【函館2歳ステークス2019予想】追い切り・調教分析~抜群の動きを披露した本命馬~

Pocket

今回は函館2歳ステークス2019予想:追い切り・調教分析~抜群の動きを披露した本命馬~を中心とした記事を書いていきます。

2歳世代最初の重賞で、ほとんどがキャリア1戦1勝馬。

難解なレースになる事間違いなしで、荒れそうな気配もありますが、意外にも1・2人気馬が共倒れになることがめったにないレースです。

今年人気を集めるのはルメール騎手騎乗のタイセイビジョンや新馬戦を好時計勝ちしたレッドヴェイパーになるでしょうか。

毎年仕上がり早の洋芝巧者が好走するレースなのでその辺りもしっかり見極めていきたいですね。

それでは、函館2歳ステークス2019予想:追い切り・調教分析に入っていきましょう。

【函館2歳ステークス2019予想】追い切り・調教分析

 

まずは確定した枠順配置を確認しておきましょう。

函館2歳ステークス 枠順配置

 1- 1ビアンフェ     藤岡佑介
 1- 2ヤマメ       藤岡康太
 2- 3レッドヴェイパー  北村友一
 2- 4リュウノゲキリン  松岡正海
 3- 5タイセイビジョン  ルメール
 3- 6パフェムリ     菱田裕二
 4- 7メイショウナパワン 四位洋文
 4- 8プリンスリターン  原田和真
 5- 9マンバー      国分恭介
 5-10バブルガムダンサー 岩田康誠
 6-11スマートカーリー  武豊
 6-12アザワク      桑村真明
 7-13プリモジョーカー  阿部龍
 7-14イーサンティラノ  古川吉洋
 8-15ブルーパピヨン   丹内祐次
 8-16ゴッドスター    池添謙一

函館芝1200m

2コーナー引き込みのポケット地点からスタートするコースです。

スタート後3コーナーまでゆるやかな上り坂があり、3・4コーナー~ゴールまでが下り坂になっています。

その為、ペースは極端に速くはなることは少なく、最後の直線はが短いことも相まって、基本的に逃げ・先行が有利なコースです。

洋芝という事で、東京の軽い芝とは全く別物。

洋芝巧者という言葉もあるくらい適性も重要なコースとなっています。

 

追い切り・調教から見る好走傾向

過去5年の好走馬の追い切り・調教から見る好走傾向まとめです。

〝函館W仕上げ馬〟は最も好走馬を輩出しています。

中でも4F53秒台~1F12秒台の時計を叩いている馬には注目。

〝函館芝仕上げ〟から臨む馬は最終追い切りでの好時計が必須。

4F50秒切り~1F12秒台の好時計が好走条件というイメージです。

〝門別仕上げ〟からの臨戦は過去には好走馬も散見されましたが、近年は通用していないという傾向となっています。

〝連闘〟からは前走函館芝1200mを1.10.0を切るような好時計を叩いた馬に注目という傾向になっています。

詳しい好走傾向分析は下記の記事をご覧ください☟☟

⇒ 函館2歳ステークス 追い切り・調教から見る好走傾向

 

追い切り・調教分析

それでは、有力各馬の最終追い切り・調教を考察していきます。

【ビアンフェ】

《1週前追い切り》
藤岡佑 函館W 良 65.9 50.8 37.3 12.5【3】末一杯

《最終追い切り》
藤岡佑 函館W 良 58.2 42.9 14.1【7】馬なりけ

追い切り考察

前走後はそのまま函館滞在でレースに臨みます。

初戦はは入厩後栗東で追い切りを敢行されて、1週前に函館入りし、函館で2本の追い切りを消化。

新馬戦を2着後、函館滞在中1週で函館W1本の追い切りを消化し、未勝利戦を突破しました。

今回は中2週で中間2本の追い切りを消化。

1週前追い切りで時計を出して、最終追い切りは緩めるという追い切りパターンとなっています。

最終追い切りは敢えての軽め調整でしょうが、それにしても軽すぎる面は否めないです。

前走は中1週で軽めの追い切り1本でしたがそれでも4F56.1秒~1F12.3秒という時計を記録。

それと比べると相当に緩められていることが分かりますね。

1週前に速い時計を出したとはいえ、不安は残る追い切り過程です。

追い切りからここは評価を下げたいです。

 

