アルゼンチン共和国杯2020予想】有力各馬追い切り・調教分析

Pocket

今回はアルゼンチン共和国杯2020予想:有力各馬追い切り・調教分析を中心とした記事を書いていきます。

近年の勝ち馬には、2017年スワーヴリチャード・2016年シュヴァルグラン・2015年ゴールドアクターという後のGⅠ馬が名を連ねています。

東京2500mハンデ戦という特殊条件で行われるレースですが、超出世レース。

それ以前にもトーセンジョーダンやスクリーンヒーローなど、後のGⅠ馬がズラリと並んでいます。

今年も新たな新生誕生を期待したいですね。

そんな超出世レースのアルゼンチン共和国杯追い切り・調教から検討していきます。

【アルゼンチン共和国杯2020予想】有力各馬追い切り・調教分析

 

まずは確定した枠順配置を確認しておきましょう。

アルゼンチン共和国杯 枠順配置

 1- 1バレリオ      牡5 津村明秀
 1- 2ラストドラフト   牡4 戸崎圭太
 2- 3ベストアプローチ  セ6 江田照男
 2- 4エアウィンザー   セ6 横山典弘
 3- 5ユーキャンスマイル 牡5 岩田康誠
 3- 6トーセンカンビーナ 牡4 デムーロ
 4- 7アイスバブル    牡5 横山武史
 4- 8サンレイポケット  牡5 荻野極
 5- 9ミュゼエイリアン  セ8 横山和生
 5-10サンアップルトン  牡4 柴田善臣
 6-11プリンスオブペスカ 牡6 丸山元気
 6-12メイショウテンゲン 牡4 池添謙一
 7-13タイセイトレイル  牡5 坂井瑠星
 7-14オセアグレイト   牡4 三浦皇成
 7-15サトノルークス   牡4 大野拓弥
 8-16アールスター    牡5 長岡禎仁
 8-17ゴールドギア    牡5 田辺裕信
 8-18オーソリティ    牡3 ルメール

東京芝2500m

正面スタンド前からスタートするコースで、最初のコーナーまでの距離が長いので枠による有利不利ほとんどないと考えていいコースです。

東京芝2400mのコースよりスタート位置を100m後ろ下げた位置からのスタートになるのでコース形態としては似ています。

しかし、坂を登り切った位置がスタートになる東京芝2400mと坂下からのスタートになる東京芝2500mでは求められる能力が異なります。

直線の坂を2回超えることになるのでスピード・瞬発力に加えてスタミナが問われるコースです。

現在はこのアルゼンチン共和国杯と春の目黒記念でのみ使用されるコースとなっています。

 

それでは、有力各馬の最終追い切り・調教を考察していきます。

【オーソリティ】

《1週前追い切り》
ルメール 美南W 良 81.4 66.3 52.2 39.1 13.7【5】馬なり
パイオニアバローズ(古馬1勝)0.4秒先行同入

《最終追い切り》
助手 美南W 稍 69.1 54.6 39.8 12.5【2】一杯
エクセランフィーユ(古馬3勝)0.2秒追走0.3秒先着

追い切り考察

これまでと同じく、美南Wと坂路の併用で調整されています。

本追い切りは美南Wで行われる木村哲也厩舎なりの追い切りパターンを踏まれています。

木村哲也厩舎は中間に6F追いを挟むパターンの方が好走率は上がります。

というところでは、今回は1週前追い切りで6F追いを挟んでいるのでパターンとしては○と言えそうです。

併せ馬で一定の負荷をかけられています。

マイナスポイントとしては水準が明らかに低い点になります。

2歳の時点から終い1F11秒台を記録できる脚力の持ち主で、基本的に終いを伸ばせば12.0秒以下を記録できる馬です。

それが今回は1F12.5秒止まり。

1週前追い切りに至っては1F13.7秒を要しています。

これは明らかに仕上げ途上or脚元を気にしての軽め調整と言えるでしょう。

今回に関しては追い切りからは割り引くのが妥当か。

 

【サトノルークス】

《1週前追い切り》
助手 栗CW 良 83.1 67.2 52.7 38.9 11.9【6】一杯
サラモンバレー(古馬3勝)0.5秒追走0.3秒遅れ

《最終追い切り》
水口 栗CW 良 83.1 66.7 51.7 38.5 12.1【7】直強め
アイスバブル(古馬オープン)0.6秒追走0.1秒先着

追い切り考察

今回は〝1週前栗東CW追い⇒最終栗東CW仕上げ〟という追い切りパターンを踏んできました。

池江厩舎の勝負パターンと言えば〝1週前栗東CW6F追い⇒最終栗東CW4F仕上げ〟ですが、近年は坂路仕上げパターンもよく使うようになってきました。。

この馬自身の好走パターンは〝1週前栗東CW6F追い⇒最終栗東CW4F仕上げ〟で全3勝中2勝を挙げており、日本ダービーでもこのパターンでした。

それを考えると大きく狙いたいのはこの追い切りパターンを踏んできたタイミングと考えます。

追い切り水準自体は徐々に3歳時の水準に戻ってはきている印象です。

 

