【JBCクラシック2019予想】穴を狙っても面白い!追い切り・調教分析

Pocket

今回はJBCクラシック2019予想:穴を狙っても面白い!追い切り・調教分析を中心とした記事を書いていきます。

11/4(月) 浦和競馬10R 15:30発走

浦和競馬場ダート2000mで行なわれるJpnⅠ戦になります。

1日でダート交流GⅠが3つ開催される地方の祭典JBC競走のメインレースJBCクラシック。

チャンピオンズカップ⇒東京大賞典へと続く中距離ダート王決定戦第1弾としても注目の一戦ですね。

今年はゴールドドリームが南部杯から、インティがみやこステークスを始動戦に選んだことから、ここはオメガパフュームvsチュウワウィザードが見どころの一戦。

どちらも4歳の若馬という事で、さらなる飛躍を誓う一戦として目の離せない戦いになりそうですね。

そんな注目のJBCクラシックを追い切り・調教から検討していきます。

【JBCクラシック2019予想】追い切り・調教分析

 

まずは確定した枠順配置を確認しておきましょう。

JBCクラシック 枠順配置

 1- 1 シュテルングランツ 牡8 的場文男  浦 和
 2- 2 ナラ        牝3 松本剛志  笠 松
 3- 3 オメガパフューム  牡4 デムーロ JRA
 4- 4 ストライクイーグル 牡6 吉原寛人  大 井
 5- 5 マイネルアウラート 牡8 保園翔也  浦 和
 5- 6 マインシャッツ   牡6 中島龍也  大 井
 6- 7 アンデスクイーン  牝5 戸崎圭太  JRA
 6- 8 チュウワウィザード 牡4 川田将雅  JRA
 7- 9 ロードゴラッソ   牡4 藤岡佑介  JRA
 7-10 クインズサターン  牡6 矢野貴之  JRA
 8-11 ワークアンドラブ  牡4 笹川翼   大 井
 8-12 センチュリオン   牡7 森泰斗   浦 和

浦和ダート2000m

向こう正面2コーナー付近からスタートするコースで、最初のコーナーまでは約300mとそれなりに距離があります。

小回り+最後の直線が短い事から圧倒的に前に行ける馬が有利。

このことはどの騎手も分かっているので、スタート後各馬が前の位置を取りに行く際、内枠の馬がスタートで立ち遅れると位置取りを下げることになります、

基本的には内枠が有利も、このパターンになると一転内枠が不利になる事もあります。

コーナーを6つ回るコースで紛れも起こりやすいので、必ずしも力通りには決まらないコースとなっており、波乱も期待できるコースといえるでしょう。

ただし、交流重賞ではJRA勢と地方馬の能力差が大きいのでコース特徴はあまりあてにならず、JRA勢が強いレースを見せる事の方が多くなっています。

 

それでは、有力各馬の最終追い切り・調教を考察していきます。

【オメガパフューム】

《1週前追い切り》
デムーロ 栗CW 重 80.3 65.1 51.4 38.0 12.6【6】強め
ノイーヴァ(古馬1勝)1.1秒追走同入

《最終追い切り》
調教師 栗坂 稍 51.5 38.0 25.4 13.1 一杯
ワンダーリーデル(古馬オープン)0.8秒先行0.2秒先着

追い切り考察

基本的にこれまでは坂路中心の追い切り過程になる事が多いのがこの馬の追い切りパターンです。

今走は〝1週前栗東CW追い⇒最終栗東坂路仕上げ〟という追い切りパターンを踏んできました。

1週前追い切りで栗東CWを挟んでくるのは3歳春以来の事で約1年半ぶりの追い切りパターンになります。

坂路での追い切りよりも栗東CWでの追い切りの方が終いの伸びが良いタイプで1週前追い切りはしっかり終いを伸ばしてきました。

最終追い切りの坂路では全体時計51.5秒と自己ベストタイ時計を計時するも、ラスト1Fは13.1秒と終いを要す追い切りになりました。

この馬としては坂路で13秒台になることも珍しくないので、さほど気にする必要もないか。

それでも前走の帝王賞1着では、1週前・最終追い切り共にラスト1F12秒台でまとめており、前走の方が追い切りの水準としては高かった印象を受けます。

中間はしっかり負荷を掛けて、最終追い切りも強めに負荷を掛けられており、この馬の好走パターンになっています。

秋初戦という事を考えると仕上がり程度は8割程度の印象で、取りこぼしは十分考えられる場面です。

 

