【CBC賞2020予想】有力馬のデキは!?追い切り・調教分析

Pocket

今回はCBC賞2020予想:有力馬のデキは!?追い切り・調教分析を中心とした記事を書いていきます。

本格的な夏到来を告げるのはサマースプリント2戦目のCBC賞。

2016年はここを勝利したレッドファルクスが勢いそのままにスプリンターズステークスで短距離チャンピオンに。

2018年はここを勝利したアレスバローズが後に北九州記念を連勝し、サマースプリント王者に輝きました。

スプリンターにとって重要な一戦となっています。

例年中京開催で行われていますが、今年は阪神開催というのもポイントとなりそうな一戦です。

そのスプリント決戦に上がり馬タイセイアベニール・ミッキースピリットや昨年の覇者レッドアンシェルなどが顔を揃えました。

注目の一戦を追い切り・調教から検討していきます。

【CBC賞2020予想】有力馬のデキは!?追い切り・調教分析

 

まずは確定した枠順配置を確認しておきましょう。

CBC賞 枠順配置

 1- 1ナインテイルズ   牡9 中井裕二
 1- 2レッドアンシェル  牡6 福永祐一
 2- 3ラブカンプー    牝5 斎藤新
 2- 4グランドロワ    牡6 和田竜二
 3- 5エイシンデネブ   牝5 幸英明
 3- 6アンヴァル     牝5 岩田望来
 4- 7クリノガウディー  牡4 横山典弘
 4- 8ロケット      牝5 酒井学
 5- 9タイセイアベニール 牡5 松山弘平
 5-10ショウナンアンセム 牡7 鮫島克駿
 6-11アウィルアウェイ  牝4 川田将雅
 6-12ダイシンバルカン  牡8 国分優作
 7-13ミッキースピリット 牡4 松若風馬
 7-14ディメンシオン   牝6 松田大作
 8-15ノーワン      牝4 浜中俊
 8-16ジョイフル     牡6 川又賢治

阪神芝1200m

向こう正面半ほどからスタートするコースで、内回りコースが使用されます。

スタート後の直線は約234mと短く、内枠有利の舞台設定になります。

しかし、最内枠は最も好走率が低く、反対に最も好走率が高いのが2枠となります。

スタートで立ち遅れると揉まれる可能性が高い最内枠は良くない成績となっています。

そして、開催が進むにと内側が荒れやすく、内枠が常に有利にはなりません。

枠順としては2枠が中心も、基本的には4~6枠の中枠が最も無難な印象を受けます。

スタート後、3コーナー付近から直線半ばまで緩やかな下り坂になっており、スピードが出やすく最後には急坂が待ち構えているので外差しが決まる事も多いコースです。

 

過去5年の好走馬の追い切り・調教から見る好走傾向まとめです。

【栗東CW仕上げ】は過去4年で馬券内に絡む活躍を見せており、人気でも信頼できる追い切りパターンです。

【栗東坂路仕上げ】は最も好走馬を輩出しており、4F目が加速ラップを踏んだ馬に注目。

これがこのレースの特注パターンとなっています。

そして、人気に推された馬で加速ラップを踏めなかった馬は凡走傾向にあり、評価を下げて配当妙味を求めても面白いレースです。

上位人気よりも人気薄馬が好走することにより配当妙味が生まれる仕上げパターンです。

【美南W仕上げ】・【美浦坂路仕上げ】から好走したのはGⅠ級の実力の持ち主のみ。

基本的には軽視でOKという仕上げパターンです。

 

それでは、有力各馬の最終追い切り・調教を考察していきます。

【アウィルアウェイ】

《1週前追い切り》
助手 栗坂 良 54.2 38.7 25.1 12.4 一杯

《最終追い切り》
助手 栗坂 不 54.3 38.7 25.1 12.3 一杯

追い切り考察

いつも通り坂路中心の追い切り過程を消化しています。

追い切りの内容としては終い重点が中心で、4F目が加速ラップになる追い切りを消化するのがこの馬の追い切りパターン。

スタートから飛ばしていって好時計、という追い切りになったときは凡走傾向にあります。

これは噛み合いの面があるかもしれませんが、着外に敗れた5戦共にこの追い切りパターンになっています。

今回の追い切りの内容は、

1週前追い切り15.5-13.6-12.7-12.4

最終追い切り15.6-13.6-12.8-12.3

となっており、1週前追い切りは・最終追い切り共に加速ラップという追い切りを消化しました。

好走傾向もクリアしていますし、普通に狙える一頭というイメージです。

 

【クリノガウディー】

《1週前追い切り》
森裕 栗坂 良 50.4 36.7 24.0 12.1 一杯

《最終追い切り》
森裕 栗坂 不 55.8 39.7 25.2 11.9 末強め

追い切り考察

坂路中心に乗り込まれてレースに臨むのがこの馬の追い切りパターン。

今回は中3ヶ月半で放牧明け。

坂路中心に乗り込まれるのはいつも通りで、本数としては6本を消化しています。

元々追い切りの水準が高い馬ですが、2019年中京記念2着した際は過去最高水準の追い切りを消化していました。

1週前追い切りでは4F50.9秒~1F11.8秒、最終追い切りでは4F54.8秒~1F11.5秒となっており、2週連続ラスト1F11秒台を記録していました。

今走は1週前追い切りで一杯に追い切って4F50.4秒の自己ベストを計時。

その中で、3F目に11.9秒を記録しています。

最終追い切りでは終いだけを伸ばす追い切りで4F55.8秒~1F11.9秒と、こちらもラスト1F11秒台を記録しました。

2週連続ハロンラップ11秒台を記録しており、この馬なりの水準というイメージです。

元々これくらい走れる馬ですので、あとは絶好調と判断するか、好調と判断するか、というところ。

 

