【JBCスプリント2019予想】追い切り・調教分析〜本命は絶好の追い切りを消化した馬〜

Pocket

今回はJBCスプリント2019予想:追い切り・調教分析〜本命は絶好の追い切りを消化した馬〜を中心とした記事を書いていきます。

11/4(月) 浦和競馬9R 14:45発走

浦和競馬場ダート1400mで行なわれるJpnⅠ戦になります。

1日でダート交流GⅠが3つ開催される地方の祭典JBC競走のダートスプリント王決定戦JBCスプリント。

今年の注目はコパノキッキングに騎乗する藤田菜七子騎手が女性騎手初となる統一GⅠ制覇の快挙となるか、というところになるでしょう。

しかし、脇を固める面々も国内トップクラスのダートスプリント馬が揃っており、一筋縄ではいかないレースになりそうです。

ダートスプリント馬にとっては最大の目標となる一戦でどの馬も仕上げに関しては抜かりなしか、追い切り・調教から検討していきます。

【JBCスプリント2019予想】追い切り・調教分析

 

まずは確定した枠順配置を確認しておきましょう。

JBCスプリント 枠順配置

 1- 1 ミスターメロディ  牡4 福永祐一  JRA
 2- 2 ノブワイルド    牡7 左海誠二  浦 和
 3- 3 ショコラブラン   牡7 吉原寛人  大 井
 4- 4 サクセスエナジー  牡5 松山弘平  JRA
 5- 5 ブルドッグボス   牡7 御神本訓史 浦 和
 5- 6 ドリームドルチェ  牡7 戸崎圭太  浦 和
 6- 7 トロヴァオ     牡6 矢野貴之  大 井
 6- 8 ファンタジスト   牡3 武豊    JRA
 7- 9 ジョーストリクトリ 牡5 橋本直也  浦 和
 7-10 コパノキッキング  セ4 藤田菜七子 JRA
 8-11 メイショウアイアン 牡9 森泰斗   北海道
 8-12 ノボバカラ     牡7 藤本現暉  JRA

浦和ダート1400m

ホームストレッチの4コーナー付近からスタートするコースです。

スタートから最初のコーナーまで距離がありますが、コース形態上内枠がやや有利な傾向となっています。

最後の直線は短いという事もあり、ある程度先行争いは厳しくなりますが、それでも前に行った馬の方が有利。

後方から進める馬は直線一気は絶望的で、3コーナー~4コーナーにかけて捲れる馬でないと勝負にならないコースとなっています。

基本的な狙いは内枠・先行馬です。

 

それでは、有力各馬の最終追い切り・調教を考察していきます。

【ミスターメロディー】

《1週前追い切り》
福永 栗坂 良 51.2 37.9 25.1 12.8 馬なり

《最終追い切り》
岩田望 栗CW 良 48.6 35.8 12.1【5】G前仕掛け

追い切り考察

今走は〝1週前栗東坂路追い⇒最終栗東CW仕上げ〟という追い切りパターンを踏んできました。

これまでは1週前追い切りに栗東CWを使うのがパターンでしたが、今走は1週前追い切りで栗東坂路を使ってきました。

そして近走の最終追い切りでは栗東芝を使っていましたが、今走は栗東CWで仕上げてくる形に。

追い切りパターンとしては初めてのパターンになります。

最終追い切り栗東CW仕上げというパターンで見ても勝ち切れていない追い切りパターン。

追い切りパターンとしてはマイナス面が目立ちます。

しかし、水準が非常に高いものになっています。

1週前追い切りの坂路では自己ベストを更新する好時計を記録。

栗東CWでも4Fの時計としては自己ベスト。

仕上がりとしてはここを目標にしっかり仕上がった印象を受けますね。

追い切りパターンのマイナスを追い切り水準の高さでどこまでクリアできるか。

total的には買い評価できる一頭です。

 

【サクセスエナジー】

《1週前追い切り》
助手 栗坂 良 53.1 39.0 25.3 12.5 強め

《最終追い切り》
松山 栗坂 良 51.2 37.4 24.6 12.2 一杯

追い切り考察

坂路で乗り込まれてレースに臨むのがこの馬の追い切りパターン。

好走パターンがはっきりしており、〝最終追い切りでしっかり負荷を掛けてくること+好時計〟を叩いた時は要注目。

特に時計面の好時計は必須。

準ベスト以上の時計を叩いてくれば買い、逆に時計面が見劣るようであれば見送り、という取り捨て基準です。

今走は〝1週前栗東C坂路追い⇒最終栗東坂路仕上げ〟という追い切りパターンを踏んできました。

最終追い切りではしっかり負荷を掛けて自己ベストに肉薄する準ベスト時計を計時。

この馬の好走パターンとなる好時計を叩いてきました。

前走よりも上積みを感じる内容で、ここを目標にしっかり仕上がった印象を受けます。

中間併せ馬を1本行っていれば文句なしで買い評価を与えられる一頭でしたが、併せ馬はナシ。

気になる点はここだけ。

 

