【JBCクラシック2018】無料予想と1週前追い切り・調教分析

Pocket

今回はJBCクラシック2018の無料予想と1週前追い切り・調教分析を中心とした記事を書いていきます。

例年、地方競馬場の持ち回りで開催されるJBC競走。

1日でダート交流GⅠが3ヶ開催される地方の祭典。

それが今年は中央開催で行われることとなりました。

いやー、、、楽しみですね(´▽`)

京都ダート1900mで行われる、チャンピオンズカップ⇒東京大賞典へと続く中距離ダート王決定戦第1弾。

ダート中距離路線には3歳大将ルヴァンスレーヴ&古馬大将ゴールドドリームという2強時代の感があります。

それらに挑戦状を叩きつける意味でも重要な一戦。

まずは各馬の1週前追い切りを確認しておきます。

それでは、JBCクラシック2018の無料予想と1週前追い切り・調教分析に入っていきましょう。

 

 

無料メルマガ情報

今週追い切りピックアップ土日成績【4-1-0-3】

先週追い切りピックアップ土日成績【3-0-1-4】

先々週追い切りピックアップ土日成績【3-1-2-4】

最近は好調を持続!

勝ち馬には、6人気単勝1100円や5人気単勝950円といった中穴クラスもバッチリ推奨しています。

そしてそして、新企画として始めた追い切り危険馬のコーナー

こちらは、先週1人気2.2倍馬が3着と凡走。

今週は3人気5.4倍7着と凡走。

さらに、初の試み※3連単20万超え波乱レース※としてチョイスした波乱レースをピックアップ。

これは見事3連単27万馬券となりました。

軸がズレたのは内緒ですww

好追い切り馬・追い切りからの怪しい人気馬・波乱度が高そうなレース。

こういうのをピックアップしており、使い方はあなた次第で応用可能。

無料で毎週配信していますので是非参考にしてみてください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━
⇓⇓⇓ 無料メルマガ登録 ⇓⇓⇓

登録はこちらから

追い切り・調教重視の無料メルマガ
中央レースの予想・交流重賞の最終予想を無料で提供しています。
新馬戦他、好追い切り馬をピックアップしています。
是非、参考にして頂ければ(●´ω`●)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【JBCクラシック2018】無料予想と1週前追い切り・調教分析

 

まずは登録馬を確認しておきましょう。

JBCクラシック 登録馬
※騎手は現時点の想定

アスカノロマン   太宰啓介
アポロケンタッキー Mデムーロ
オメガパフューム  和田竜二
オールブラッシュ  Cデムーロ
カツゲキキトキト  大畑雅章
クリソライト    武豊
ケイティブレイブ  福永祐一
サウンドトゥルー  大野拓弥
サンライズソア   ルメール
シュテルングランツ 的場文男
センチュリオン   幸英明
タガノゴールド   下原理
テイエムジンソク  古川吉洋
テーオーエナジー  岩田康誠
ノンコノユメ    内田博幸
パルトネルラーフ  松山弘平
マイネルバサラ   戸崎圭太
ミツバ       ??

フルゲート16頭に18頭が登録。

現時点の除外対象はテーオーエナジー&パルトネラーフの2頭となっております。

古馬勢からはケイティブレイブ&サウンドトゥルー&アポロケンタッキーのGⅠ馬たち。

新興勢力からはサンライズソア&オメガパフューム。

南部杯で2強を印象付けたルヴァンスレーヴ&ゴールドドリームを除くと現ダート界最高峰のメンツが揃いましたね。

楽しみにレースを待ちましょう。

続いて現時点の予想オッズを確認しておきましょう。

JBCクラシック 予想オッズ

1 ケイティブレイブ  2.3
2 サンライズソア   3.3
3 オメガパフューム  4.8
4 ノンコノユメ    8.4
5 アポロケンタッキー 11.3
6 テイエムジンソク  16.3
7 サウンドトゥルー  21.6
8 クリソライト    25.8

ここまでが上位人気推されそうな馬たちです。

やはり近走の安定感&充実ぶりが光るケイティブレイブが抜けた人気に推されそう。

続くのは、新興勢力としてサンライズソア&オメガパフューム。

特に3歳馬オメガパフュームは前走で古馬を撃破。

ここも通過するようならルヴァンスレーヴ共々、ダート新時代突入でしょう。

それ以下は、GⅠ馬がズラリと並びますね。

それでは、有力馬の1週前追い切り・調教を確認していきましょう。

 

