1/24(日)厳選ピックアップ+α※有料PASS必要

Pocket

【本日の内容】

・厳選ピックアップ
超攻め駆け馬
小倉の追い切り好走傾向合致馬

厳選追い切りピックアップ 4レース
小倉1R
中京4R
中山9R
小倉12R

本日のこの4レースは複勝圏内では自信度高めですので、複勝コロガシで4レース達成を狙っていきたいです。

 

本日はレース数多いので、一覧表として追い切りピックアップシートシートにまとめています。

追い切りピックアップシートはPDFファイルになっています。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

追い切りピックアップシート 1/24

※馬番が間違えている場合があります。馬名が正解ですので馬番は各自確認お願いします。

 

厳選ピックアップ

小倉1R 3歳未勝利
ダート1700m

【1 スクウェアセイル】

《1週前追い切り》
国分優 栗CW 良 83.3 67.7 52.6 38.3 12.6【7】強め
ノブフランクリン(古馬1勝)0.5秒追走クビ先着

《最終追い切り》
助手 栗坂 良 56.2 41.1 26.4 12.8 一杯

追い切り考察

乗り込み量・併せ馬での乗り込みの質は過去最高水準といえるものとなっています。

パターンとしても坂口厩舎の勝負パターン。

ここは勝ちに来ている意気込みを感じる内容です。

複勝コロガシ1レース目としても軸信頼。

 

中京4R 3歳上1勝クラス
ダート1800m

【9 ピュアジャッジ】

《1週前追い切り》
助手 栗CW 良 82.9 67.9 53.7 39.6 12.4【8】馬なり

《最終追い切り》
助手 栗坂 良 53.4 39.2 25.5 12.4 馬なり

追い切り考察

中2週でも栗CWと坂路で2本の追い切りを消化。

馬なりでもしっかり時計が出たように1つレースを使って素軽さが増した気配を感じます。

初戦はドスローで時計が遅く、ここでは速い時計がカギになりそうですが、追い切りの水準からはもっと詰めれてもいいはず・。

外枠からスムーズに競馬ができれば好走圏内でしょう。

 

中山9R 若竹賞
芝1800m

【4 スウィートブルーム】

《1週前追い切り》
柴田大 美南W 稍 67.9 53.1 39.4 12.9【6】馬なり
トッカータ(古馬2勝)0.8秒追走同入

《最終追い切り》
柴田大 美南W 良 69.1 54.3 40.1 12.7【4】馬なり
バルドダンサー(古馬1勝)0.6秒追走0.1秒先着

追い切り考察

5ヶ月半の休養明けになりますが、追い切りでは実践並みの併せ馬をこなしています。

脚力は古馬に劣らないところを見せており、休み明けでも仕上がりは良いと見えます。

休みを挟んで成長という点も見えます。

元々は京成杯を予定していた中、自己条件に矛先を変えてきた点を考えてもここは勝ちに来ている印象を受けます。

軸信頼。

 

小倉12R 海の中道特別
芝2600m

【2 プランドラー】

《1週前追い切り》
藤岡康 栗坂 良 52.7 38.0 24.6 12.2 一杯
スマートイレブン(古馬2勝)0.7秒追走1.2秒先着

《最終追い切り》
藤岡康 栗坂 良 53.2 39.0 25.1 12.3 末強め
スマートイレブン(古馬2勝)0.7秒追走0.6秒先着

追い切り考察

なかなか詰めて使えない現状ですが、放牧を挟んでしっかりと乗り込まれています。

池江厩舎所属馬らしく併せ馬を熱心に行われて、乗り込み量・質は十分。

坂路でも2週連続加速ラップを踏んで好時計を記録できているように仕上がりも上々でしょう。」

追い切りの質・水準はメンバー中No1で狙える。

 

超攻め駆け馬

小倉3R
⑧サーストンネイジュ

中京10R
⑬アルミューテン

この2頭ともに言える事が、とにかく追い切りの水準が高い馬です。

追い切りの水準だけを見ればオープン馬となんら遜色ないものとなっています。

しかし、その良さがレースで活かせていません。

私自身も何度か狙っていますが、毎度水準が高いので好走を狙い撃つ事が出来ていません。

いずれは穴をあけるという付き合い方をしていきたい馬たち。

今回も2頭ともに人気はなさそうなので、紐で押さえておいても良いでしょう。

両馬ともに条件替わりで、ここピンポイントで良さを見せる可能性もあるので、強気に軸で狙っても。

 

小倉の追い切り好走傾向合致馬

時計ベスト2位
小倉8R
⑪テンナイトパール

時計ベスト3位
小倉9R
⑬パイネ

時計ラスト1Fベスト1位
小倉10R
③イリスファルコン

今回この馬たちを狙う理由。

それは前日(1/23(土))競馬で1週前に小倉入りしての滞在競馬をしてきた馬が穴をあける傾向にありました。

中でも特に最終追い切りを小倉ダートで行われてしっかり時計を出してきた馬たちは好走率が激高でした。

結果を振り返ると、

時計ベスト1位
小倉7R
7人気1着ミモザゴール

時計ベスト4位
小倉2R
7人気2着テンサウザンドケイ

時計ベスト5位
小倉9R
3人気1着ベスビアナイト

時計ベスト8位
小倉4R
8人気2着ブルベアカーキ

時計ベスト9位
小倉8R
1人気2着オシリスブレイン

この要因として、天候不順の中での輸送がない事が馬にとって良かったという事でしょう。

逆に輸送がある馬たちがうまくかみ合わなかったとも言えそうですが。

来週になるとまた傾向がガラッと変わる可能性がありますが、日曜に限ればこれが続く可能性も。

いずれの馬も人気のなさそうな馬なので押さえておいても損はないでしょう。

傾向から見れば、強気の軸でもいいかもしれません。

 







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。