【ファンタジスト】

《1週前追い切り》
助手 栗坂 重 52.1 37.8 24.1 12.1 一杯

《最終追い切り》
川須 栗CW 良 81.2 64.7 50.2 36.9 11.3【6】一杯

追い切り考察

栗東坂路中心に本数をしっかりこなしてレースに臨むのがこの馬のパターン。

その中で〝1週前追い切りでビッシリ負荷を掛けて時計を出す⇒最終追い切りは馬なりor終い重点〟というのがこの馬の追い切りパターン。

とにかく負荷を掛けて好時計を叩いてくる梅田厩舎らしく、しっかり負荷を掛けて好時計を叩いてくるのも特徴となっています。

今走は〝1週前栗東坂路追い⇒最終栗東CW仕上げ〟という追い切りパターンを踏んできました。

梅田厩舎という事を踏まえて栗東CWを挟む事すら珍しいパターンで、最終追い切り栗東CW仕上げはこの馬として初めてのパターンになります。

元々、しっかり追えば時計は出せる馬で、毎度素晴らしい超時計を毎度叩いてくる馬。

今回もそこは変わらず1週前追い切りの坂路追いでは好時計を記録。

そして最終追い切りでは栗東CWでラスト1F11.3秒の超好時計を叩いてきました。

この時計だけを見れば買いの評価を与えられる一頭です。

しかし、追い切りパターンの変更を考えると、元々時計は出せる馬と言うのも相まって個人的には過大評価禁物の印象も。

 

【コパノキッキング】

《1週前追い切り》
助手 栗CW 重 82.3 66.1 52.2 39.5 13.3【6】馬なり

《最終追い切り》
助手 栗CW 良 65.7 51.0 37.6 12.4【7】馬なり

追い切り考察

厩舎では栗東CWで乗り込まれてレースに臨むのはこの馬の追い切りパターンとなっています。

今走も変わらず、これまで通り栗東CW中心の追い切りを消化。

今回は最終追い切り5F追いという事で、前走と同じパターンとなっています。

水準としても前走と同程度の印象を受けます。

ここまでの着外2戦の凡走は前走比2F距離延長となった大阪スポーツ杯とGⅠフェブラリーステークスのみ。

状態面というよりは距離という壁に敗因が求められるレースでした。

そういうところで追い切りから好不調の波を読み取るのは難しいですね。

以前は追い切りでも道中行きたがるシーンが目に付きましたが、今ではしっかり我慢して走ることができています。

キャリアを積むにつれて落ち着きが出てきています。

特に大きなマイナス点はなく、追い切りの水準としてはこれまでと大きな変わりなく順調という雰囲気です。

 

【ノボバカラ】

《1週前追い切り》
助手 栗坂 稍 59.2 43.2 29.5 15.4 馬なり

《最終追い切り》
助手 栗坂 良 50.4 37.5 25.7 13.5 一杯

追い切り考察

元々は美浦の天間厩舎に所属しており、美南Wで追い切りを敢行されていました。

当時から追い切りでは上々の動きを見せるも結果に繋がらないという競馬になっていました。

そして昨年末栗東の森秀行厩舎に転厩され、栗東坂路で調整されています。

そこでも追い切りでは高水準の追い切りを消化しており、5走前⇒4走前と連続好走という結果になりました、

今走も栗東坂路中心の追い切りになっており、時計もしっかり出されています。

最終追い切りは54F50.4秒の超好時計を叩いて、ラスト1Fでラップを落とすという内容。

これを見ると、スタートから飛ばしていく競馬が予想されます。

7歳という年齢的な衰えは感じないので、このメンバー相手に先手を取れるならワンチャンあるかもしれません。

 

――――――――――――――――――――

※おすすめサイトの紹介※

メールアドレスの登録のみで、無料登録完了です。

【gmail・yahooメール】での登録をオススメします。

【オアシス】
オススメ度★★★★★
限定人数 50人

夏から重賞でも絶好調!毎週点数を絞って高額配当連続的中!
スプリンターズS/6点で3連単12万1600円的中!
シリウスS/25点で3連単44万7080円的中!
オールカマー/9点で3連単65万1720円的中!
セントライト記念/12点で3連単52万8210円的中!
ローズS/6点で3連単19万2600円的中!
京成杯AH/24点で3連単72万2240円的中!
紫苑S/8点で3連単23万4260円的中!
新潟記念/15点で3連単63万0540円的中!
札幌2歳S/16点で3連単35万7840円的中!
北九州記念/20点で3連単58万9500円的中!
エルムS/24点で3連単42万9000円的中!

