大万馬券〟お届け実績◆◆

2019-1-14
中山11R[京成杯]
3連単:07-05-02
払戻額:33万2100円

『本当に当たるのか?』そう考えるのは至って当然です。

その為に、無料で
まずは競馬で儲けることが可能であると〝事実〟を
体験していただけます。

>>無料情報はこちら<<

無料情報受け取りに必要なのはメールアドレスのみで、
yahoo、google等のフリーメールでの登録OKです!