ケイティブレイブ

福永 栗CW 良 87.5 70.6 54.8 40.9 12.4【6】馬なり

これまでは、中間坂路追いのみという追い切りでした。

中間にウッド追いを取り入れるようになったのは2走前の帝王賞から。

前走日本テレビ盃も1週前追い切りでウッド追いを取り入れていました。

で、その2戦と比べてどうかというところですが、帝王賞>今走>日本テレビ盃という水準のイメージ。

この追い切り以外は坂路中心で追い切りを施していますが、ここまではまだ上積みの余地がありそうな追い切り内容。

とは言え、前走は見え見えの叩き台という内容でした。

そこから見れば一叩きした上積み十分という印象ではあります。

最終追い切り坂路追い53秒を切るくらいの水準でくれば一気に仕上がるという感じ。

逆に坂路55秒台とかで来るなら、最大目標はチャンピオンズカップに置いている可能性もあるかも。

ここ1年で馬券圏内を外したのはフェブラリーステークス&チャンピオンズカップのみという安定感は魅力。

そして、昨年は3着に敗れた前哨戦日本テレビ盃を今年は叩き台の一戦の中で快勝。

1年経って成長も感じる内容でした。

舞台適正も京都1900mは合うでしょうし、普通に有力といったところ。

 

サンライズソア

岩崎翼 栗坂 良 52.0 38.0 25.5 13.2 馬なり

これまでは2週前追い切りウッド追い⇒1週前追い切りウッド⇒最終追い切り坂路追いというのがメイン。

おそらく最終追い切りは坂路追いになってくると仮定して、

それが今走は2週前追い切りウッド追い⇒1週前追い切り坂路追い⇒最終追い切り坂路追いという過程。

何が言いたいかというと、いつもと違う追い切り過程となっていますね。

果たしてこれがどうなのか。

この坂路追いの水準自体は少し低レベル。

しかし2週前追い切りの水準は高水準。

岩崎翼 栗CW 良 80.6 65.1 50.7 38.2 12.9【9】馬なり

メイショウロセツ(古1000万)1.5秒追走同入

悩ましい、、、ww

最終追い切りまでみて判断をしたいところ。

ここまでは可もなく不可もなくといった感じですね。

現在フィーバータイムに入っているルメールさんの継続騎乗は大幅プラス。

稀に出遅れ⇒道中やる気なしパターンがありますが、それ以外は安定して走っています。

それもこれも立ち回り力が高いからでしょう。

ここも大崩れは考えにくいですが、初めてのGⅠクラスの強敵相手。

そこがどうか。

個人的には人気になりすぎな印象は受けますが、、、

 

オメガパフューム

助手 栗坂 良 55.2 39.6 25.4 12.6 強め

エンジェルスマイル(2歳未勝利)0.3秒先着

さほど追い切りで動く馬ではなく、これでいつも通りの水準という感じ。

徐々にラップを上げて加速ラップを踏めている点は合格点。

格下相手に少し手間取ったのは良い印象受けないですね。

ここまではこの馬なりに順調というところでしょうか。

最終追い切りでは最低限これより時計を詰めてきてもらいたいですね。

この馬の課題はゲート。

ここまで出遅れ&出負け気味のスタートばかり。

まぁそもそも末脚活かすタイプですので出遅れも織り込み済みでしょうが。

ただ、これから先安定した成績を残していくためには、ゲートを安定させないことには飛躍は見込めない。

現古馬大将ゴールドドリームも4歳秋口までは出遅れ癖が治らず、好走⇔凡走を繰り返していました。

その後スタートが安定してからの活躍は言わずもがな。

この馬もスタートが安定してくるまでは、好走⇔凡走を繰り返しそうな雰囲気。

 

ノンコノユメ

内田博 美南W 稍 69.2 53.5 39.1 13.4【6】一杯

ベアインマインド(古馬1600万)0.4秒追走同入

1週前追い切りで5ハロン追い。

ここに一抹の不安。

というのも1週前追い切りでウッド追いを敢行した場合基本的には6ハロン追いが中心。

5ハロン追いでラスト伸ばす競馬ならわからなくもないですが、ラストも時計を要すという内容。

追い切りが動くタイプではないとは言え、これはあまり良くないですね。

最終追い切りでよっぽど良い動きを見せてくれないと個人的には買い材料に乏しい印象です。

 

