【JBCレディスクラシック2018】無料予想と1週前追い切り・調教分析

Pocket

今回はJBCレディスクラシック2018の無料予想と1週前追い切り・調教分析を中心とした記事を書いていきます。

何度も言いますが、ダートの祭典JBC競走が今年は京都に!!

京都ダート1800mで行われるダート女王決定戦JBCレディスクラシック。

大井競馬場で行われた最重要ステップレース:レディスプレリュードは大荒れ決着となり、今年は絶対女王不在で行われます。

中心はそのレディスプレリュードを制したプリンシアコメータか。

一時芝路線で活躍しましたが、再度ダート路線に戻って浮上してきたラビットランも目が離せない存在。

そして、芝路線からも殴り込みをかけてくる馬もチラホラ。

今年はどの馬にもチャンスありでしょう。

初の中央開催ダート女王の座に輝くのはどの馬か!?

それでは、JBCレディスクラシック2018の無料予想と1週前追い切り・調教分析に入っていきましょう。

 

 

━【PR】━━━━━━━━━━━━━━
PR:高配当連発する競馬予想


◯ 競馬初心者でも心配なし
◯ 競馬の知識が無くても心配なし

指示通りの買い目を購入するだけで高額配当のチャンスが!!

これが投資競馬の頂点です!!

『本当に当たるのか?』そう考えるのは至って当然です。

その為に、無料で
まずは競馬で儲けることが可能であると〝事実〟を
体験していただけます。

>>無料情報はこちら<<
登録に必要なのはメールアドレスのみです(^^)/

【JBCレディスクラシック2018】無料予想と1週前追い切り・調教分析

 

まずは登録馬を確認しておきましょう。

JBCレディスクラシック 登録馬
※騎手は現時点の想定

アイアンテーラー  浜中俊
アンジュデジール  横山典弘
アンデスクイーン  松若風馬
カワキタエンカ   池添謙一
クイーンマンボ   ルメール
サルサディオーネ  丸山元気
ジュエルクイーン  岩田康誠
ディアマルコ    佐原秀泰
ビスカリア     森泰斗
ファッショニスタ  ??
フォンターナリーリ Cデムーロ
ブランシェクール  御神本訓史
プリンシアコメータ 武豊
ヤマニンアンプリメ 鮫島良太
ラインハート    笹川翼
ラビットラン    Mデムーロ
リエノテソーロ   吉田隼人
ヴァローア     ??

フルゲート16頭に18頭が登録。

現時点の除外対象はファッショニスタ&ヴァローアの2頭となっております。

前走ブリーダーズゴールドカップを快勝したラビットランが中心か。

芝重賞でも勝ち鞍があるように力は申し分なし。

そこに加えて前走ダート重賞も勝利と充実期に入ったか。

しかし、1強という訳ではなく、逆転候補は多彩。

ダート女王の座をかけて面白い一戦となりそうです。

続いて現時点の予想オッズを確認しておきましょう。

JBCレディスクラシック 予想オッズ

1 ラビットラン    2.3
2 クイーンマンボ   3.3
3 プリンシアコメータ 4.3
4 フォンターナリーリ 8.5
5 リエノテソーロ   12.3
6 カワキタエンカ   17.9
7 アンジュデジール  23.6

ここまでが上位人気推されそうな馬たちです。

10倍以下のオッズは4頭という想定。

中でも、ラビットラン&クイーンマンボ&プリンシアコメータの3頭が3強を形成しそうなオッズ構成となっています。

直近重賞を制覇したラビットラン&プリンシアコメータ。

この2頭は勢い十分というところか。

クイーンマンボは昨年の今ごろはダート女王最有力という感じでしたが、近走は取りこぼしが続いています。

果たしてどの馬がダート女王の座を射止めるか。

それでは、有力馬の1週前追い切り・調教を確認していきましょう。

 