【サンレイポケット】

《1週前追い切り》
助手 栗CW 良 80.5 65.2 50.9 37.2 11.8【4】一杯

《最終追い切り》
助手 栗坂 良 53.7 39.0 25.4 12.3 一杯

追い切り考察

今回は〝1週前栗東CW追い⇒最終栗東坂路仕上げ〟という追い切りパターンを踏んでいます。

近走は一貫してこのパターンなのでパターンは問題なしという考えでいいでしょう。

1週前・最終追い切り共に負荷を掛けるのもデフォルト。

今回もこのパターンは踏襲されており、中3週の間隔にはなりますが疲れというものは感じません。

1週前・最終追い切り共にラストまで伸び切る内容となっており、水準に関しても申し分ありません。

好調キープという見方でいいでしょう。

 

【メイショウテンゲン】

《1週前追い切り》
池添 栗CW 良 86.7 69.8 54.5 40.0 12.4【6】一杯
ショウナンバリレオ(古馬1勝)0.6秒追走同入

《最終追い切り》
助手 栗CW 良 86.4 70.8 55.6 41.5 12.5【8】一杯

追い切り考察

今走もこれまで通り〝1週前栗東CW追い⇒最終栗東CW仕上げ〟という追い切りパターンを踏んできました。

追い切りでは『一杯』に負荷を掛けられるのがいつものパターンとなっています。

今回も変わらず中間はしっかり負荷を掛けられました。

この点は休み明けという事を考えれば最低限ですね。

水準としてはいかにも休み明けという感じで、まだまだ良化途上感が窺えます。

その点で、この相手関係を考えるとどうか、という感じ。

 

【ユーキャンスマイル】

《1週前追い切り》
岩田康 栗CW 良 83.6 67.0 51.6 37.6 11.9【6】一杯
レッドアネモス(古馬オープン)0.6秒追走クビ先着

《最終追い切り》
岩田康 栗坂 良 53.8 38.8 25.1 12.4 強め

追い切り考察

今走は〝1週前栗東CW追い⇒最終栗東坂路仕上げ〟という追い切りパターンを踏んできました。

これは友道厩舎の勝負パターン。

この馬としても好走パターンになっており、【3-1-0-4】という成績になっています。

着外4度の内3度はGⅠでのものなので一定の言い訳が利くものとなっています。

乗り込み量としての1ヶ月前からじっくりと乗り込まれて、最後の1本まで負荷を掛ける追い切り。

休み明けという事もあり、乗り込み量でしっかり仕上げてきている印象です。

 

今だけの特別なお知らせ!!

今、登録するだけで有料ポイントが無料で手に入るお得サイト

無料でも十分な情報量と予想を提供しているサイトですが、
期間限定で本来なら有料でしか手に入らない情報が無料で見ることが出来ます。

もらえる有料ポイントが多い競馬サイトをランキング形式でご紹介します!
いずれのサイトもメールアドレスの登録のみで、見る事が出来るサイトとなっています。
登録するなら今がチャンスです!

【docomo・Softbank・icloud】メールですと届かない可能性がありますので、【gmail・yahooメール】での登録をオススメします。

――――――――――――――――――――

【第1位】競馬大陸
オススメ度★★★★★
もらえるポイント★★★★

今なら、無料登録するだけで3000円分のポイントをゲットできるお得期間!

「競馬情報サイトって怪しいところが多い」これは紛れもない事実です。
しかし、重要なのはどのようなサイトでも「きっちりと予想が当たること」

このサイトの特徴は極めてシンプル。とにかく当たる!!
そもそも競馬サイトにそれ以外の特徴って必要ですか?

競馬大陸では独自のノウハウで当たる予想を提供を提供しています。

まずは、無料情報でこのサイトの実力を確認してみてください!

【URL】https://www.kb-tairiku.net/

――――――――――――――――――――

【第2位】キングダム
オススメ度★★★
もらえるポイント★★★★★

無料登録で5000ポイントが受け取れます!!

元JRA厩務員「笹原正行」監修の競馬サイト。

元JRA関係者だからできる情報を提供してくれるサイトです。

いかに勝てるかに重きを置いた情報収集しているおすすめサイトです!
【URL】http://king-dom.net/

――――――――――――――――――――

【第3位】競馬報道
オススメ度★★★★
もらえるポイント★★★★

無料登録で約5万円分のポイント、500ポイントが受け取れます。

今話題沸騰中のサイト!『競馬報道』がアツイ

『血統』や『調教』、『騎手』にスポットライトを当て
コース別徹底分析と充実したコンテンツに注目。

重賞情報も随時更新されるので登録しておいて損はナシ!
【URL】http://keibahoudou.com/