【タイセイアベニール】

《1週前追い切り》
助手 栗坂 良 53.5 37.4 24.2 12.0 一杯

《最終追い切り》
助手 栗坂 不 55.5 38.0 24.1 11.9 一杯

追い切り考察

いつも通りの栗東坂路中心の追い切りを消化しています。

その中で、最終追い切りまでビッシリ負荷を掛けてくるのがこの馬の特徴。

今回も最終追い切りまでビッシリ負荷を掛けられています。

この馬としては、終いを考えず全体時計を出してくるパターン。

全体時計が控え目もしっかり加速ラップを踏んでくるパターン。

この2パターンがの追い切りになる事が多くなっており、後者の方が好走パターンとなっています。

今回の追い切りは後者のパターンになっており、この馬としての好走パターンは消化出来た印象です。

追い切りからは順調と考えていいでしょう。

 

【ミッキースピリット】

《1週前追い切り》
平沢健 栗坂 良 52.8 39.1 25.7 13.1 一杯
デイジーフラッシュ(3歳未勝利)0.2秒先着

《最終追い切り》
松若 栗坂 不 51.9 38.2 25.3 12.9 馬なり
サンライズノヴァ(古馬オープン)0.2秒先行0.2秒先着

追い切り考察

いつも通り坂路中心の追い切り過程。

音無厩舎はビシビシと負荷を掛けるのが特徴の厩舎ですが、この馬に関しては1週前追い切り・最終追い切りどちらかで負荷を掛けるというパターンになっています。

今回もそのパターンを踏襲されています。

そんな中でも、全体時計重視の追い切りを施されており、4F時計としては優秀といえる好時計を記録しています。

ただし、このレースは加速ラップを踏むことが好走傾向となっており、加速ラップを踏めなかったのはマイナスポイントと考えられます。

追い切りからは可もなく不可もなくといった印象です。

 

【レッドアンシェル】

《1週前追い切り》
助手 栗坂 良 50.4 37.4 24.5 12.2 一杯

《最終追い切り》
助手 栗坂 不 54.4 39.5 25.5 12.6 馬なり
ヒメノジャッカル(3歳未勝利)0.3秒追走0.2秒先着

追い切り考察

一時栗東CW仕上げになる事もありましたが、近走は栗東坂路仕上げが中心。

今走も中間は坂路のみで追い切りを消化されました。

1週前追い切りでは自己ベストとなる4F50.4秒の好時計を記録。

その中でもしっかり加速ラップを踏めている点は評価できるポイントです。

昨年の当レースと比べても追い切りの水準は遜色なく、重賞制覇した昨年と同じ仕上げ具合と考えていいでしょう。

1週前・最終追い切り共に4F目が最速になる加速ラップを踏めており、好走傾向にも合致。

追い切りから嫌う面はありません。



CBC賞2020 狙える穴

それでは最後に、追い切りから狙える穴馬をランキングに載せておきます。

この馬⇒ 人気ブログランキングへ

《1週前追い切り》
助手 栗坂 良 52.6 38.3 24.7 12.4 一杯

《最終追い切り》
助手 栗坂 不 52.9 39.1 25.2 12.4 一杯
ピンクレガシー(3歳未勝利)0.8秒追走0.5秒先着

追い切り考察

いつも通り坂路中心の追い切りを消化しています。

中間は普段以上に熱心な乗り込みを消化されています。

1週前追い切り・最終追い切りともにビッシリと負荷を掛ける追い切りパターンは、バーデンバーデンカップ2着・京阪杯4着など、オープンでも好走しているパターンになります。

このレースに向けての意気込みは高そうです。

このレースのポイントとなる坂路での加速ラップもクリアしていますし、穴で面白い一頭です。

 

最近勢いに乗る口コミで話題沸騰の注目の競馬サイトを紹介!

最近は競馬情報サイトが乱立しすぎて、

「どのサイトを参考にすればいいのかわからない!」
「本当に役立つ競馬予想サイトはどれ?」

という疑問を持たれる方が増えてきています。
確かに無料で使えたとしても予想が当たらなければ意味が無いですよね。
そんな皆様のために、今回は

「しっかりと儲かる情報を提供してくれる!」
「信頼して長く使える!」

おすすめ予想サイトをランキング形式でご紹介します!
いずれのサイトもメールアドレスの登録のみで、見る事が出来るサイトとなっています。
是非参考にしてみて下さい!

【docomo・Softbank・icloud】メールですと届かない可能性がありますので、【gmail・yahooメール】での登録をオススメします。

――――――――――――――――――――

【第1位】うまとみらいと
オススメ度★★★★★

3つのコンテンツを集結させた競馬予想サイト。

■競走馬の実力が一瞬でわかる【うまコラボ】
■的中率90%の反則技【競馬の殿堂】
■穴馬一筋15年が魅せる穴馬【ヒットメイク】

データ派も、本命党も、穴党も、競馬ファンが予想に必要な情報が無料で受け取れます!

無料で有益な情報が多いこのサイトがオススメ度No.1。
【URL】https://miraito.collabo-n.com/

――――――――――――――――――――

【第2位】ギャロップジャパン
オススメ度★★★★★

人気の理由は、無料コンテンツが充実していること。

重賞レース回顧や、穴馬を導く「穴馬法則」
厳選された軸馬公開など、豊富なラインナップ。

今なら土日対象レースを無料配信!

重賞情報も随時更新されるので登録しておいて損はナシ!

<<重賞情報提供のみ先着順になります>>
【URL】http://gallopjapan.jp/







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。