【レッドヴェイパー】

《1週前追い切り》
ナシ

《最終追い切り》
北村友 函館W 良 69.0 53.2 38.9 12.1【5】馬なり
ウォータースペース(古馬2勝)0.7秒追走0.1秒先着

追い切り考察

前走後はそのまま函館滞在でレースに臨みます。

そんな中、中3週で1週前追い切りは行われず、中間の追い切りは2本のみ。

これは少ない印象を受けますね。

中3週という間隔を空けるのであれば、もう1本は追い切りを行っても良かったのではないかと。

それでも最終追い切りでは古馬相手に圧倒する動きを見せているところは前走からのデキ落ちというのは感じません。

仕上がりは良好、初戦の好時計勝ちという内容も◯、というところでは信頼度は高そう。

ケチを付けるのであれば、中間の追い切りの本数が少なかったこと、というところですね。

 

【リュウノゲキリン】

《1週前追い切り》
ナシ

《最終追い切り》
松岡 函館芝 良 66.1 50.9 37.9 11.8【5】馬なり

追い切り考察

前走後はそのまま函館滞在でレースに臨みます。

前走は直接函館入りし、函館でしっかり乗り込まれてレースに臨んでいました。

今走は中1週という事もあり、中間は最終追い切りの1本のみ。

前走は函館Wが中心である中、今回は函館芝で追い切りを敢行されました。

これは前走ダートであるため、芝の感触をつかむためのものかなと想定されます。

芝での動きはまずまずというところ。

それなりに時計も出してきてラスト1F11.8秒を記録。

これは特筆すべきことではなく、芝追いならまぁ普通かなというイメージ。

そういう点を加味すると追い切りからは特に普通という印象です。

 

【タイセイビジョン】

《1週前追い切り》
ナシ

《最終追い切り》
国分恭 函館W 良 69.5 53.5 38.9 12.6【9】一杯
イペルラーニオ(古馬3勝)1.6秒追走0.2秒先着

追い切り考察

前走函館競馬ではないというこのレースからは珍しい臨戦パターン。

前走後は1度短期放牧に出されて、栗東に入厩。

6/26から乗り出しを開始し、栗東では3本の追い切りを消化しています。

その後先週は函館移動して、函館入り後は函館Wで2本の追い切りを消化しています。

最終追い切りでは時計も出してきており、併せ馬でも古馬相手に大きく追走から先着という内容。

追い切りの内容からは走れる態勢は整っている印象です。

あとはこの2歳という時期の長距離輸送の影響でしょう。

他の馬は滞在競馬という事を考えれば、追い切りでしっかり動けているとはいえその点はマイナスかな、という印象です。

 

【スマートカーリー】

《1週前追い切り》
助手 函館W 良 67.6 52.6 38.2 12.7【6】馬なり

《最終追い切り》
武豊 函館芝 函館芝 良 65.1 50.2 37.3 12.0【5】馬なり
ラフェリシテ(古馬1勝)0.4秒追走同入

追い切り考察

前走後はそのまま函館滞在でレースに臨みます。

その前走は入厩後栗東で追い切りを敢行されて、レース当週に輸送されて函館での追い切りは1本のみ。

押せ押せでレースに臨んでいました。

最終追い切りは、輸送後にも関わらずビッシリ負荷を掛けられて函館芝で好時計を記録していました。

このことから輸送疲れというのもなかったことが読み取れます。

そして今走は滞在で計4本の追い切りを消化。

1週前追い切りは函館Wを使用し、最終追い切りでは函館芝を使用。

最終追い切りの水準はジョッキー騎乗でまずまずというところでしょうか。

前走に比べると負荷の面では軽くまとめられており、時計面も前走に比べると2秒近く軽い内容となっています。

1度レースを使ったことでそれほど負荷を掛ける必要はないというところでしょうが、前走よりは勝負気配としては劣るのかなという印象です。

追い切り水準としては前走>今走という評価です。

 