リピート率90%というところにこのサイトがいかに有益かを物語っています。

今なら先着50名様、無料登録で厳選買い目情報を毎週提供してくれます。

他サイトで満足できなかった方は試す価値あり!

口コミ情報でも評価の高いグロリアは必見です!
【URL】http://glo-ria.com/

――――――――――――――――――――

 

JBCスプリント2019 最終見解

人気を集めるのは藤田菜七子騎手騎乗も相まって「コパノキッキング」になると予想されます。

ここまで馬券を外したのは2度のみで、GⅠフェブラリーステークスでも5着と全て掲示板内に好走しています。

逃げても差しても競馬が出来ることからここでも大崩れは考えづらいです。

しかし、気性難があり、出遅れる事もしばしば。

今回は浦和ダートというトリッキーなコース設定なので、スタートで立ち遅れると厳しい戦いとなるかもしれません。

また、1400mは根岸ステークス勝ちがあるとはいえ、ベストは1200m。

この1F延長の不安も拭い切れず、全幅の信頼まではどうか。

今年の高松宮記念を制して芝GⅠを制した「ミスターメロディー」も人気の一角になるでしょう。

ダート実績としては1勝クラス勝ちのみですが、当時よりも力を付けているのは明白で、左回りの方が得意。

スムーズにスタートさえ切れれば、圧勝まであっても驚けない一頭ではあります。

反面、久々のダートで戸惑うようなことがあれば、、、どこにもいない可能性も。

そうなれば、12年ぶりの地方馬制覇の期待も見える「ノブワイルド」が浮上してくるか。

TUBEの前田亘輝氏が所有する地元浦和所属馬という事も人気の後押しとなりそう。

目下重賞3連勝中で、この脂の乗り切った時期に最も得意とする地元1400mでJBCスプリントが行われる幸運。

最終追い切りでは浦和本馬場で終い1F11.2秒の切れ味を披露しており、仕上がり万全に見えます。

この3頭が人気を集めそうですが、このレースは別の馬から狙ってみたいです。

 

それでは最後に、狙いたい馬をランキングに載せておきます。

この馬⇒ 人気ブログランキングへ

やはり前走比追い切り水準を格段に上げてきたこの馬を狙いたいです。

ダート1400mは最も得意とする舞台ですし、デキを上げてきているなら上位勢をまとめて負かしても驚けない一頭です。

JBC3競走の最終見解は当日オッズを見て、ライン@で配信します。

☟☟友達追加お願いします☟☟

 

新サイト入稿しました!!

今回ご紹介するのは「オアシス」と「J.H.A」。

これらのサイトはご存知の方も多いかもしれません。

他のブログでも数多く紹介されているサイトです。

「登録者数が多い=オッズが低下する」という理由から、登録者数が増えすぎて募集人数を制限していたサイト。

そんな中、ようやく再募集がかかり、
この度、当ブログでも紹介することが出来るようになりました。

いずれのサイトも今回は人数限定募集になるので、是非、今のうちに無料登録をオススメします!

いずれのサイトもメールアドレスの登録のみで、無料登録完了です。

【docomo・Softbank・icloud】メールですと届かない可能性がありますので、【gmail・yahooメール】での登録をオススメします。

――――――――――――――――――――

【J.H.A】
オススメ度★★★★★
限定人数 30人

このサイトの特徴は「少点数」で的中を狙うというハイレベルな予想にあります。

的中実績を見ても3連単10点以内というのが数多く見られます。
まさに「ローリスクハイリターン」。

その理由は、
元厩舎関係者や競馬記者など業界関係者が名を連ねているからに他ならないでしょう、
当然、その情報力は他のサイトを凌ぐと言って過言ではないです。

無料登録でその一部を公開しているので、まずは無料登録で参考にしてみては!?
【URL】http://www.j-h-a.net/

――――――――――――――――――――

【オアシス】
オススメ度★★★★★
限定人数 30人

無料登録をストップするほどの人気を誇る競馬サイト【オアシス】

このサイトの特徴は極めてシンプル。とにかく当たる!!
そもそも競馬サイトにそれ以外の特徴って必要ですか?

OASISでは独自ルートから当たる予想を提供を提供しています。
いつも高配当の3連単や3連複を少点数で的中!

まずは、無料情報でこのサイトの実力を確認してみてください!
【URL】http://www.successoasis.net/