【アンデスクイーン】

《1週前追い切り》
助手 栗坂 重 54.2 38.9 25.6 13.2 強め

《最終追い切り》
助手 栗坂 良 52.7 38.3 25.4 13.1 一杯

追い切り考察

ここまでは栗東坂路中心の追い切りを消化しています。

坂路でビシビシと負荷を掛けて仕上げる西園厩舎らしい追い切りを消化されています。

今走も相変わらず坂路でビシビシとした追い切りを消化。

テンから飛ばしていく追い切りになる事が多いので、ラスト1F13秒台になるようなラップ落とすことが日常茶飯事となっています。

その中でもその時計が速いに越したことはない。

ラスト1F13秒台前半~12秒台の方が成績は良くなる傾向にあります。

今回の追い切りもいつも通り終いを要す追い切りパターンになりました。

その中でも最終追い切りはこの馬としては速い部類の全体時計を記録。

仕上がりとしては良さそうで、この馬の好走パターンに合致します。

馬自身の仕上がりは問題ないので、あとは牡馬との戦いがどうか、というところ。

 

【チュウワウィザード】

《1週前追い切り》
助手 栗CW 重 86.3 69.5 53.9 39.2 11.9【8】一杯
ウインアマルフィ(新馬)1.9秒追走1.1秒先着

《最終追い切り》
助手 栗坂 良 53.9 39.2 25.3 12.6 馬なり

追い切り考察

栗東CWで仕上げられることもありますが、基本的には坂路中心の追い切り過程となっており、〝1週前栗東坂路追い⇒最終栗東坂路仕上げ〟がメインとなっていました。

そんな中、近走は〝1週前栗東CW追い⇒最終栗東坂路仕上げ〟を続けており、今走もこの追い切りパターンを踏んでレースに臨むことになりました。

これで3走連続この追い切りパターンとなっています。

ここまで馬券外の凡走がないので追い切りパターンから好不調を見つけるのは難しいです。

ただ、併せ馬で遅れを見せたときは勝ち切れていないところがポイントとなっています。

今走は中間3度併せ馬を行われましたが、全て同入以上の追い切りを消化しました。

追い切りからは不安ナシという印象です。

 

【ロードゴラッソ】

《1週前追い切り》
助手 栗坂 良 52.5 39.0 25.3 12.9 一杯
シャドウハンター(古馬2勝)0.7秒追走0.4秒先着

《最終追い切り》
助手 栗CW 良 67.8 53.1 38.8 12.2【4】一杯
メンターモード(古馬2勝)0.9秒追走アタマ先着

追い切り考察

今走は〝1週前栗東坂路追い⇒最終栗東CW仕上げ〟という追い切りパターンを踏んできました。

一見すると、あまり見ない追い切りパターンですが、この馬としてはこれがデフォルトの追い切りパターンとなっています。

前走のシリウスステークス1着もこの追い切りパターンを踏まれていました。

中間併せ馬でしっかり負荷も掛けられています。

過去には併せ馬で遅れる事も珍しくありませんでしたが、オープン昇級後は先着を繰り返す追い切りを続けています。

この辺りは成長もありそうです。

今走もしっかり先着を繰り返しており、前走からのデキ落ちは考えなくていいでしょう。

気になる点としては最終追い切りの栗東CW追いが5F追いでまとめらていることになります。

6F追いでの方が好走率としては高くなっているので、この点がマイナス。

追い切り評価としてはあくまでこの馬なり、という印象です。

 

――――――――――――――――――――

※おすすめサイトの紹介※

メールアドレスの登録のみで、無料登録完了です。

【gmail・yahooメール】での登録をオススメします。

【オアシス】
オススメ度★★★★★
限定人数 50人

夏から重賞でも絶好調!毎週点数を絞って高額配当連続的中!
スプリンターズS/6点で3連単12万1600円的中!
シリウスS/25点で3連単44万7080円的中!
オールカマー/9点で3連単65万1720円的中!
セントライト記念/12点で3連単52万8210円的中!
ローズS/6点で3連単19万2600円的中!
京成杯AH/24点で3連単72万2240円的中!
紫苑S/8点で3連単23万4260円的中!
新潟記念/15点で3連単63万0540円的中!
札幌2歳S/16点で3連単35万7840円的中!
北九州記念/20点で3連単58万9500円的中!
エルムS/24点で3連単42万9000円的中!