アポロケンタッキー

助手 栗坂 良 52.6 38.2 25.1 12.8 一杯

1週前追い切りとしては上々の水準。

昨年と比べても文句なしに今年の方が良い印象です。

大型馬で一叩きした上積み十分という感じです。

追い切りはいつも迫力満点なんですけどねww

これで最終追い切りさらに時計を詰めてくるようなら万全。

欲を言えば、併せ馬を敢行してくればさらに◯。

 

テイエムジンソク

古川吉 栗CW 良 83.3 66.5 51.5 38.4 12.9【7】一杯

この馬は最終追い切りを見ないと何とも言えない馬なので、ここでの判断は保留。

ただ、1週前追い切りとしては悪くない。

掛かり気味になっていることは気になりますが、いつも通りと言えばいつも通りですからね。

前走はホントに追い切りの水準が悪かった。

その中で、ヒガシウィルウィンの追撃を凌いで4着にまとめたのはギリギリ評価できます。

これで追い切り内容の良化があれば再度好走があってもおかしくないなと。

というわけで最終追い切り次第。

最終追い切りの水準としては❝ウッド82秒以下~52秒以下~12秒前半❞。

この水準で追い切りを消化出来れば、再浮上あってもいいはず。

 

サウンドトゥルー

助手 美坂 稍 53.6 39.0 25.5 12.8 一杯

状態・追い切り内容に大きな変化がないタイプ。

いたっていつも通りという感じ。

特に昨年と比べても遜色はなく、年齢による衰えはないと考えて良さそうです。

間隔が詰まるここで、一杯に負荷を掛けた追い切りを1本入れられることは好印象。

いつも自分の力だけは差し込んでくる馬。

展開次第ですね。

 

JBCクラシック2018 まとめ

というわけで上位勢を見てきました。

ダートGⅠ3連戦ということで年末までに、このJBCクラシック・チャンピオンズカップ・東京大賞典があります。

陣営の思惑としてどこを目標に置いてくるか。

ここを考えることも非常に大事なところ。

そういうのが追い切りの内容にも反映されたりしますからね。

最終追い切りに向けてはその辺りも加味しながら予想していきたいですね。

 

それでは最後に追い切りからの大穴候補馬をランキングに載せておきます。

この馬⇒ 人気ブログランキングへ(ミツバ回避)

松山 栗CW 良 83.6 67.5 52.4 38.5 12.4【7】末一杯

ビービーブレスユー(古馬1000万)0.8秒先行クビ先着

間隔が詰まる中でもしっかり負荷を掛けた追い切りを施せているのは◯。

そしてなにより、2週前追い切りから松山さんが追い切りに跨る熱の入れよう。

近走は常に追い切りに跨っておりこの馬に懸ける意気込みが伝わってきます。

前走の大敗の原因は不明ですが、この馬はたまにポカをやるタイプ。

度外視OK。

MAX能力は引けを取らないものを持っています。

チャンスはある。

 

━【PR】━━━━━━━━━━━━━━
利益を出す!!競馬予想❝イフ❞
━━━━━━━━━━━━━━━━━━
キャンペーンに参加せず〝無料情報〟だけの利用なら
❝イフ❞の利用費は永年無料!
一切の費用はかからず毎開催『ゼロ』円でご利用頂けます。

しかもこれまで無料登録の募集は止まっていたのですが、
なんと今回30名様限定での募集を再開!
実はこれ、、、ヤバいことですww
◆ーーーーーーーーーーーーーーーーー

更に!今すぐ登録して頂くと
10,000円分のポイントをプレゼント!

ただでさえ当たり過ぎてやばいんです❝イフ❞って、、、
だからこそこれまで無料会員募集がストップしていたのですが

登録しただけでサイト内で使用可能な
10,000円分のポイントが付与されるという大盤振る舞い。

入会するなら今がお得!

>>登録は無料!30名様限定での募集<<

登録は下記からメールアドレスを入力するだけ。
簡単、手間なし、そして無料。
※先着30名様です。