ラビットラン

助手 栗CW 良 84.5 67.0 51.7 37.7 11.9【7】馬なり

ロクセラーナ(古馬1000万)0.6秒追走アタマ差先着

1週前追い切りとしてはかなりの高水準の内容。

時計&動き共に申し分なし。

前走後はすぐにここに目標を置いたように、秋の目標はここ、ということなんでしょう。

1週前追い切りがこの水準であれば最終追い切りは坂路馬なり調整で十分かな、という印象です。

ただ1つ気になることも、、、

なんと、日曜日の追い切りでも併せ馬で思いっ切り時計を出しているのです。

10/28(日)助手 栗坂 良 52.7 38.1 24.8 12.7 馬なり

エルプシャフト(古馬1000万)0.4秒追走同入

うーん、これの意図が分からないですね。

この馬としては初めてのことです。

デキが良すぎて時計が出ちゃったパターンなら良いのですが、、、

仕上がり不足による本数増やしなら少し嫌な感じも。

最終追い切りと陣営コメントを見て判断したいところ。

 

クイーンマンボ

助手 栗CW 良 87.8 70.3 54.7 40.5 12.2【9】馬なり

グローブシアター(古馬1600万)0.4秒先行0.2秒先着

なかなか手控えられた追い切り内容。

1週前追い切りの水準としてはかなり低いレベル。

中2週という事を考えれば仕方のないところではありますが、、、

これはプラスには映らないですね。

しかし、昨年のレディスプレリュードはこの水準で圧勝しているんですがww

ちなみにこの昨年のレディスプレリュードが過去最低レベルの追い切り内容となっています。

案外〝レース間隔が詰まって追い切り軽め〟というのがこの馬にとっては良いのかもしれません。

最終追い切りをみてから結論付けたいと思います。

昨年の成績と比べると、今年は物足りない成績ですよね。

1度も勝ち鞍がありません。

しかし3走前の平安ステークスは秀逸。

牡馬相手に真っ向勝負を挑んでサンライズソアの2着。

あの競馬が出来れば、ここ2戦は圧勝クラスなのですが、、、敗戦。

敗因を探すなら地方の馬場が合わないのかも。

とすれば、この京都替わりはこの馬にとってはいいかもしれませんね。

ここがこの馬にとっての試金石となりそうな一戦です。

 

プリンシアコメータ

助手 美南W 良 70.9 54.6 39.2 12.7【6】馬なり

ホリデーモード(古馬1000万)1.0秒先行0.1秒先着

1週前追い切り追い切りは軽め。

間隔が詰まるとは言え、格下に追い詰められた内容はあまり良くは映らないですね。

最終追い切り次第。

前走は2週連続併せ馬で大きく追走から同入という内容で、意外と気合いの入った一戦でした。

そこで勝利を手にしたわけですが、そこから上積みがあるのか!?というところを見極めていかなければならないですね。

ブリーダーズゴールドカップ⇒レディスプレリュードと2戦続けてクイーンマンボに先着している点は見逃せないポイント。

それでいてクイーンマンボより人気が下なら、買い材料にはなりますね。

 

フォンターナリーリ

助手 栗坂 良 53.5 38.8 25.1 12.5 叩き一杯

目一杯に追われてこの馬としては好時計を叩きました。

間隔が空く分、しっかり負荷を掛けられて抜かりない仕上げを施されている印象です。

この馬の過去の追い切りを見ると、追われて追われて仕上がる、という感じです。

そういうところでは最終追い切りでも一杯の負荷は掛けてくるでしょう。

あとは馬体は絞れてきてほしいところ。

前走は初長距離輸送・初ナイター・初地方と初物ずくし。

それでクイーンマンボと1馬身半差ということを考えれば上出来か。

京都ダート1800mは【3-1-2-0】。

条件戦時代のものですが得意舞台と言って差し支えないでしょう。

得意舞台に戻ればさらに上昇合っても驚けないですね。

 