リピート率90%というところにこのサイトがいかに有益かを物語っています。

今なら先着50名様、無料登録で厳選買い目情報を毎週提供してくれます。

他サイトで満足できなかった方は試す価値あり!

口コミ情報でも評価の高いグロリアは必見です!
【URL】http://glo-ria.com/

――――――――――――――――――――

 

JBCクラシック2019 最終見解

昨年の東京大賞典、今年の帝王賞の勝ち馬で、昨年のJBCクラシックは2着と、実績では一枚抜けている「オメガパフューム」。

そして、重賞3勝馬でデビュー以来3着を外していない「チュウワウィザード」。

この2頭が人気を集めそうな一戦。

大井ダート2000mであればこの2頭の決着というのが最も高いでしょうが、今回の舞台は浦和ダート2000m。

小回りコースで紛れも十分考えられる舞台というところでは、この2頭で決着する確率は下がりそうです。

この2頭に続くのは前走初重賞制覇した「ロードゴラッソ」、牝馬交流重賞連勝中の「アンデスクイーン」になるか。

ただし、ロードゴラッソは前走比2kg増、アンデスクイーンは過去好走例が1度しかない牝馬というところでは全幅の信頼まではどうか。

過去の人気別データでは、

1人気【3-2-3-2】
2人気【1-4-1-4】
3人気【3-3-2-2】
4人気【2-1-0-7】
5人気【1-0-2-7】
6人気以下【0-0-2-85】

という結果になっており、基本的には堅く収まるレースですが、今年は紛れのある舞台というところでは人気薄の一発を狙っても面白いかもしれません。

穴をあけそうな地方馬は、、、

 

それでは最後に、狙いたい馬2頭をランキングに載せておきます。

この馬⇒ 人気ブログランキングへ

本命チュウワウィザード。

やはり前々から競馬が出来るこの馬を軸としてすえるのがベターな印象を受けます。

相手を少し捻って地方馬2頭をピックアップ。

相手2頭の内1頭は、気性面に課題は残るものの前走はグレンツェント・ノンコノユメを完封。

大井の内回りで連勝していることからも小回り向きの印象を受けますし、順調に使われている強みを活かして食い込みに期待。

もう1頭はJRA在籍時の2018年にマーチステークス勝ちがあり、南関東移籍後も距離不足だった3走前を除けばオール連対。

浦和の2000メートルで勝ち鞍があるのもこの馬だけという魅力的な部分を期待して。

JBC3競走の最終見解は当日オッズを見て、ライン@で配信します。

☟☟友達追加お願いします☟☟

 

新サイト入稿しました!!

今回ご紹介するのは「オアシス」と「J.H.A」。

これらのサイトはご存知の方も多いかもしれません。

他のブログでも数多く紹介されているサイトです。

「登録者数が多い=オッズが低下する」という理由から、登録者数が増えすぎて募集人数を制限していたサイト。

そんな中、ようやく再募集がかかり、
この度、当ブログでも紹介することが出来るようになりました。

いずれのサイトも今回は人数限定募集になるので、是非、今のうちに無料登録をオススメします!

いずれのサイトもメールアドレスの登録のみで、無料登録完了です。

【docomo・Softbank・icloud】メールですと届かない可能性がありますので、【gmail・yahooメール】での登録をオススメします。

――――――――――――――――――――

【J.H.A】
オススメ度★★★★★
限定人数 30人

このサイトの特徴は「少点数」で的中を狙うというハイレベルな予想にあります。

的中実績を見ても3連単10点以内というのが数多く見られます。
まさに「ローリスクハイリターン」。

その理由は、
元厩舎関係者や競馬記者など業界関係者が名を連ねているからに他ならないでしょう、
当然、その情報力は他のサイトを凌ぐと言って過言ではないです。

無料登録でその一部を公開しているので、まずは無料登録で参考にしてみては!?
【URL】http://www.j-h-a.net/

――――――――――――――――――――

【オアシス】
オススメ度★★★★★
限定人数 30人

無料登録をストップするほどの人気を誇る競馬サイト【オアシス】

このサイトの特徴は極めてシンプル。とにかく当たる!!
そもそも競馬サイトにそれ以外の特徴って必要ですか?

OASISでは独自ルートから当たる予想を提供を提供しています。
いつも高配当の3連単や3連複を少点数で的中!

まずは、無料情報でこのサイトの実力を確認してみてください!
【URL】http://www.successoasis.net/