【パフェムリ】

《1週前追い切り》
菱田 函館W 良 71.7 55.0 40.6 13.0【7】馬なり
セイリスペクト(古馬2勝)0.4秒追走同入

《最終追い切り》
菱田 函館W 良 66.8 51.9 38.7 12.7【4】馬なり
リヴァイバル(古馬2勝)0.4秒追走0.6秒先着

追い切り考察

前走後はそのまま函館滞在でレースに臨みます。

その前走は入厩後栗東で追い切りを敢行されて、1週前に函館入りし、函館Wで3本の追い切りを消化していました。

そして今走はそのまま滞在で函館Wで3本の追い切りを消化。

その3本の追い切り共に併せ馬という部分で

追い切りからは順調に調整で来ている印象です。

1週前・最終追い切り共に古馬相手に追走から同入・先着という内容。

この内容からは特にケチを付ける部分はないですね。

特に最終追い切りは函館Wで追い切りを行った出走馬中No.1の好時計。

前走と比べても4秒近く時計を詰めてきており、レースを1つ使った上積みというのも感じる内容となっています。

 

函館2歳ステークス2019 狙いたい本命馬

それでは最後に狙いたい穴本命馬をランキングに載せておきます。

この馬⇒ 人気ブログランキングへ

《1週前追い切り》
助手 函館W 良 67.1 52.6 39.1 13.2【7】馬なり
レットハーゴー(3歳未勝利)0.6秒追走0.4秒先着

《最終追い切り》
池添 函館W 良 69.8 53.6 38.4 12.3【7】直強め
スリーヴリーグ(3歳未勝利)0.2秒追走0.6秒先着

追い切り考察

前走後すぐに函館に移動。

函館入り後は函館Wで3本の追い切りを消化しています。

1週前・最終追い切り共に併せ馬を行い、年長馬を手応えで圧倒した点は評価できるポイントです。

最終追い切りで記録した函館Wラスト1F12.3秒は、2歳馬としてはレッドヴェイパーに次ぐ好時計。

古馬を含めても9番目の好時計。

外目を通ってこの時計を記録しただけに価値は高いです。

終いの伸びという点ではここでも人気になるレッドヴェイパーに引けを取らず、追い切りからは十分に狙える一頭です。

 

新サイト入稿しました!!

今回ご紹介するのは「オアシス」と「J.H.A」というサイト。

この2サイトはご存知の方も多いかもしれません。

他のブログでも数多く紹介されているサイトです。

「登録者数が多い=オッズが低下する」という理由から、登録者数が増えすぎて募集人数を制限していたサイト。

そんな中、ようやく再募集がかかり、
この度、当ブログでも紹介することが出来るようになりました。

いずれのサイトも今回は人数限定募集になるので、是非、今のうちに無料登録をオススメします!

いずれのサイトもメールアドレスの登録のみで、無料登録完了です。

※オアシスは早くも人数終了してしまいました。J.H.Aもまもなく募集終了となります。

――――――――――――――――――――

【J.H.A】
オススメ度★★★★★
限定人数 30人

このサイトの特徴は「少点数」で的中を狙うというハイレベルな予想にあります。

的中実績を見ても3連単10点以内というのが数多く見られます。
まさに「ローリスクハイリターン」。

毎週無料予想が提供されるので参考にしてみては!?
【URL】http://www.j-h-a.net/

――――――――――――――――――――

【オアシス】
オススメ度★★★★★
限定人数 50人

このサイトの特徴は極めてシンプル。とにかく当たる!!
そもそも競馬サイトにそれ以外の特徴って必要ですか?

OASISでは独自ルートから当たる予想を提供を提供しています。
いつも高配当の3連単や3連複を少点数で的中!

まずは、無料情報でこのサイトの実力を確認してみてください!
【URL】http://www.successoasis.net/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。