リエノテソーロ

助手 美南W 稍 56.5 40.7 12.7【8】馬なり

リトルモンスター(2歳未勝利)0.6秒先行同入

間隔は詰まるとは言え、1週前追い切りとしてはかなりの低水準。

2歳馬に煽られるような内容で、これで大丈夫?という感じ。

前走も手控えられた追い切り内容でここが目標と思っていましたが、ここまではイマイチと言わざる負えないか。

そもそも前走からプール調教が多用されており、もしかしたらなにか不安があるのかも。

最終追い切りで余程の良化が無い限り、軽視予定。

 

カワキタエンカ

助手 栗坂 良 59.0 42.2 26.9 13.5 馬なり

間隔が詰まるので、超軽め追い切り。

正直、、、クソみたな追い切りですww

もともと追い切りは全く動かない馬ですのでこの段階では何とも言えないです。

最終追い切り次第、と言いたいところですが、最終追い切りも動いてこないんだろーなーという感じですww

個人的には初ダートで良さが出るタイプでもなさそうですし、、、

現時点、買い材料には乏しい印象です。

 

JBCレディスクラシック2018 まとめ

個人的には大波乱があるならここと見ています。

上位勢はどれも不安あり!という印象。

ラビットラン:ここ2戦のダート替わり連続好走中ですが、必ずしも安定して成績を残せるタイプではない。

クイーンマンボ:MAX能力No.1でも今年は勝ち切れていないという事実。

プリンシアコメータ:前走からの上積み❝ハテナ❞。

フォンターナリーリ:そもそも準オープンを勝ち上がってきただけの馬。オープン実績なし。

リエノテソーロ:追い切り不満。

カワキタエンカ:初ダート。

こんな感じ。

軸に据えるには心許ない馬たちばかり。

そうなれば、馬券的には振り回していっても面白いかも。

そして1週前追い切り抜群の馬を見つけました!!

 

というわけで最後に、1週前追い切り穴注目馬をランキングに載せておきます。

この馬⇒ 人気ブログランキングへ

(アンジュデジール&サルサディオーネ)

穴候補馬として2頭います(´▽`*)

1頭目

横山典 栗CW 良 80.4 65.6 51.9 38.6 12.8【8】直強め

マイスタイル(古馬オープン)0.3秒追走クビ先着

1週前追い切りの水準としては文句なし。

好時計+併せ馬先着。

1週前追い切り段階では前走からの上積みを感じる内容となっています。

前走は出遅れが全て。

それでもラスト差を詰めてきて地力は見せました。

ホントにこんなに人気薄なのか!?

重賞3勝馬ですし、当日は5人気程度になってくるでしょうね。

予想オッズ水準なら爆買い必至。

 

2頭目

藤懸 栗坂 50.3 37.4 24.8 12.9 一杯

1週前追い切りでベストを更新してくる超好内容。

この水準は、3歳時レパードステークス3着や4歳冬エンプレス杯3着時の水準。

このデキなら十分一発ある。

ここは先行勢が揃ったのがどうかも、自分の形に持ち込めばしぶといのは前走で改めて示しました。

チャンスあり。

 

━【PR】━━━━━━━━━━━━━━
穴馬に特化し、コストパフォーマンスにも優れる
競馬情報会社遂に無料登録者募集開始!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
この穴馬高配当というサイトはかなり厳しいオッズ管理があり、

『限定30名』の方しか無料登録することすらできない。

という入会チャンスがきたら〝確実に!〟
登録しておいたほうがいいサイトなんです。

馬券代は「最小」配当は「最高」

限界までコストパフォーマンスを突き詰めたことにより
人気が爆発…。一時期はオッズの低下が目立ち無料登録を締め切ることに。

しかし、今回限定30名様ではありますが募集を再開したのです!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
無駄な馬券代は一切使わず、限界まで情報精査を行い

【 土日で一気に稼ぐ! 】

穴馬を当てて高額配当を手に入れたい、本気の方のみ。

お待ちしております!

>>先着30名限定登録はこちら<<